栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ペンと言えば外国のものかと思いますが、ガラスペンは日本発祥のもののようで・・・。でも、実際に購入したのはエルバンのねじりタイプです。カラーはパープルです。

13093307.jpg

意外に仕上げは雑な感じでした。まあ、値段も値段でしたしね。やはりこういった「工芸品」は圧倒的に日本のものに軍配が上がります。

実用的には万年筆に軍配が上がりますが、風情というか趣を楽しむアイテムとしてはなかなか良いのではないでしょうか。書き心地はまだ硬いですが、ある程度使い込めばそれなりになめらかになることでしょう。
2014/06/20 22:15 未分類 TB(-) CM(2)
コメント
No title
うおー!何と懐かしいw
小学校の頃、図画工作で使った覚えが・・・でも一体、何に使ったのか・・・。
こんな高級感のあるものじゃなかったけど(確か柄は竹製で・・)確かに持ってました。

ペン先を付け替えるタイプの万年筆(?)も、漫画描くのに使ってました。
でもあれって、持ち方悪いと引っかかって上手く書けないんですよね~。(私がその人w)
祖父がブルーブラックを愛用していたので、私ももちろんブルーブラック派。
2014/06/22 11:12 とんがりねずみ URL [ 編集 ]
とんがりねずみさん
何年か前に某テレビで紹介されて、ブームになっことがあります。そのとき紹介されたものは日本製の芸術品でした。お値段の方も高級品で・・・。これは税抜き3000円。

つけペンは使うのに少々慣れが必要ですね。私も子供の頃、つけペンで遊んでいたことを思い出します。

インクの色ですが、仕事ではブラックを使いますが、それ以外ではやはりブルーブラックですね。あの青い色がきれいで、時間が経つと黒っぽくなるのもいいです。
2014/06/22 11:32 ヒデッコ URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首