栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2017年02月
 
2017/01 2017/02 2017/03
意外にもしぶとく咲かないです。

DSCF3093.jpg

開花は今週末くらいでしょうか?

2017/02/28 18:21 その他植物 TB(-) CM(0)
トリコディアデマ・デンスム 紫晃星が1輪咲きました。

DSCF4087.jpg

暖かくなったら全体に花が付くのでしょうね。
2017/02/26 21:31 多肉植物 TB(-) CM(0)
2017年2月23日に発売になったであろうFUJIFILM X100Fですが、私の手元に届いたのは2月25日土曜日でした。

DSCF4080.jpg
DSCF4081.jpg
DSCF4084.jpg
DSCF4085.jpg
DSCF4083.jpg

「Xプレミアムコンパクトカメラ」と銘打った富士フイルム渾身の単焦点レンズ一体型カメラです。

はっきり言ってコンパクトではありません>最近のコンデジからするとバカでかい。Xプレミアムレンズ一体型カメラと言った方が良いでしょうか?

まあ、センサーサイズがAPS-C(ニコンだとDXフォーマットと言っているサイズ)なので、カメラ本体サイズも自ずと大きくなるのですが、オリンパスのTG-3と比べてもこのとおり。

DSCF4089.jpg

今メインで使っているFUJIFILM X30と比較しても一回り大きいです。
P2260018.jpg

見た目はクラシカルなカメラに見えますが、なかなかのものです。お値段も同社の X-T20 レンズキットと変わらないか少し高いくらいです。レンズ交換式カメラの方が当然いろいろな意味で有利ではありますが、あえてレンズ一体型カメラを購入しました。

これからあちこちで評価の記事が出てくることでしょう。良い点、悪い点、いろいろな意見が出ると思います。

写りに関しては満足のいくものです。私の使い方では豚に真珠、猫に小判かもしれませんが、このカメラは、所有していることだけでも何かうれしくなるものがあります。

F2
DSCF3041999.jpg

F5.6
DSCF3043.jpg

F11
DSCF3042.jpg

近所の畑
DSCF3052.jpg
2017/02/25 20:19 未分類 TB(-) CM(0)
某ブログの記事を見て、思わずポチッとしてしまいました。

ショップのページには「仙宝」という名前で販売されていました。

私が最後の1鉢だったようで、注文するとSOLD OUTになりました。

紫晃星という名前の方が一般的のようです。

学名はTrichodiadema densumです。

トリコディアデマにはいくつかの種があるそうです。

今日、届きました。梱包はしっかりしてありました。だって植物本体よりも送料の方が高く付きましたから。
DSCF4052.jpg

取り出すと・・・
DSCF4054.jpg

説明書も同梱
DSCF4057.jpg

何故か季節外れの蕾が・・・
DSCF4060.jpg

この手の植物って、こんなのを挿しておくとどんどん増えるとか・・・?
DSCF4058.jpg

名札の裏側に学名を貼り付けておくと、ちょっと高級感が・・・?
DSCF4066.jpg

まあ、そんなことはさておき、トリコディアデマの仲間は盆栽仕立てが一種のトレンドのようで・・・幹というか根っこの部分を露出させる、通常の盆栽で言うところの「根上がり」みたいなことをやるとそれらしく仕上がるようです。

そんなこんなで、私もまねしてみようかと思い、プラ鉢から引っこ抜きました。この手の植物によくある太い直根タイプです。
DSCF4067.jpg

こういった太い直根の場合、深鉢とか蘭鉢とかラッパ鉢のように背丈のある植木鉢の方がベターです。

それでも無理矢理、盆栽感のある植木鉢に植え替えました。
DSCF4072.jpg

話は変わりますが、購入したショップの説明書の裏側をよく見ると、すぐ近くのフォレオにもある店でした。わざわざ高い送料を払ってまで買い物をしなくても良かったのかと思うとがっくり。
DSCF4053.jpg

でも、自分の知らなかった植物が買えたのは収穫だったかな。
2017/02/23 21:02 多肉植物 TB(-) CM(2)
前回の記事の時よりは増えているようです。

DSCF4031-2.jpg

一時期の外国産ワラジムシとかダンゴムシのブームも終わったんでしょうかね。ヤフオク!でnosa_0410という人がたくさん出品されていたのですが、最近はその人以外も全く出品が無くなりました。

ぶりくらとかとんぶりとかブラックアウトなどの即売会に移行しつつあるんでしょうか? 私のように即売会に行けない人にとっては残念な傾向ですね。
2017/02/18 13:58  TB(-) CM(0)
カキコできるようだと書きましたので、やってみました。

まずはそっとカッターで切りながら子株をとります。

IMG_0792.jpg

ヘマをして、根無しが出来てしまいましたが、3株になりました。良かったのか悪かったのか。

後はそれぞれ植え付けるだけです。

根無し↓
IMG_0793.jpg

根付き 2株 ↓
DSCF4025.jpg
DSCF4026.jpg


これで2万円X3鉢・・・・取らぬ狸の皮算用
2017/02/17 21:20 多肉植物 TB(-) CM(0)
職場の土の部分にイヌマキが生えていたので・・・
DSCF4007.jpg

盆栽にすべく、鉢植えにしてみました。大きさはご覧の通り。
DSCF4015.jpg
2017/02/16 19:17 その他植物 TB(-) CM(0)
水草水槽でミクロソリウムと呼ばれているシダの仲間と思われるもの。

DSCF4005.jpg
DSCF4006.jpg

水中では葉っぱにコケがつきやすいですが、地上葉ならそんな心配もありません。
2017/02/14 19:07 その他植物 TB(-) CM(0)
最近は、万象も高価な植物になってしまった感があります。

我が家の万象は品種名は伏せておきますが、10年以上になります。

そろそろ掻き仔出来そうなものが2つ出来ています。

DSCF3996.jpg
DSCF3997.jpg

親株は・・・
DSCF4002.jpg
2017/02/13 19:02 多肉植物 TB(-) CM(0)
我が家の怒濤です。

DSCF3978.jpg

鉢が少し窮屈になったようです。花も終わったので植え替えすることにしました。

DSCF3984.jpg

最初は1塊のような姿だったのですが、5つに分裂したような状態です。分けても良いのですが、面倒くさいので、このまま一回り大きい鉢に植え替えするだけにしておきます。

DSCF3987.jpg

たしかに「荒れ狂う大波」ように見えますが、大波は葛飾北斎の神奈川沖浪裏でしょう。

The_Great_Wave_off_Kanagawa.jpg

2017/02/12 08:16 フォーカリア TB(-) CM(2)
長らく花を楽しませてくれたウメ(紅冬至)はそろそろ終わりのようです。

DSCF3975.jpg


今の時期は、ロウバイが見頃ですが、我が家のロウバイはまだ花をつけるような年数ではありません。1年生。

DSCF3981.jpg


そのあとにボケが咲いてくれるでしょうが、もう少し待たなければならないようです。

DSCF3974.jpg

我が家のサクラは御殿場桜なので、開花は4月中頃になる予定です。今は蕾固しです。

DSCF3980.jpg
2017/02/12 08:11 その他植物 TB(-) CM(0)
カタクリは、春が確実に近づきつつあることを示しているのでしょう。

DSCF3972.jpg

葉っぱが展開し始めました。

中には・・・蕾が形成されています。

DSCF3973-2.jpg


開花するには今しばらくかかるでしょうが、花が咲くのが待ち遠しいです。
2017/02/11 15:02 その他植物 TB(-) CM(0)
DSCF3965.jpg

昨夜、少し積もりましたが、今は晴れて道路の雪は溶けてしまいました。

DSCF3979.jpg
2017/02/11 14:57 未分類 TB(-) CM(0)
ヒメツメガエルが全滅したので、空いた水槽には、ゴールデンハニードワーフグーラミーが戻った。

正確には、戻ったではなく、移ったというのが正解か。以前は20センチキューブ水槽だったのが30センチ規格水槽になったので、わずかながら水量アップ。

DSCF3964.jpg

基本的におっとりしている魚ですが、時々追い回しをすることがあります。
2017/02/11 14:55  TB(-) CM(0)
DSCF3962.jpg
DSCF3961.jpg

全滅!

本日をもちまして「ヒメツメガエル飼育観察日記」は終了します。


2017/02/10 18:50 カエル TB(-) CM(0)
駱駝色のショルダーバッグを買った。

IMG_0790.jpg

今使っているIT SHAKES HANDSのイエローバッグも非常に使いやすいが、若干擦り切れ感が出てきて貧乏くさくなってきたのと、もう少しだけ小さいサイズが欲しかったのでゲット。

本当は真っ赤なやつかイエローが欲しかったけれど、その店では駱駝色しかなかった。まあ、この色も嫌いじゃ無い。

2017/02/09 18:29 未分類 TB(-) CM(0)
スナ式トケイ???

早い話が「砂時計」

IMG_0786.jpg


コーヒーをプレスで淹れるので、4分計れるものを探していたらちょうど良い物がありました。

ネットで見ると税込み2700円らしいです。(http://hirotaglass.shop-pro.jp/?pid=49095261

でも私はとあるショップで2000円税別で購入できました。コーヒーを淹れるときに4分はかるから「4分 珈琲」という名前? 
それもあるかもしれないけれど、砂の色が珈琲色だから。

IMG_0789.jpg

今時、100均でもキッチンタイマーが売られているのに、わざわざ精度が微妙な砂時計は如何なものかと思う向きもありますが、
何事も効率とかで片付けないで、雰囲気を感じたいものです。コーヒーができあがるまでの4分間、
砂が落ちていくのを眺めているのも
「いと、をかし」
2017/02/08 22:14 未分類 TB(-) CM(0)
次から次へと死んでいきます。

DSCF3952-22.jpg
DSCF3957.jpg
DSCF3956.jpg

残り5匹となりました。

生き物は死に物だから仕方ないけれど、何も出来ないまま死んでいくのは残念。

そこまでの命だったと思うしかない。
2017/02/08 21:59 カエル TB(-) CM(0)
「オランダ靴の謎」の新訳版(訳者:中村 有希)というのを読了。旧訳は知りません(「ローマ帽子の謎」の古い訳のは持ってますが・・・)。

アガサ・クリスティの「アクロイド殺し」の微妙なアンフェアと比較すると、間違いなくフェアプレイですっきりする。

ただ、文章としては「アクロイド殺し」の方が読みやすいというか、どんどん先へ読み進める感じがするのに対して、「オランダ靴の謎」は文章がまどろっこしいというか読みにくい感じがする。これは、作品がというよりは作者の違いなのだろうけれど・・・。アガサ・クリスティの文章で、エラリ-・クイーンの完璧なロジックだったら良いのにと思った。

1106300955_main_l.jpg
2017/02/07 22:10 未分類 TB(-) CM(0)
こいつも危なそう・・・

DSCF3955-2.jpg

単なる脱皮なら良いけど・・・
2017/02/07 21:02 カエル TB(-) CM(0)
やはり・・・・予言は的中。


DSCF3952-22.jpg

依るには硬直していました。
2017/02/06 23:58 カエル TB(-) CM(0)
毎日書くことなど何も無いのですが・・・

「飼育観察・栽培などの記録型ブログ」なので、誰かに見てもらうために書いているわけでは無く、日々記録するのが本来の趣旨。たまたま興味のある内容であれば、読み逃げしていただければそれで良し。

飼育環境についてはおおむね書いたつもりでしたが、水深について書いていなかったので、それについて書いておきます。

我が家での水深は、約19センチ(7.5インチ)です。水槽の深さの4/5くらいまで水を張っています。

DSCF3945.jpg

では何故この水深なのかというと、水量が多いほど、水温・水質の安定が図れること、ヒメツメガエルの活動領域が広く採れること、水草などをたくさん入れられることなどがありますが、実際にはブリラントフィルターでエアリフトで水流を作り出して水槽内の水温を一定にするためで、フィルターで水質浄化は二の次です。エサは「ひかりウーパールーパー」なので、ほとんど水を汚しませんから。

DSCF3947-2.jpg

そもそも、ブリラントフィルターは60センチ規格水槽に合うように設計されているので、30センチ水槽では垂直に設置できません(ビリーフィルターなら設置可能か?)。上の写真のように斜めに設置し水面より少しだけ高くして、エアリフトされた水が、ヒーターの真上に落ちるようにしているのです。


ヒメツメガエルはスネールを食べるとか、スネールの卵を食べるとか言われているようですが、その真偽のほどはわかりません。

DSCF3934.jpg
DSCF3930-2.jpg

そんなことよりも、このすっとぼけた顔、何も考えていないような姿を見ているだけで心が少し和みます。
DSCF3931-2.jpg
DSCF3932-2.jpg
2017/02/05 18:40 カエル TB(-) CM(2)
秋に葉が落ち始めてから、全く水をやらずに休眠中の恵比寿笑。

DSCF3948.jpg

とりあえず、室内に取り込んでおけば、寒さによる枯死せずに越冬できる。暖かくなればまた外に出して太陽ガンガンでたくさん葉を出すでしょう。
2017/02/05 14:07 パキポディウム TB(-) CM(0)
ゆっくり蕾は生長しているようですが、開花にはまだまだ遠いようです。

DSCF3938.jpg
2017/02/05 12:01 その他植物 TB(-) CM(0)
少し葉が展開してきた。

DSCF3939.jpg
2017/02/05 10:00 その他植物 TB(-) CM(0)
今日は朝から天気が悪い。

DSCF3942.jpg
2017/02/05 08:59 未分類 TB(-) CM(0)
グッピーの選別もれ個体たちの水槽をきれいさっぱりリセットしました。
一種の虐待飼育です。
DSCF3943.jpg


メイン水槽はイエローコブラ系だけ残しています。何故かハニードワーフグーラミィもいますが、ヒメツメガエルに場所を譲ったからです。タンクメイトとして、グッピーとの相性は悪くありません。
DSCF3944.jpg
2017/02/04 20:03  TB(-) CM(0)
辛うじて生き残っているセファロタスとムシトリスミレです。

DSCF3929-2.jpg


諸般の事情により屋外栽培しています。寒さよけにガラス容器をかぶせています。これでなんとか屋外栽培でも枯れずにすんでいます。

DSCF3927.jpg
2017/02/04 18:40 セファロタス TB(-) CM(0)
とりあえず1週間が経過しました。

1匹は早々に水カビにやられて死んでしまいました。

10匹いれば1匹くらい死んでも不思議は無いのでしょうが、やはりショックでした。

残り9匹はエサ食いも良好で、導入初期の危機は一段落したのかもしれません。

DSCF3906-2.jpg

そう思っていると、またポツポツと落ち始めることがよくあるものです。

先週の記事に書いたとおり、メンテナンスというか水替えが楽なようにベアタンクとしています。変に砂やソイルなどは入れない方が良いと思っています。その代わりと言っては何ですが、水草はかなり浮かべています。

水草は、水質浄化と、ヒメツメガエルの隠れ家、呼吸するための中継基地に役立っていると思っています。

DSCF3896-2.jpg
DSCF3899-2.jpg

我が家で一番大きい個体。体型からして、たぶんメス個体。アフリカツメガエルもそうですが、オスメスはお尻の総排出口の突き出た部分でほぼ判別できます。アフツメより体型の違いが明瞭なので、誰でも判別できると思います。

DSCF3915-2.jpg

エサは、「ひかり ウーパールーパー」を細かくして与えています。時々「ひかり クレスト グッピー」も与えています。
2017/02/03 23:00 カエル TB(-) CM(0)
最近は、生き物よりも植物の記事の方が多いです。

カタクリです。

DSCF3902.jpg
DSCF3903.jpg

休眠期間も長く、長期年数栽培を続けるのは難しいようです。

とりあえず、今春に開花してくれれば良しとしましょうかね。
2017/02/02 20:51 その他植物 TB(-) CM(0)
百人一首