栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近、リンクさせていただいているブログでは、休止とか、放置状態(これも休止か?)とか、心機一転とかで、皆さん変わりつつあるように感じる今日この頃です。

かく言う私も、生き物はワラジムシとわずかにヤスデを残しているに過ぎない状態です。そう言えば、アリもいました。


さてと・・・

最近は落ち着いた状態で、このようにウッドチップの上にたくさんホソワラジムシがいる状態です。(撮影のため明るい場所に容器を移動させると隠れてしまうので、イマイチわかりづらいですが・・・)
13093985.jpg

ホワイト個体10匹ほどからスタートしましたが、おかげさまで幼体なども含めると10倍以上に増えました。
13093986.jpg

通常、背中線は黒っぽいのですが・・・
13093996.jpg

人工飼料をよく食べる個体はオレンジに染まっています。
13093998.jpg

少し前ですが、世間では外国産ダンゴムシやワラジムシがブームのようで、ゼブラとかモンテネグロなどが人気のようです。以前なら手を出していたかもしれませんが、最近は興味が薄れたのか、欲しいと思わなくなりました。

サハラフラワーバグなら再チャレンジしても良いと思っているんですがね。


2015/04/11 11:13  TB(-) CM(2)
コメント
凄いです!弟子入りさせてください。

本家は残念ながら、細々の維持となっております;;
しかも、メインケースのスノウホワイトが、なぜかレモン色になってしまってるのです。アメラニスティックなのか?
老眼と乱視と花粉症のダメージで目が利きませんので、夏過ぎに詳しく観察したいと思います。
2015/04/17 22:12 Laura URL [ 編集 ]
Lauraさん
特別なことは、何もしていませんよ。

送っていただいた個体たちが良かったのか、よく増えています。

ただ、これで安心してしまうと、一気に激減したりする可能性もあるので、気を引き締めないと・・・。

体色は飼育環境によってある程度変わるようです。

2015/04/18 06:32 しろたん. URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

百人一首