栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アントルームさんの「透明シロアリ飼育ケース」という記事を参考に、自作してみました。

DSCF1809.jpg

透明版の下にわずかな隙間を作ってシロアリがその下でたむろできるようにしました。

両サイドにはシロアリたちのエサとして、採集地の朽木と昆虫マットを置いています。
DSCF1811.jpg
DSCF1812.jpg


結果はというと、アントルームさんのように透明板の下には集まりませんでした。ケースの端に蟻道を作っていました。
DSCF1798.jpg


蟻道に白いつぶつぶが見えるのでなんだろうと思っていろいろ観察すると、ケース底面に敷いてある石膏をかじっていたのでした。
DSCF1807.jpg

昨日の夜に流し込んで固めた石膏は、20分ほどで固形化してしまうもののまだまだ柔らかく、シロアリでも簡単にかじってしまえるのでした。垂直面に沿って掘り進むので、観察しやすくて良いですが、なんかすっきりしません。所期の想定とは全く違って、朽木と昆虫マットにばかり集まっています。

せっかくチャレンジしてみたものの、結果はさんざんで、シロアリの姿がますます観察できなくなってしまいました。これでは新しい容器をセットした意味がないです。・・・・いや、石膏部分を掘り進んでいるので、その部分に期待するのもいいかも・・・
2015/10/03 23:25  TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首