栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

この時期は毎日オオハサミムシの記事になってしまいます。

先発組は、母親虫と子虫を隔離しました。昨日の画像と代わり映えように見えますが、エサ入れがきれいになって、新しいエサが入っています。こまめなエサ変えも重要です。これをサボると歩留まりが悪くなります。

P4160009.jpg

すでに2回脱皮して、自分で餌をとることもできるようになっています。上の写真では10匹の子虫が写っていますが、床材に潜っているものも何匹かいます。

しっかり餌を与えて、この中から累代飼育にふさわしい個体を選抜していくことにします。


一方、後発組ですが、こちらはもうしばらく母親虫と一緒にしておきます。たぶん単独で餌を採ることができるようになっていると思いますが、急いではなさなくてもまだ大丈夫です。
DSCF2585.jpg

それから、母親虫の体に細かいダニ?がついてきたのでブラッシングで落としておきました。完全に取りきることは不可能で、また殖えてくるのですが、生体にそれほど影響はないようです。ただ、見た目が非常に悪くなるので時々取るようにしています。こんなコトしているのは私くらいでしょうか?



さて、子虫から離したメスは、オスの待つ容器に・・・・そんなに殖やすつもりはないですが、他に容器もないので・・・。
2016/04/17 08:35 ハサミムシ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首