栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オオハリアリは北海道と一部東北地方を除いて最普通種のありで、朽ち木や落ち葉などの下に借宿しながら生活しています。

現在、ムネアカオオアリとクロナガアリとこのオオハリアリの3種を飼育していますが、以外にもオオハリアリが一番アクティブで、エサやりとかしても一番反応が良いです。

ツユムシ(であろう)の小さなモノを与えると、ピラニアの如く群がって襲いかかります。
P91200044.jpg

ハリアリ類は、アリの中では原始的なグループで、ハチのように毒針を持っています。この毒針で獲物を刺して捕らえる様子なども見られます。

如何せん、日本のアリ類は最大でも2センチに達しないので、飼育設備はコンパクトですみますが、観察するにはやや小さいのが難点です。その点、外国産、特に熱帯地方のアリは大型種が多く、観察しやすそうです。ただ、飼育するには冬期の保温が不可欠だと言うことでしょうか。いずれにしても一長一短があってどちらが良いとは言えません。
2015/09/13 14:33 アリ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首