栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昨日(2014/7/24)にミドリババヤスデの生息調査をしました。とは言うものの、急遽行くことになったので、移植ごて等の道具も持たないままで、実際にはほんの少し杉のリターをめくってみただけです。それに先週とある作業で手のひらの皮が剥けてしまい、力仕事には向いていない状況でした。

前回の記事で、いつも生息調査をしている場所で道路工事が始まったと書きました。今のところは、もう少し奥の方で工事をしているようで、調査地点に影響はありませんでした。いつこの場所も工事に取りかかるか判りません。次はもうないかもしれません。

道具なし、体調というか手の具合も良くない状況では、全くはかどらず、1平方メートル程度杉のリターをめくったに過ぎません。その結果ですが、成体のオス1匹、成体のメス1匹、幼体(雌雄確認せず)1匹という結果でした。手の皮が剥けておらず、移植ごてや熊手などの道具があれば、かなりの個体を確認出来たのではないかと思います。つくづく残念。

カメルーンストライプフラットミリピードやタンザニアラスティストライプミリピードの飼育を1年ほど続けてきた事もあり、ミドリババヤスデの飼育も自信が持てるようになりました。本当であれば4ペアほど採集して繁殖を狙うところなのですが、断念しました。




2014/07/25 20:06  TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首