栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

某ブログの記事を見て、思わずポチッとしてしまいました。

ショップのページには「仙宝」という名前で販売されていました。

私が最後の1鉢だったようで、注文するとSOLD OUTになりました。

紫晃星という名前の方が一般的のようです。

学名はTrichodiadema densumです。

トリコディアデマにはいくつかの種があるそうです。

今日、届きました。梱包はしっかりしてありました。だって植物本体よりも送料の方が高く付きましたから。
DSCF4052.jpg

取り出すと・・・
DSCF4054.jpg

説明書も同梱
DSCF4057.jpg

何故か季節外れの蕾が・・・
DSCF4060.jpg

この手の植物って、こんなのを挿しておくとどんどん増えるとか・・・?
DSCF4058.jpg

名札の裏側に学名を貼り付けておくと、ちょっと高級感が・・・?
DSCF4066.jpg

まあ、そんなことはさておき、トリコディアデマの仲間は盆栽仕立てが一種のトレンドのようで・・・幹というか根っこの部分を露出させる、通常の盆栽で言うところの「根上がり」みたいなことをやるとそれらしく仕上がるようです。

そんなこんなで、私もまねしてみようかと思い、プラ鉢から引っこ抜きました。この手の植物によくある太い直根タイプです。
DSCF4067.jpg

こういった太い直根の場合、深鉢とか蘭鉢とかラッパ鉢のように背丈のある植木鉢の方がベターです。

それでも無理矢理、盆栽感のある植木鉢に植え替えました。
DSCF4072.jpg

話は変わりますが、購入したショップの説明書の裏側をよく見ると、すぐ近くのフォレオにもある店でした。わざわざ高い送料を払ってまで買い物をしなくても良かったのかと思うとがっくり。
DSCF4053.jpg

でも、自分の知らなかった植物が買えたのは収穫だったかな。
2017/02/23 21:02 多肉植物 TB(-) CM(2)
コメント
げww もう盆栽に向けて準備万端(@_@;)
先を越された・・というか、盆栽仕立てって、強引にそういうスタイルにもっていくものなんですか!?
私は、株が育てばだんだん盛り上がってくるのかと・・・先に買っておいて、なんという無知(恥www)

なんかラベルと鉢が同じに見えますが・・・製造?元が同じなんですかね?
私はhttp://www.rakuten.co.jp/nihonkakiryuutuu/
ここで買いました。お値段は50円高かったような(笑)
しろたん.さんがお求めになったお店は知りませんでした。
いいお店ですね。う・・やばww
2017/02/24 11:21 とんがりねずみ URL [ 編集 ]
とんがりねずみさん
そのまま栽培していても、ある程度(数年くらいか?)すれば、多少は盆栽らしくなると思いますよ。

私は強制的に根元を土で盛って置いて、ある程度根が太くなったところで土を取り除く、オーソドックスな盆栽の「根上がり」という手法でやってみようかと考えているのです。たぶん素直に栽培している方が無難だと思います。

同じ名札だったので同じショップかと思っていたのですが、違うショップだったんですね。

たぶん生産者は同じだと思いますよ。私が掲載したページの右にあるスタッフのコメントに「静岡の生産者」と書いてあります。案外、とんがりねずみさんの近くで生産されているのでしょう。浜松市のカクト・ロコとか藤枝市のカクトハウスとか静岡のカクタス長田とか磐田市の荒井園芸とか・・・・
2017/02/24 17:29 しろたん. URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首