栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FUJIFILM Xシリーズのプレミアムコンパクト機X30を購入しました。

13093926.jpg

少しクラシカルな雰囲気を醸し出していますが、画質とか発色とか機能的には(もちろん、このクラスとしてはですが)なかなか良い感じです。

FUJIFILMのX30とOLYMPUSのXZ-2両機種ともチルト液晶付きでほぼ同じ。フラッシュのポップアップが手動式も同じ。露出補正も+-3段までというのも同じ。機能や構造で似た部分が結構ありますが、大きく違うのは電子ビューファインダーがあるかないかでしょうね。あとはズームがX30は手動でXZ-2はズームレバーと言うことかな。
PC290001.jpg


下の写真を見ていただくとわかりますが、大きさ的にはオリンパスのXZ-2と並べてみると、X30のほうが少し大きいです。とは言うものの、軍艦部分の違いでほぼ同じです。コンデジとは言いながら、コンパクトではないところは好みの分かれるところかもしれません。

PC270004.jpg

ちなみに、XZ-2にも、X-30にもスーパーマクロ機能があって、レンズ端1センチまで寄れます。しかしながら、XZ-2のほうが使いやすいですね。それから、ワラジムシなど小さな生き物を撮影するのであれば、TG-3の顕微鏡モードでングライト(LEDライトガイド LG-1)を使っての撮影のほうが断然うまく撮れます。

それじゃ、それぞれのコンデジの使い分けはというと、TG-3はもちろん顕微鏡モードによる接写で、X30は普段使いというかスナップ用、じゃXZ-2は・・・家での撮影専用機。

今年の2月2日の記事で書きましたが、ニコンのD7100を購入したものの、やはり今の私にはデジイチは無用の長物に近い存在のようです。ほとんど撮影せずに飾ってあります。

デジイチやミラーレスなどのレンズ交換式カメラは複数のレンズを駆使して「作品」にするのがいいんでしょうが、私には美的センスもないし、重い機材を担いで撮影する気もないし、経済力もないので、「それなりに」写れば良いコンデジのほうが向いているようです。

スマホでも高画素の写真が撮影できる時代となって、一般的なコンデジは低価格が進んでいるなか、プレミアムコンパクトとか高級コンパクト、ハイエンドコンデジと呼ばれる高画質、多機能な機種もそれなりにがんばっていますが、そういった機種はエントリークラスのミラーレスとかデジイチと価格的に大差ない、もしくは逆に高価になる場合もあったりします。

写ればそれで良いと思いつつも、少しだけこましな写真が撮れるとか、マクロに強いとか、自分なりに多少は思う部分もあったりします。そういった意味で虫屋のデファクトスタンダードとか言われるオリンパスのTG-3(今年7月28日購入)は小さなムシを撮影するには非常に重宝しています。 (ただし、等倍では見られたものではないです。)

現在、現役のコンデジはオリンパスのTG-3とXZ-2のみ。ソニーとキャノンは売っ払ってしまいました。キャノンのパワーショット110はよくできたコンデジではありましたが、おもしろくないというか、何か違うなと感じるカメラでした。ソニーのW300は長らく愛用していましたが、フルに使い続けて(それともソニータイマーのせいで?)寿命がやってきました。それ以降、ソニーから離れてしまいました。
2014/12/28 00:05 未分類 TB(-) CM(2)
コメント
No title
なんか毎年カメラ買ってません?
カメラ女子ならぬ、ひそかにカメラ男子だったりしてw

小さなものを取るには、やはり接写機能がよくないとだめですね~。
私の持ってるのはアウトドア向けの(落としても水没してもOKのNIKON COOLPIX)なんだけど、店で比べた時、接写もかなりよかったのにいざほんとに写してみると全然ダメダメ~(T_T)
最近はおもちゃみたいなイチデジも安くなってきたし、軽いし、ちょっと考えてます。
なんせ取るものは生き物くらいなんで(笑)
2014/12/28 11:44 とんがりねずみ URL [ 編集 ]
とんがりねずみさん
カメラ小僧(じじぃ)ではありませんよ。

毎年というよりももっと短期間で買ってたりしますね。TG-3は今年の7月末でしたしね。これを買ったので、しばらくは新しいカメラが欲しくなることはないでしょう。

レンズ前1センチの接写ができるカメラは各メーカーから発売されており、結構な種類があります。しかし、実際に撮影してみるとわかるのですが、晴天時の屋外以外では、1センチまで近づくとカメラの影で暗くなってしまいます。

その点、TG-3とLEDライトガイド LG-1の組み合わせだと、カメラの影を気にせずに明るく撮影できます。発売から少し経っているとはいえ、セットで4万2千円以上するので、チョーお薦めとはいかないのが欠点ですね。

私が言うのも何ですが、自分の撮影目的とか、撮影スタイルを、よくよく考えてから買うことをお薦めします。


2014/12/28 13:17 しろたん. URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首