栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FUJIFILM X30を購入してから2週間が経過しました。

スナップ用にとか書いたけれど、実際には生き物観察用記録写真程度しか撮っていません。

コンデジカテゴリーながら、小さなミラーレスよりでかいボディサイズで、ポケットに忍ばせて持ち歩けないけれど、鞄のポケットなら問題なく携帯できます。オリのXZ-2もそれなりにデカイので、違和感なく使っています。昭和の人間にはこういったちょっとクラシカルなデザインでファインダーをのぞきながら撮影するのが性に合っているようにも思えます。もちろん今のデジイチの人たちもファインダーを覗いて撮影するのでしょうが・・・。

少し前なら高級コンパクトだったのでしょうが、最近は大型イメージセンサー搭載機種が増えて、FUJIFILM X30などは中型センサークラスです。価格的にもミドルクラスかな。それでも私にとっては、所有しているだけで何となく良い感じのするコンデジです。
(↓ X30 ワイド端 F2.0)
DSCF0165.jpg

(↓ X30 マクロテレ端 F2.0)
DSCF0166.jpg

このメーカーはフィルム会社ということもあって、フィルムシミュレーションなる機能が備わっています。とは言っても、他社でもナチュラルとかビビッドという名称でカラーモードと言うのがあります。ほぼ同じ機能ですが、フィルム名称で呼んでいるのでフィルムシミュレーション。クラッシッククロームが好評のようですが、私はスタンダードが好きです。微妙な発色の違いですが、写真を作品に仕上げるなら、それも必要かもしれません。

スナップ写真も撮る余裕がありませんね。最近、青空なんて見てない気がします。私の心と同じでどんより曇っているか、暗い夜空しか見ていない気がします。それでも今日は少しだけ青空が・・・
DSCF0162.jpg

カメラの操作について、撮影モードがマニュアルで、マニュアルフォーカスに設定したとき、シャッタースピードとF値の変更の仕方が、取扱説明書にははっきり書いてないのですが、カメラ前面のコントロールリング設定ボタンを押すと、コマンドダイヤルへの機能割り振り(コントロールリング設定ボタンを押すたびにシャッタースピードとF値に切り替わる)ができます。

撮影モードがマニュアルで、オートフォーカスに設定したときは、コントロールリングとコマンドダイヤルでそれぞれの値を変更するのですが、撮影モードがマニュアルで、マニュアルフォーカスだとシャッタースピードもF値もコマンドダイヤルで変更することになります。

マニュアルモードのところで、それをにおわすような記述(シャッタースピードとF値設定変更)がありますが、初めての人にはわかりづらいかも。私のように、シングルAFでAモードかPモードメインの人にはあまり関係ないですね。それ以前に、FUJIFILM X30ユーザーでなければ、何の意味もない記事です。
01245877979.jpg



2015/01/10 14:53 未分類 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首