栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日もオオハサミムシの記事。

昨日、4匹いる写真をアップして、1匹のオスと3匹のメスと書きました。その後、乾燥川エビとミルワームのさなぎをエサ入れに入れておきました。

今日、エサの食べ具合を確認すると、さなぎは全部食べていました。

そのとき、エサ入れのそばにいる2匹のオオハサミムシをふと見ると、なんと2匹ともオスでした。

PC270002.jpg

3匹の内の1匹がオスだったのかなと容器の側面や底面を確認すると、メスらしき個体は3匹確認できました。

ひょっとすると、5匹以外も外から見えない場所で、他にも居住用穴を造っている個体がいるかもしれません。

写真を見てもらえればわかるとおり、2匹目のオス(右上)はやや小さい個体です。大きなオスが優先的にエサを食べることで、このような体格差が生じるのではないかと思われます。

累代繁殖させるのであれば、小さいオスはメスと交尾しないよう別容器に移動させた方がいいのでしょうが、そこまでするのが面倒・・・・。自然に淘汰されるかも・・・。
2015/12/27 12:48 ハサミムシ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首