栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先日の記事に書いたとおり、左踵が痛くて、外に出るのが億劫な日々を送っています。

今年を振り返っても特段良いことも悪いこともない1年だったので、改めて振り返る必要も無いのですが・・・・。

仕事では、勤務地が近くなって良かったのですが、筋悪な仕事ばかりで、うんざりでした。

生き物飼育に関してはホソワラSWとクマワラORGの2種、ムネアカオオアリとクロナガアリの2種、オオハサミムシ、ヤマトシロアリのみとなりました。やはり生き餌しか食べないとか、食草をいつも用意しなければならない生き物を飼育するのには、それなりのエネルギーとお金と気力・体力が必要で、今の私にはそれらの要素がほぼありません。

ワラジムシは何となくキープです。

アリは春から秋までしっかりエサを与えておけば、寒い時期はほとんどすることもありません。今は退屈な時期です。

シロアリは、肉食性アリのためにキープしてみましたが、アリのように様子を観察できる環境を造ることが困難で、残念ながら飼育するおもしろみは少ないです。
DSCF2325.jpg

私にとって、生き物を飼育しているという実感は、オオハサミムシが一番です。今年10月16日に自然採集した1ペアが産卵して、その卵から孵った子供たちが産卵するのに2ヶ月半(70~80日)という期間で新しい世代が誕生するので、累代飼育を体験するにはほどよいと思います。何年もかけて難しい繁殖をさせるというのはうれしさも一入でしょう。そんな人を尊敬しますが、今の私には難しいです。

植物栽培の方はというと、年末にいくつか苔採集して100均のキャニスターボトルに植え付けたくらいで、目新しいこともなくたんたんとしたルーティーンです。

苔というのは基本的に年中緑ですし、あまり光を要求しないので室内での栽培に向いています。ここ何年かで苔テラリウムも一般的になってきました。通常の植物のように花が咲いたとか変化はほぼない(サクができたなどある)ので退屈に思う人もあれば、癒やされるという人も。
DSCF2245.jpg
DSCF2246.jpg
DSCF2247.jpg

とりあえず、一区切りと言うことで何となく書いたけれど、明日になれば何かが変わるということもなく、日々を過ごしている今日この頃でした。

願わくば、早く左踵の痛みが取れてほしいものです。

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。
DSCF2326.jpg
2015/12/31 11:57 未分類 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首