栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昨日、石膏飼育ケースから蟻マシーン2号ミニに移動させるべくチューブをつないだのですが、働きアリは順調に移動してくれるのですが、女王アリはチューブの前でなにやらまごついていて、石膏飼育ケースから蟻マシーン2号ミニへ移動してくれません。

かなり巨大なので、ひょっとすると8ミリチューブ(内径6ミリ)を通過することが出来ないのではないかと心配になってきました。それでも一晩すればひょっとして蟻マシーン2号ミニに移動しているのではないかと期待していたのですが、期待に反してまだ石膏飼育ケースにいました。

落ち着かせるために布をかぶせて少し暗くしていたのですが、それが逆効果だったようで、石膏飼育ケースの方だけ明るくすると、あっという間に蟻マシーン2号ミニに移動してました。これでほっとしました。

IMG_0801.jpg


あとは、石膏飼育ケースを付属のエサ場に付け替えるだけです。

IMG_0800.jpg

ただ、ここで問題が発生しました。石膏飼育ケースには20匹ほどの働きアリが残っていました。そのアリたちをエサ場に移動させる必要があるのですが、動きが速くて、人間にも結構かみついてきます。エサ場の縁にシッカロールを塗ってから移動させれば良かったのですが、後の祭りでした。10匹ほど蓋の開け閉めでつぶしてしまいました。

[広告 ] VPS

2時間後くらいには、すっかり落ち着いて、エサやりでエサ場の蓋を開けても逃げ出すアリはいなくなりました。もう少しじっくり時間を掛ければ良かったと反省しています。
2017/03/23 21:25 アリ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首