栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

前回の記事から1ヶ月あまり経過しました。

野外採集してきた親はすでに死んでしまい、現在生き残っているのは子供と孫世代です。

合わせて8匹です。

P2250008.jpg

オオハサミムシに限ったことではありませんが、湿った床材を使用する生き物の場合、床材は適時交換するのが吉であると確信しました。

たかだか2、3センチほどの虫ではありますが、糞や食べかす、その他諸々で思いのほか床材は汚れます。ぱっと観ただけでは、それほど汚れていないように思えても、間違いなく環境は悪くなっています。オオハサミムシの場合であれば、次世代が孵化してある程度の大きさに育った段階で、床材交換するのが望ましてい思います。ただし、これはあくまでも個人的感想です。何ら科学的根拠があるわけではありませんが、糞などが蓄積してくるとダニの発生が著しくなってきます。それに繁殖や子供の成長も悪くなるような気がします。

こまめなメンテナンスで、全滅防止に一役買うのではないかと・・・。あくまでも個人的意見で・・・。

そう言えば、アシブトメミズムシも・・・。
2016/02/25 22:16 ハサミムシ TB(-) CM(3)
コメント
うんうん、湿った床材飼育には、こまめな床材交換を!
…スノウホワイトを全滅させてしまいましたorz
前回、大量に送っていただいたのに、申し訳ありません。
増産可能でしたら、着払いで送りつけていただけないでしょうか?
2016/02/27 10:03 Laura URL [ 編集 ]
Laura
了解しました。

発送の準備ができましたらお知らせいたします。
2016/02/27 11:28 しろたん.@ Giorgino Hidecco URL [ 編集 ]
ありがとうございます(涙)
2016/02/27 13:33 Laura URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首