栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

久々に再会してみました。

13093785.jpg

飼育というか、キープ自体は大して難しくもないのですが、繁殖となると今のところ全くわかりません。交尾行動も観られません。昼間でも活動していることもありますが、基本的に夜行性のようで、明るくなると一斉に逃げ惑い、土に潜るので観察しにくい昆虫だといえると思います。ゴミムシダマシと言うことで、ミルワームのような幼虫なのかと思うのですが、全く情報がないのでわかりません。

エサは雑食性ということで何でも食べるのでしょうが、キャット、テトラフィン、乾燥川エビで嗜好性をチェックしてみたところ、キャットが一番嗜好性が高く思われました。意外に乾燥川エビは人気がないようでした。生体の大きさはスイカの種ほどなので、食べる量もごくわずかのようで、20匹ほど居てもキャット1粒を細かく砕いて与えれば十分のようです。

13093788.jpg


どんなところに生息しているかは、採集すればわかることですが、かなり乾燥気味ですが、わずかに湿っている部分があって石など隠れる場所があるところです。飼育環境ですが、採集地のような状態をキープするのは意外に難しいです。
2014/10/02 23:18  TB(-) CM(2)
コメント
No title
幼虫はたぶんミルワームのちょい小さめくらいです。過去に庭でミルワームのちょい小さめみたいなのを見かけて、数日後にそこと同じ場所にスナゴミのさなぎがありました
2014/12/10 20:32 名前をお忘れです URL [ 編集 ]
No title
どちら様かはわかりませんが、貴重な情報をいただき、ありがとうございます。
飼育下での繁殖経験がないので、いつ頃見かけられたのかお聞かせいただけますと幸いてす。
2014/12/11 08:23 しろたん. URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首