飼育観察・栽培などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

5月3日の記事で2つの蕾に色が出ていると書いた、トリコディアデマ 紫晃星ですが、今日咲きました。

DSCF4297.jpg

今朝7時頃はまだ開花していなかったのですが、午前11時頃に様子を見ると、ごらんのように2輪咲いていました。

これから一気に開花するのでしょう。

話は変わって、植木鉢を浅型から深鉢に変えました。
DSCF4072.jpg

DSCF4294.jpg

植え替えた理由は、やはり根のためです。この植物は長い直根を地中深くまで伸ばすタイプなので深鉢の方が本来的な生育が出来るだろうとと考えてのことです。出来れば陶製のものが良いのですが、近くのホームセンターではプラ鉢が主流で、陶製の鉢はなかなか扱っていません。ダオン鉢だと結構ありますが、それでは雰囲気がね。
2017/05/05 11:57 多肉植物 TB(-) CM(2)
コメント
うちのやつ、日当たりガンガンのベランダに置いてあるせいか、10輪くらい咲いてます。
はじめ、全然蕾がわからなくて・・・まさかガクの部分にも棘があるとはww 一部が棘ごと盛り上がってきて、「なんか無様になって来たなぁ」と嘆いていたら、あららお花(笑)

ところで・・・ワラジーですが、オランジーナはもう出産ラッシュで爆殖です。冷汗出るほど(既に2ケース)
一方スノウホワイトは全然子を産みませんで・・・減ってきたので、アドバイスにあったようにノーマルのオス(だと思ったやつ)を3匹ほど入れましたら・・・何か知らんけど、ノーマルがゾロゾロ産まれてきまして・・・薄茶色のもいますけど、白いのが全然いません~!
もう雑居房みたいになっちゃって・・・すみません(泣)
白だけ分けたものか悩んでます。

ヒキガエルの福(♂)、どうやら四肢の神経障害ですね。
一生強制給餌かも。まぁ順調に大きくなってるんですけど、動きがのろすぎて生餌を採れず、そのうちイヤンなっちゃって諦めちゃう。子供の頃からあまり動かなかったのはそのせいでしょう。
でもよく脱皮するし、コッコッと鳴いていたりもするので、まぁいいかと。ベルツノの牡丹の例もあるので、おかしなカエルには大して動揺していません(笑)
2017/05/07 12:01 とんがりねずみ URL [ 編集 ]
とんがりねずみさん
2輪咲いたと喜んでいるのは、何にも育て方を知らない人だなーみたいなものですね。お恥ずかしい!

残念ながら我が家では1日中ガンガン日当たりが良い場所というのがなく、わずかな時間しかない直射日光を如何に必要な植物たちに当てるか、季節ごとにあれこれ鉢を動かして何とかするしかありません。

クマワラジムシは繁殖力旺盛なので、どんどんエサにしましょう。それでもあまりあるならヤフオクに出品するとか、近くの爬虫類ショップに無料提供するとかしてはいかがでしょうか?

ホソワラジムシ”スノウホワイト”はLauraさん(正確には・冷蔵庫の主・さん)のおっしゃっていたようにノーマル(オス)を導入することでしょうね。我が家も一時期の爆殖は影を潜めて細々と維持しています。完全に固定するのはかなり累代飼育しなければ難しいのかもしれません。いまのところ時々ノーマルを補充するしか手がありません。白いのはたぶんメスなのでノーマルのオスを捕まえて繁殖させましょう。オスメスの見分け方はネット検索すればすぐに見つかります。

それに引き替え、クマワラオレンジーナは1匹のオレンジ個体から累代飼育3代目で固定できましたので簡単でした。

カエルに限らず何らかの問題を抱えて生きている生き物は結構いるようで、ある日ポックリと逝ってしまうことがありますね。私の場合、直ぐに諦めてしまうのですが、とんがりねずみさんなら最期まで見届けていただけるので、福さんも幸せでしょう。長生きできることを祈念いたします。
2017/05/07 20:41 しろたん. URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首