栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオクでバルバルスクロナガアリの新女王2匹を購入しました。1匹2500円也。

DSCF2012.jpg
DSCF2013.jpg
DSCF2014.jpg

日本のクロナガアリよりは大型で、約15ミリほどと思われし。

アントルームで購入した石膏飼育ケースを4つ(内1つは石膏をはずしてエサ場にしてある)連結して、そこに2匹を導入しました。
DSCF2036.jpg

余談ですが、石膏飼育ケースにバルバルスクロナガアリを導入したのはよかったのですが、うっかり連結用のスペアの穴をふさいでいなかったため、2匹とも脱走してしまいました。5000円が水の泡と消えてしまいました。




数時間後、いなくなったことに気づいて慌てて部屋中を捜索しました。1匹はひょっこり姿を現したところを確保。もう1匹はなかなか見つかりません。それでも根気よく捜索すると、ようやく見つけて身柄を確保。無事に2匹とも石膏飼育ケースに戻ってきました。

これから寒くなるので、特に何かしなければならないことはありません。石膏を時々しめらせるだけです。春先までほぼ放置状態でしょう。

アリ飼育にハマっているわけではないのですが、クロナガアリの仲間は小鳥のエサで飼育できるのでいいかなと思います。私にとって生き餌しか食べないような肉食系生物(もちろんアリも含む)は、エサのことでものすごくストレスを抱え込んでしまいます。エサ生物のキープのことを考え出すとどうもいけません。

2015/11/13 23:46 アリ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首