栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2017年07月
 
2017/06 2017/07 2017/08
昨日、近くのフォレオ大津一里山へ本を買いに行ったのですが、思っていた本がちょうど売り切れでした。しばらく別の本を見ていましたが、これといった本も無いのでフォレオ大津一里山の中にあるパソコン工房に寄りました。

夏場はパソコンを使用していると暑いので、CPUクーラーをちらっと見てみると、今年5月に販売開始した虎徹改良版の虎徹 Mark IIがありましたので、気まぐれに買ってみました。
DSCF4916.jpg
DSCF4917.jpg
DSCF4918.jpg
DSCF4919.jpg


以前はCADとか映像のエンコードなどそこそこ負荷のかかる作業もしていましたが、今の私のパソコン使用環境ではわざわざCPUクーラーを大きなものに交換する必要もほぼありません。時々ゲームをしますが、GPUは1070なのでそこそこのゲームなら高画質でも普通に動くし、そもそも高負荷なものはゲームシステムが複雑だったりしてプレイないです。

とりあえず、元々付属しているDEEPCOOLのCPUクーラーとどれくらい違うのか取り付けてみることにしました。

DSCF4922.jpg

Pentium 4が出た頃は自作もしていましたが、今ではパーツ選びも面倒くさいし、自分で組み上げるのも億劫になり、BTOパソコンを買うようになりました。それでも昔取った杵柄では無いですが、たまにパーツ交換するくらいなら楽しいものです。

DSCF4920.jpg
DSCF4921.jpg

12センチファンと大型ヒートシンク、風の通りも良さげです。これ以外にバックプレートなどのパーツもあります。

大型ヒートシンクを支えるためにマザーボードの裏側にバックプレートを取り付けて、それにねじ止めする仕組みです。

DSCF4923.jpg

スプリングの効いたねじで取り付けるだけ、ファンもスプリングワイヤーでヒートシンクに引っかけるだけで、誰でも簡単に取り付けができます。でかいですが、ミドルPCケースなので余裕で入ります。

さて、肝心の冷却機能はというと、若干高い方の温度が低めになったかな? (HWiNFO64 v5.54で一応確認。)

音はと言うと、元々静かだったので変わらずと言ったところでしょうか?

OC遊びとかしないので、無駄な買い物をしたのかもしれません。
2017/07/17 07:00 未分類 TB(-) CM(2)
某ページに「光線の強弱によって毛線の色等植物体のアントシアニンの濃淡が変わる」と書いてあった。

昨日のハエトリソウの記事では、ハエトリソウは場所の割に出来るだけ日に当てて、きれいに赤く染まっていると書きました。

我が家のトウカイコモウセンゴケも、いつもならきれいな赤になっているはずなのですが、今年はほとんど赤くなっていません。

DSCF4904.jpg

日当たりについてはハエトリソウとほぼ同じで、過去記事を見てみても、多少の濃淡はあるものの年中赤いのですが、今年はこの調子です。

原因は何かと考えてみたところ、春先に植え替えをしたことが原因かと思われます。事情があって安物のピートモスで植えたため、あまり酸性では無かったためかもしれません。株自体は調子良くて全く問題ありませんが、緑色のトウカイコモウセンゴケは魅力に欠ける感じがします。秋になればそれなりに赤く染まるのでしょうか?

一方、モウセンゴケはと言うと、こんな感じです。元々大株で立ち上がるタイプのはずなのですが、我が家ではトウカイコモウセンゴケと変わらぬくらいの小さな株になってしまいます。どんなに自生地では大きくても、我がベランダに来るとこのようになります。トウカイコモウセンゴケと比べて暑さに弱く、いじけやすいのですが、これくらいの小ささだとあまり暑さを嫌わずにいられるのかもしれません。
DSCF4905.jpg


比較対照として明るい日陰でも1鉢育てています。夏の自生地では周囲の草丈が伸びて、地面に広がるロゼットタイプのモウセンゴケ類には直射日光が当たりにくい遮光状態となるのを再現したつもり?です。
DSCF4912.jpg

ほとんどモウセンゴケで、一部にトウカイコモウセンゴケを植えていますが、見たとおり、緑色です。

株はいずれも小さい物ばかり、大きくは育ちませんが、このサイズで環境に適応しているのでしょう。


ミズゴケ栽培の方が生育が良いのかもしれないと、1株だけ試しに植えてあるものがあります。ピートモス植えよりも多少マシかなという程度で、こちらも自生地のように大きくはならないです。

DSCF4902.jpg

我が家の小楽土では、モウセンゴケ類は大きくならない(なれない)けれど、調子はそれなりに良く育つ感じです。大きく育たないと言う意味では、ピグミーモウセンゴケは我が家の小楽土環境にマッチしているモウセンゴケなのかもしれません。
2017/07/16 07:14 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
我が家にもハエトリソウがあります。シャークなんじゃらとかブリストルなんじゃらもありましたが、今はごく普通のタイプしかありません。

ミズゴケ植えにしているのですが、生育は芳しくありません。ゆるめに植え込んでいるのですが、どうもね。

日当たりは他の記事でも書いていますが、午前中が中心。それでも赤く染まってくれてます。

DSCF4895.jpg
DSCF4896.jpg
DSCF4897.jpg

株分けしたからまだ小さいとも言えますが・・・
2017/07/15 12:35 ハエトリグサ TB(-) CM(0)
今日の様子です。

DSCF4887.jpg

右上は雑種、真ん中と下のがイシモチソウです。このサイズだと、よほどの観察をしないとイシモチソウかそうで無いかの区別は難しいです。この段階でのイシモチソウの補虫葉は盾型では無いので区別が付きにくいです。下の画像では上がイシモチソウ、下が雑種。補虫葉の形とか繊毛の生え具合が違うので別物だとは判断できても、イシモチソウかどうかまでは私には判断できないですね。
DSCF4857.jpg
DSCF4858.jpg
2017/07/15 06:42 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
アフリカナガバモウセンゴケ。

ブロードタイプから2つ、ナロータイプから1つ不定芽が出ています。

 幅広 その1
P7150001-2.jpg
P7150004-2.jpg

幅広 その2
P7150002-2.jpg
P7150005-2.jpg

細幅
P7150003-2.jpg
P7150006-2.jpg
2017/07/15 06:35 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
我が家の栽培環境ではあまり上手く生育させられないようです。

DSCF4868.jpg

やはり1日中太陽の光が欲しいところですが、物理的に無理です。

植え替えれば多少マシになるかもしれませんが、この夏はこのままにしておきます。
2017/07/14 20:31 サラセニア TB(-) CM(0)
コノフィツムがこの時期に開花しました。

DSCF4886.jpg
DSCF4885.jpg

時々あることですが、この夏を乗り切ることが出来るんでしょうかね? ゲリラ豪雨以上に局所豪雨が頻発し、異常な暑さというか熱波で無事秋を迎えられるのは何鉢あるのでしょうか? 少し心配になります。
2017/07/13 06:22 コノフィツム TB(-) CM(0)
アリ飼育はクロナガアリのみに絞りました。

さて、先週リセットしたクロナガアリたちもすっかりなじんできました。

P7140016.jpg

植物の種皮を剥いたものがどうしてもゴミとなるので、巣の中にも少しずつですが溜まっていきます。飼育に全く問題は無いのですが、やはり様子が見にくくなるので、時々リセットするしか方法はありません。この蟻マシーン2号ミニもかなり使い込んでいるので、交換用の蟻マシーン2号ミニの購入も検討しないといけないかなと思っています。もちろん自作しても良いのですが、面倒なこと、思ったような物が出来ないことなどを考えると、高くても既製品を購入した方が良いのかなと考えます。

もう一方のクロナガアリたちはのんびりしています。個体数が少ないので、汚れるのもゆっくりです。左側の蟻マシーン2号ミニはまだそれほど汚れていません。
P7140017.jpg
2017/07/12 21:14 アリ TB(-) CM(0)
ピグミーモウセンゴケのニチヅラです。

DSCF4876.jpg

ニチヅラの花はかなりの期間咲いています。こうやって鉢いっぱいに開花するとそれなりにきれいです。
2017/07/09 16:17 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
大きくもならず、現状維持か・・・。

DSCF4861.jpg

当然と言えば当然ですが、自分の栽培環境に適合するものと、そうでないものが存在します。セファロタスはどちらかというと後者でしょうね。
2017/07/09 16:15 セファロタス TB(-) CM(0)
6月23日の記事から半月ほど経過しました。

DSCF4865.jpg

よく見ると、ぼちぼち不定芽が出始めています。

DSCF4877-2.jpg

ホームセンターでも雑な扱いされていることの多いアフリカナガバモウセンゴケ。食虫植物マニアからは駄物扱いされるごくありふれた種ではありますが、しっかり育てれば、それなりに鑑賞価値があると思います。
2017/07/09 12:22 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
私の小楽土は5階なのでいわゆる害虫類は少ないのですが、それでもアブラムシは強い風に乗って飛んできたりします。

滅多に薬剤は使用しないのですが、今回はオルチオン乳剤を使用することにしました。

オルトランとスミチオンの混合液です。

DSCF4854.jpg


200から500倍程度に希釈して使用するように書かれています。薬剤散布専用に1つスプレーも購入しました。

DSCF4855.jpg


今回は、恵比寿笑いの葉の付け根につくカイガラムシと、ネジバナにとりついたアブラムシがターゲットです。

DSCF4860.jpg
2017/07/08 08:32 未分類 TB(-) CM(2)
アルブカ・スピラリス フリズルシズルの花も終わりました。

DSCF4863.jpg

葉っぱも全て枯れましたので、このまま秋まで断水します。

DSCF4864.jpg
2017/07/07 23:34 その他植物 TB(-) CM(0)
今週月曜日にリセットしたのと別のクロナガアリもリセットしました。

右側が特に汚れが酷く、黒くなって中が見えない状態となっていました。

DSCF4847.jpg

当然ガラスにもたくさんのゴミが付着しています。

DSCF4848.jpg

蟻マシーン2号ミニ本体石膏部分も真っ黒でした。何が何だか判らない黒さ。

DSCF4849.jpg

普通に洗ってもなかなか落ちない汚れ。黒カビなのでしょうかね。それでも多少はきれいになりました。

DSCF4851.jpg

セットできた後は、エサ場の上縁にシッカロールを塗ってから、クロナガアリを投入です。


[広告 ] VPS



2017/07/07 23:22 アリ TB(-) CM(0)
今日、昼休みに大津パルコ辺りでニイニイゼミが鳴いていました。

2017/07/05 18:11 未分類 TB(-) CM(0)
1つだけうまく不定芽が出たと思っていましたが、茶色く変色してダメだったと思っていた葉からも不定芽が出ました。

果報は寝て待てとはよく言ったものです。

DSCF4842.jpg
DSCF4842-2.jpg
DSCF4843-2.jpg
2017/07/04 20:23 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
6月12日の記事のクロナガアリに蟻マシーン2号ミニを1つ付け足して、エサ場も大きくしました。

DSCF4840.jpg
DSCF4841.jpg
2017/07/03 20:19 アリ TB(-) CM(0)
Movie_kigathur.jpg

ガイ・リッチーの監督でジュード・ロウが出ているとなれば、シャーロック・ホームズを直ぐに思い浮かべるが、そのまんまのノリでキング・アーサーを作ったようだった。

ファミコンの頃からファンタジー系RPGをやっている人ならエクスカリバーを知らない人はいないだろう。

正統派?キング・アーサー(アーサー王物語)ではなく、痛快娯楽アクション。謎の中国人、カンフーの達人も出て来たりと、まあ、それはそれでおもしろい。映画の最後に円卓が出てくる。円卓の騎士へとつながるのだが・・・
2017/07/02 20:27 未分類 TB(-) CM(0)
DSCF4835.jpg

順調に育っているようですが、まだ茎が伸びないのでタダのモウセンゴケ状態です。

ちなみにタダのモウセンゴケの葉挿しは・・・

DSCF4836.jpg
2017/07/02 20:12 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
ピグミーモウセンゴケのニチヅラの花

DSCF4831.jpg
DSCF4818-2.jpg



モウセンゴケの花は・・・おしべが薄緑。ほぼ全体が白。

DSCF4820.jpg
2017/07/01 20:07 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
百人一首