栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日書くことなど何も無いのですが・・・

「飼育観察・栽培などの記録型ブログ」なので、誰かに見てもらうために書いているわけでは無く、日々記録するのが本来の趣旨。たまたま興味のある内容であれば、読み逃げしていただければそれで良し。

飼育環境についてはおおむね書いたつもりでしたが、水深について書いていなかったので、それについて書いておきます。

我が家での水深は、約19センチ(7.5インチ)です。水槽の深さの4/5くらいまで水を張っています。

DSCF3945.jpg

では何故この水深なのかというと、水量が多いほど、水温・水質の安定が図れること、ヒメツメガエルの活動領域が広く採れること、水草などをたくさん入れられることなどがありますが、実際にはブリラントフィルターでエアリフトで水流を作り出して水槽内の水温を一定にするためで、フィルターで水質浄化は二の次です。エサは「ひかりウーパールーパー」なので、ほとんど水を汚しませんから。

DSCF3947-2.jpg

そもそも、ブリラントフィルターは60センチ規格水槽に合うように設計されているので、30センチ水槽では垂直に設置できません(ビリーフィルターなら設置可能か?)。上の写真のように斜めに設置し水面より少しだけ高くして、エアリフトされた水が、ヒーターの真上に落ちるようにしているのです。


ヒメツメガエルはスネールを食べるとか、スネールの卵を食べるとか言われているようですが、その真偽のほどはわかりません。

DSCF3934.jpg
DSCF3930-2.jpg

そんなことよりも、このすっとぼけた顔、何も考えていないような姿を見ているだけで心が少し和みます。
DSCF3931-2.jpg
DSCF3932-2.jpg
2017/02/05 18:40 カエル TB(-) CM(2)
コメント
私はチョウセンスズガエルとウキガエルと一緒にヒメツメを飼っていたんですが(全部ペアだったので、主役は誰だったのかw)、あの水槽は平和でよかったなぁと。
ヒメツメはいつもびっくりしているような動きで。

何かで「止水を好む」と読んだので、エアーも濾過も無しでしたが、丈夫でしたね。ごみ取りのスポイトに抱きついて来たり。

その貝はラムズホーン?
それのピンクのやつ、水槽で爆殖して大変なことになり(貝の糞が膨大な量で・・)店に引き取ってもらいましたっけ。すごいいっぱい卵産みますよ~。
2017/02/07 12:03 とんがりねずみ URL [ 編集 ]
とんがりねずみさん
基本的に自然下では濾過など無くても問題ないような環境に生息しているらしいので、過保護にしすぎるのは良くないのかもしれません。

水草に付いてきたので、何なのかさっぱりわかりません。ポンプで水替えする時にたくさん吸い込まれて捨てていますので、水槽内にはそれほどいません。エサの残りを食べてくれるので放置しています。
2017/02/07 21:06 しろたん. URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首