栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

土ごと移植を行って1週間が経過しました。

しばらくは捕虫葉には全く粘液がつかず、やはり我が家は風や日光や温湿度の関係で、モウセンゴケ達にはあまり良い環境ではないのだと思っていましたが、ようやく各モウセンゴケに粘液が満ちてきました。

モウセンゴケ↓
DSCF2783.jpg

トウカイコモウセンゴケ↓
DSCF2785.jpg


雑種↓
DSCF2784.jpg

梅雨時期はそう問題ないでしょうが、真夏は過酷なので、雑種以外はかなりバテるはずです。それを乗り切れば秋には再び元気になって、秋から冬には小さくなっていくんでしょう。春になれば越冬した芽は再び葉を展開するし、播種した方は新芽が・・・。気の早いことで・・・・。

2016/06/11 15:11 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首