栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2016年3月23日(水)の記事で、産卵したよと書きましたが、もう孵化し始めていました。

P4020007.jpg

ほぼ10日で孵化するということで間違いないですね。

現在は、母親ハサミムシのみにしてあるので、他のオオハサミムシたちに食べられてしまうといった心配は全くありません。



さて、絶倫オスと性成熟しているであろうメスを別容器でペアリングをしていました。

P4020004.jpg

こちらは産卵まもないようで、白くてあまり縦長になっていません。冬も終わってようやく累代飼育再開と言ったところでしょうか。


最近、何か新しい生き物を飼いたい気持ちもあるのですが、世話をするのが億劫というか、どうも今ひとつ踏み出せないでいます。もちろん、「これ!」といったどうしても飼いたい生き物がいないというものありますが、生き餌じゃないと食べないとか、食草を常時入手できる状況が必要とか、死餌で冷凍保存が必要とか、とにかくエサの問題がどうにもうっとうしく感じる今日この頃です。

たとえば水物だとブラインシュリンプを湧かさないといけないとかあります。以前は魚もやっていたのでやろうと思えばなんてことは無い簡単なのですが、どうも面倒くさくて仕方ありません。

ハサミムシは、肉食性の強い雑食性昆虫です。しかし、ホームセンターなどで簡単に入手できる魚の餌などが使えるので、今の私でも辛うじて飼育が継続できています。もし、生きたコオロギとかレッドローチを与えなければならないとしたら、ネット通販で簡単に手に入るけれども邪魔くさくて飼育をやめてしまうのではないかと思います。
2016/04/02 10:13 ハサミムシ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首