栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロリフェラ(D.prolifera)がランナーを伸ばして増えました。

DSCF5221.jpg

その分、元株が少々バテぎみです。
2017/11/03 12:38 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
今日から10月です。

イシモチソウの葉挿しは完全に枯れてしまいました。(左端のは何かの種から発芽したもので、イシモチソウではありません。)
DSCF5154.jpg

アフリカナガバモウセンゴケはうまく生長しました。写真上側のナロータイプはアントシアニンフリーなのか、陽に良く当たっても全く赤色を発色することはありません。下側2株の幅広タイプは赤色が出る普通のタイプです。もう少ししたら簡単な防寒対策(プラポットに入れて直接寒風に晒さない)をしようかと考えています。室内取り込みまではしません。
DSCF5149.jpg

マンニはぼちぼちといった感じですね。
DSCF5151.jpg

ドロセラ・ネオカレドニア交配品種も特筆すること無し。
DSCF5150.jpg

プルケラはこれから年末にムカゴがたくさん採れることを期待しています。
DSCF5153.jpg
DSCF5152.jpg
2017/10/01 10:10 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
モウセンゴケの一種。これだけはなぜかいじけずに元気。

DSCF5083.jpg

アントシアニンフリーのように見えますが、あまり日に当たっていないだけか?
2017/09/19 06:22 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
少しずつ枯れかけています。

DSCF5063-2.jpg

イシモチソウ2株の左に小さなモウセンゴケが・・・何なのか? どれかの種が紛れ込んだのかな?
DSCF5063.jpg
2017/09/09 11:04 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
イシモチソウの葉挿しの生長もぼちぼち終わりかなと思う今日この頃です。

DSCF5049.jpg

せっかくここまで育ったのですから、これからどのようにしていくか、調べてみないといけません。


今春先に全て植え替えたのでどうなることかと心配でしたが、トウカイコモウセンゴケ本来の赤い色へと順調に色づいています。

DSCF5057.jpg

植え替えて思わぬ効果がでました。以前より一回り大きく生長しました。

それから、どこからかミミカキグサが侵入してきて花を咲かせ始めたので処分しておきました。
2017/09/02 08:36 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
少しは立ち姿になってきているようです。

DSCF4999.jpg

DSCF4999a.jpg

DSCF4999b.jpg

秋まではこのまま育てるつもりですが、冬季はどうしたモノでしょうか?

このまま腰水栽培で良いのか? 乾燥気味にした方が良いのか?
2017/08/20 18:02 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
トウカイコモウセンゴケの寄せ植え。いつもなら年中赤色なのですが、今年は緑一色でした。 

DSCF4982.jpg

ようやく繊毛部分に赤色が出て来ました。
2017/08/13 09:47 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
アフリカナガバモウセンゴケの葉挿し経過について。
幅広タイプ(写真下側2株)は順調。ナロータイプは1つ枯れてしまいました。
DSCF4976.jpg

イシモチソウ。
順調ですが、立ち上がるまでにはなっていません。(左はモウセンゴケの雑種)
DSCF4975.jpg
2017/08/12 08:24 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
百人一首