栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自宅で栽培しているモウセンゴケ類は暑さで調子を落としているものがあります。

それではこの猛暑で自生地のモウセンゴケたちはどうなのか、様子を観察してきました。

結果から言うと、モウセンゴケはほぼすべて姿を消していました。地上部分は見当たらないですが、たぶん地中で息を潜めているのでしょう。あとは種がこぼれ落ちているでしょうから、来年の春を待っているのかもしれません。
DSCF1213.jpg
DSCF1215.jpg

トウカイコモウセンゴケもほとんど姿を消していました。わずかに残っている株もありました。
DSCF1216.jpg

外来種のナガエモウセンゴケ(インターメディア)は強健種だと思いますが、それでもかなり調子を落としている様子でした。
DSCF1219.jpg

DSCF1222.jpg
DSCF1221.jpg
2015/07/29 20:28 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首