栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2017年09月
 
2017/08 2017/09 2017/10
ミステリークレイフィッシュことマーブルクレイフィッシュの抱卵が全て無くなった。

食卵か?!

生き物飼育では繁殖するとうれしいものですが、今の私は生き物飼育に気力がわきませんので、この結果は相応の結果か?
2017/09/30 09:30  TB(-) CM(0)
ジェックスのエキゾテラ グラステラリウム ナノ  デスクトップに鎮座しています。

P9280007.jpg

幅21.5×奥行21.5×高さ33cmというサイズ表示ながら、底面はいわゆる20cmキューブサイズと同じです。
高さはケース底面に若干の脚があるので実高さは30cmでしょう。

爬虫類用ケージ(カエルも種類によって飼育可能)として販売されていますが、パルダリウム、テラリウム用
としても十分です。というか、本来はこちらが主で、生き物飼育のビバリウムは副次的な感じもしますが、ジ
ェックスはペット用品として販売していますからこうなるのでしょうが、ネーミングはグラステラリウムなん
ですね。

前のガラスが開くこと、換気孔があり下から上へと空気の流れが可能、底面に5センチほど水をためること
が出来る、上面はメッシュで蒸れないというのが主な特徴のようです。

86908-3.jpg


通常の水槽と違って前面ガラスが扉になっているのは確かにメンテナンスのしやすさが格段に違います。

DSCF5130.jpg


フロントドアの下部には通気口が設けられています。どの程度の通気が可能なのか判りませんがガラスが曇
らない程度には換気が出来るようです。

DSCF5129.jpg


上面はメッシュ蓋になっています。トカゲやヤモリなどを飼育するのには蒸れ防止として非常に効果的ですが、
パルダリウムでは湿度が保てないので不利です。

P9280004.jpg


そこで、20センチキューブのプラ蓋を流用しました。当然のことながらサイズ的にはぴったりです。(中古なの
で傷だらけなのはご愛敬)

P9280003.jpg


ビバリウムしとて使うのであれば、底面に水をためたり、土を入れてそこに植物を植えたりするのでしょうが、
今の私にはエキゾテラ グラステラリウム ナノはジュエルオーキッドを入れるガラスケースでしかありません。
ですから発泡スチロールで出来たバックなど不要です。取っ払いました。ライティングも不要です。保温につい
ては普段人がいる室内なので無くても大丈夫かなと思っています。

DSCF5131.jpg


赤色が乗るタイプのものだけを収容しています。奥のものほど葉の模様が細かくなっています。

DSCF5147.jpg

温湿度計は仮止めしてあるだけですが、25℃、湿度は60%くらいです。もう少し湿度が上げられるとさらに
良いのですが、これくらいでも問題ないでしょう。
DSCF5145.jpg

と思っていましたが、2時間ほどすると80%近くまで上昇していました。
DSCF5146.jpg

ちなみに、残り3鉢(写真上方3鉢)は25センチキューブに収容してあります。こちらは緑系の葉ものです。こ
ちらは窓辺なので、エキゾテラ グラステラリウム ナノよりも明るい場所になります。
P9280012.jpg

2017/09/29 18:34 その他植物 TB(-) CM(0)
今日は仕事で木之本の方へ出かけました。あいにく曇りで風が強く吹いていました。

しかし、天気の良い日には、ここからマキノへと通じる奥琵琶湖は眺めの良い場所もあり絶景です。

ビワイチマークです。
IMG_1098.jpg

グループでビワイチを楽しんでいるようでした。
IMG_1107.jpg

近くには羽柴秀吉と柴田勝家の戦いで有名な賤ヶ岳の古戦場跡があります。
P9280021.jpg

その昔は、一人で琵琶湖一周を普通にしていましたが、最近は気力体力の衰えで実行できていません。
2017/09/28 20:53 未分類 TB(-) CM(2)
ショップだと「立型ラベル」などと読んでいるようですが名札です。

IMG_1097.jpg


1鉢980円のジュエルオーキッドでも、こうやって学名の名札を挿せば、1鉢4、5千円はするように見えてくる。何となく高級植物を栽培しているようで、自己満足としては非常にお手軽、安上がりです。

2017/09/25 18:42 未分類 TB(-) CM(0)
今日は良い天気でした。

すっかり秋の空ですね。

IMG_1094.jpg
2017/09/24 18:30 未分類 TB(-) CM(0)
映画「三度目の殺人」を観ました。

mv3.jpg
DSCF5127.jpg

真実は本人にしか判らないのでしょうが・・・


2017/09/24 17:25 未分類 TB(-) CM(0)
Titan Quest Anniversary Editionノーマルをようやく終えた。

20170923222622_1.jpg

とにかく力で押していくタイプなので知性は全くなし。

今後、エピック、レジェンダリーと進めていくと難易度が上昇して、レアアイテムが出やすくなるらしいですが、私はノーマルクリアで十分満足しました。もうおなかいっぱいです。

今後は、よほど時間があるときしかプレイしないでしょう。
2017/09/24 02:28 未分類 TB(-) CM(0)
DSCF5088.jpg

小さいプラ鉢なので、なんとか6つ並びました。

左から曲玉、トップレッド、露美玉(富貴玉系 富貴玉の異和名)、麗春玉(碧瑠璃系"peersii")、朱弦玉(花紋玉系)、エリセー(繭形玉系エリーザエのこと)

一応名札が付いているのでそうなのでしょうが、どれほど信用できるものかは判りません。
DSCF5095.jpg
DSCF5094.jpg
DSCF5093.jpg
DSCF5092.jpg
DSCF5091.jpg
DSCF5090.jpg
2017/09/23 15:42 リトープス TB(-) CM(0)
マコデス(属名)としか判らない安物また2鉢

模様のくっきりで若干赤みが入るタイプ。アネクトキルス アルボリネアータス風
DSCF5085.jpg

こちらは一番安物。ネットショップなどではマコデス・ペトラと言う名前でうられているやつ。
DSCF5086.jpg
2017/09/21 20:45 その他植物 TB(-) CM(0)
久々の生き物記事です。

ミステリークレイフィッシュことマーブルクレイフィッシュが抱卵していることを確認しました。

P9200001-2.jpg

共食いもかなりあるらしいので、どれくらい生き残るのだろうか予測も付きません。1匹ずつ小分けして飼育すれば確実に殖やせますが、別に商売するわけでも無く、何か生き物飼育をしたいとの考えだけなので、そのままの状態で飼育を続けることになるでしょう。

単為生殖なので、1匹か2匹生き残れば、それで十分かなと思います。
2017/09/20 18:44  TB(-) CM(2)
先日の記事で書きましたが、ホームセンターでもリトープスを販売する時期となりました。

当然のことですが、ホームセンターでは出来るだけ早く売りさばければ良いという考えしか無いのか、全くリトープスの栽培に関する知識が無いのか、店舗内のあまり明るくないところに多肉植物たちと一緒に売られていました。

先日の記事の時には買わないと思っていたのですが、数鉢でも救出してあげようと奮起しました。ありふれた種類で小さい株なので1鉢300円ほど。

P9200002.jpg

こんなにふやしてどうするの?
2017/09/20 18:39 リトープス TB(-) CM(0)
家に置くスペースもあまりなく、職場の窓辺に飾ることに・・・。

25センチキューブの水槽に石化シノブとカンアオイの子株も一緒に収めてあります。
P9200003.jpg

蓋には最初から外掛けフィルターのパイプなどを通せるように2センチほどの切り欠きがしてあります。適度に保湿、適度に換気が出来てちょうど良い感じです。
P9200004.jpg

アネクトキルス・バーマニカスだけは特別待遇。密封状態にならないよう、蓋を少し開けてあります。
P9200005.jpg
2017/09/20 18:32 その他植物 TB(-) CM(0)
モウセンゴケの一種。これだけはなぜかいじけずに元気。

DSCF5083.jpg

アントシアニンフリーのように見えますが、あまり日に当たっていないだけか?
2017/09/19 06:22 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
先日の記事で置き場が無いから増やさないと書いたところなのに、増えてしまった。

買った理由は安かったから。

これは本来名札があって種名が判る品で3980円(税別)だったのが、子供がいたずらしてポットごと落として茎が折れ、名札が行方不明になったもの。悲惨な状態だが、お店に顔なじみの人がいて、980円(税別)で良いとのことで買いました。 
DSCF5079.jpg

あとはマコデス(属名)としか判らない安物2鉢。本来1鉢980円のところ、上のこともあって2鉢で980円と超格安。そもそもマコデスさえ怪しいかも知れない。まあ、私はマニアじゃ無いのでアネクトキルスだろうとマコデスだろうとグッディエラだろうとドッシニアだろうとジュエルオーキッドの一種で十分です。何となく自分の気に入った柄のものを選びました。
 ↓ 先日の記事のアネクトキルス・バーマニカスに似た葉模様の個体。でもこちらの方が模様ははっきりしている。
DSCF5081.jpg

 ↓こちらはマコデス・サンデリアーナ風なやつ
DSCF5082.jpg

花を楽しむものでは無く、ただただ葉っぱ(模様)を愛でるランなのです。こうしてアップにすると、模様部分が金色に輝いているように見えると思います。

P9180005.jpg

でも、さすがに3鉢おかわりしたので、もうおなかいっぱいです。

2017/09/18 15:37 その他植物 TB(-) CM(0)
滋賀県では昨夜の日付が変わる頃にかなり強い風か吹きました。県西部では大雨が降ったようですが、今朝には何事も無かったかのように晴れ渡っていました。

DSCF5078.jpg
2017/09/18 06:22 未分類 TB(-) CM(0)
台風接近の中、「ダンケルク」を見てきました。

tumblr_inline_ow904lLnDI1umzvh7_1280.jpg

残念ながら「大ヒット!」ではなさそうです。でも「トリガール!」よりマシかな?

「ダンケルクの戦い」を知らなければ、この映画の評価はあまり良くないことでしょう。

その昔、「プライベートライアン」というノルマンディ上陸作戦を扱った映画も観ましたが、「ダンケルク」はそのノルマンディ上陸作戦に至る前のイギリス・フランスの戦略的撤退とでも言うべき内容を扱っています。

「ダンケルクの戦い」ではドイツ軍の圧勝でフランスは屈辱の降伏となります。しかし、多くのイギリス兵たちがイギリスに帰還できたことで、後々勢力が逆転することになります。

もしこのとき、救出に失敗していたら・・・・どうなっていたんでしょうね? でも戦争が長引いただけで、結局は連合軍の勝利に変わりはないんでしょうね。
2017/09/17 22:38 未分類 TB(-) CM(0)
変な方向を向いたり、異様にニョキニョとしていますが、しろたん.玉は元気です。

DSCF5074.jpg


その他のリトープスやコノフィツムもだいたい無事に夏を乗り切ったようです。

DSCF5075.jpg

以前は近くのホームセンターと言えば、花が付いているときに売っていましたが、最近は花が咲く前に売り出し始めました。種類も若干増えてきました。
2017/09/17 16:48 リトープス TB(-) CM(0)
約1週間でこれだけ伸びました。
 
 ↓ 9月10日
DSCF5070.jpg

 ↓ 本日9月16日
DSCF5073.jpg
2017/09/16 16:48 その他植物 TB(-) CM(0)
カタカナで言うと「ジュエルオーキッド」と呼ばれる蘭の一種。

園芸店よりも最近ではアクアリウムショップでの販売が多いようです。

花を観賞するのでは無く、葉の模様を愛でるそうです。まさに「観葉植物」です。

DSCF5071.jpg

(白花が咲けば)これはAnoectochilus chapaensisで葉の模様は大人し目ですが、少し赤みが入っていて実物はなかなか綺麗です。ブログの写真ではうまく表現できないですね。種類によっては葉模様がはっきりくっきりなものもあり、マニアな人はいろいろと集めてしまうそうですが、私はこの1株で十分間に合っています。求めるときりがありません。(と言うよりも置き場所が無いのが正直なところ)

※ Anoectochilus chapaensisと書いていますが、Anoectochilus burmannicus(バーマニカス)の可能性の方が高いようです。だって名札にAlso called A. burmannicusって書いてあるんだから・・・。なんてあくどい商売をするのか!
2017/09/15 00:30 その他植物 TB(-) CM(0)
黄昏 ← たそかれ ← たれそかれ ← 誰ぞ彼

DSCF3721.jpg
2017/09/13 18:46 未分類 TB(-) CM(0)
アスパラガス・セタケウス・ナヌス(A. setaceus 'Nanus')

観葉アスパラガスの代表種なので、近くのホームセンターにもハイドロカルチャーの苗として売っている。

そのままでも良いのですが、草もの盆栽風に植えてみました。

IMG_1075.jpg

それらしい鉢に2株植えて、石と苔をアレンジすれば詫び寂びの世界。

食用のアスパラガスの仲間ですが、食用と鑑賞用では種(species 分類上の基本単位)は別らしいです。そんなことも知らなかった遠い昔には、これを植えればアスパラガスが収穫できるのかと思っていました。

窓際族なので、窓辺に植物を・・・・・

P9130004.jpg
2017/09/12 18:34 その他植物 TB(-) CM(0)
7月、8月と完全断水し、先週から少しずつ水を与えるようにしました。

DSCF5070.jpg

地上部の枯れた脇から新芽が出始めました。
DSCF5070-2.jpg

きれいにクルクルとカールした葉になるでしょうか?
2017/09/10 10:05 その他植物 TB(-) CM(0)
今頃になって花が咲きました。

DSCF5065.jpg
2017/09/10 07:34 パキポディウム TB(-) CM(0)
少しずつ枯れかけています。

DSCF5063-2.jpg

イシモチソウ2株の左に小さなモウセンゴケが・・・何なのか? どれかの種が紛れ込んだのかな?
DSCF5063.jpg
2017/09/09 11:04 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
IMG_1063.jpg
IMG_1065.jpg
2017/09/06 21:29 未分類 TB(-) CM(0)
IMG_1045.jpg
IMG_1046.jpg
IMG_1047.jpg
IMG_1048.jpg
IMG_1049.jpg
IMG_1050.jpg
IMG_1051.jpg
IMG_1052.jpg
2017/09/05 23:53 未分類 TB(-) CM(0)
イチョウの寄せ植え
DSCF5068.jpg

苔を敷き詰めています。
IMG_1059.jpg

親木
IMG_1054.jpg
2017/09/04 20:22 その他植物 TB(-) CM(0)
家での生き物飼育も出来なくなり、楽しみも無い今日この頃です。

ベランダ園芸もスペースが限られているので、枯れたりした場合だけ新たに追加することが可能な状況です。

盆栽というのは究極の詫び寂びの世界を小さな鉢に表現する日本人の美意識のうえにある園芸なので、私のようなちゃらんぽらんな人間には、あまり向いていない趣向のものなのかも知れません。

トウカエデ(唐楓)は以前からありますので安定しています。伸びすぎたのを剪定していますが、剪定にもその人のセンスというのがモロ出ます。まあ、品評会に出すわけでもないし、自分の好きなようにやれば良いのですが。
DSCF3713.jpg

こちらは最近導入したものです。

シロシタン(白紫檀)
DSCF3716.jpg
DSCF3717.jpg


カエデ(楓)
DSCF3714-2.jpg
DSCF5053.jpg
2017/09/03 09:02 その他植物 TB(-) CM(0)
イシモチソウの葉挿しの生長もぼちぼち終わりかなと思う今日この頃です。

DSCF5049.jpg

せっかくここまで育ったのですから、これからどのようにしていくか、調べてみないといけません。


今春先に全て植え替えたのでどうなることかと心配でしたが、トウカイコモウセンゴケ本来の赤い色へと順調に色づいています。

DSCF5057.jpg

植え替えて思わぬ効果がでました。以前より一回り大きく生長しました。

それから、どこからかミミカキグサが侵入してきて花を咲かせ始めたので処分しておきました。
2017/09/02 08:36 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
百人一首