栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

我が家のヨツマタモウセンゴケ。ようやく3枝ほどが展開しました。ヨツマタモウセンゴケとかアフリカナガバモウセンゴケはこれからのシーズン、ホームセンターでも売られるごくありきたりの食虫植物ではありますが、きちんと育てればそれなりに鑑賞価値というか見応えもあるものになると思うのですが、食虫植物マニアの人からすると雑草程度の扱いなんでしょうね。まあ、そんなことは私には関係ありません。安物でも、近場で採集したごくありふれたモウセンゴケ類でも自分にとってはかわいい植物たちです。

DSCF4356.jpg

昨日の「イシモチソウ自生地を再訪」でも書きましたが、日照時間が限られている環境では、生育もあまり芳しくないのかもしれません。

同様のことがサラセニアでも言えるのです。新しい葉は出て来ていますが、花は全く咲きません。明るい場所でも直射日光が長時間ガンガン当たらないと最低限の生長しか見込めずダメなんでしょうね。

DSCF4357.jpg

日照時間、特に直射日光が当たる時間が限られているので、初心者向きとか、居住地近辺で自生していて環境的に大きな変化のないものしか栽培しない、できない、無理しない。です。
2017/05/14 06:47 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首