栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


オリンパスのタフネスカメラTG-3ですが、このカメラの売りは顕微鏡モードなので、LEDライトガイド LG-1は絶対必需品です。当然カメラと一緒に購入したのですが、前回の記事に書かなかったので・・・。
P7290012.jpg

これの売り文句が以下のとおり。
**********************************************************************
LEDライトガイド LG-1

通常のマクロ撮影では、カメラや操作する手が被写体に陰を落としてしまいます。LEDライトガイド LG-1はカメラ本体のLEDライト光を用いて、被写体に均一に照射し、陰などを消し込んだ撮影が可能です。LG-1先端部が、カメラ(TG-3)の最至近撮影距離1cmの位置から使用できるため、平らな被写体にカメラを被せて撮影できます。また、LG-1に用いられている照明技術は、内視鏡などの製品にも使用されているオリンパスならではのノウハウでできています。
**********************************************************************

確かによく出来ています。1灯のLEDを最大限利用して、おおむね均一のライティングが出来ます。さすがに1灯なのでLEDの反対側の明るさは若干落ちます。それでも実用上は支障にならないと思います。本当に均一なライティングが必要なら、リングライトなりを使うことになりますが、カメラをほぼ被写体にぴったりつけて撮影できるTG-3+LG-1はそれなりにスゴイです。
13093660.jpg
全面だけでなく、レンズ前の対象物の方向にも光が行くようにかまぼこ形になっています。
13093658.jpg

イメージセンサーサイズが1/2.3で1600画素ということで、画質は期待しない方が良いです。等倍(100%)表示は厳しいものがあります。それでもパソコンの画面で見たり、ブログでアップするのには十分だと思います。もともとマクロに強くと言うことで、小さなセンサーで被写界深度を稼ぎ、画素数でカバーしているような感じですかね。

TG-3+LG-1のスタイルは常用だと思ったのですが、如何せん、通常のフラッシュ撮影がしたいときにLG-1が邪魔をしてしまいます。普段はTG-3+LG-1にしておいてフラッシュ撮影の時だけLG-1を外すのもレンズリングのない状態では見た目が間抜けです。結局、とっかえひっかえしています。まあ、屋外では滅多にLG-1を装着しての撮影はしないと思います。
13093657.jpg

普段使いするにデジイチははたいそうなので、コンデジを使うわけですが、一番コンパクトだったキャノンのS110はつまらんので売り飛ばしてTG-3に変身しました。現在コンデジは3台(iPhoneを含めると5台)で、その中でコンパクト&使い勝手がいいのがTG-3です。そういうわけで、普段使い(日々の生き物観察記録写真用)に使っています。
2014/07/30 23:09 未分類 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首