飼育観察・栽培などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヒメツメガエルはカエルの中でも繁殖が簡単な種だと思います。ヤドクガエルとか一時期流行ったコケガエルなどはマニアな人たちが繁殖させていますが、基本的には飼育下で産卵させることが非常に難しい生き物です。うまく産卵させられれば、オタマジャクシの飼育そのものは案外簡単なようで、水棲カエル以外は上陸時に水から地上に上がれるようにすれば良いだけのようです。

ヒメツメガエルの情報はネット検索するといくつかヒットしますが、やはり戦うカエラーさんのホームページの情報が一番だと思います。他のページではざっくりしか書いていないですし、まとめ記事だったりで繁殖を目指して飼育しようという人にはあまり参考にならない気がします。ただ、戦うカエラーさんのホームページは最近更新も無く、一部のページが削除されています。具体的には「オタマ観察記」と「続オタマ観察記」と「妙に歩留まりの良いオタマ飼育法」が伏せてあります。それらのページに何が書かれているのか私は全て知っていますが、全てのデータは転載不可とされていますので、ここでもそれらの内容については一切触れないことにします。戦うカエラーさんは○○山のお近くにお住まいのようです。△△水など用意できるはずもありません。それに代わる方法はありますが・・・。

海外でもいくつかヒットしますが、日本語のページとさほど変わらないレベルかと・・・。

よく、ヒメツメガエルは熱帯魚感覚で飼育できると書かれています。確かにエサも熱帯魚などの餌を与えれば問題無く飼育できます。ただ、熱帯魚は少々エサをやり過ぎても死なないですが、ヒメツメガエルは突然死することがあるので、どちらかというと少なめの給餌を心掛けた方が安全というところが大きく違うと感じています。

産卵やオタマジャクシの飼育については未経験ですが、アフリカツメガエルの産卵とオタマジャクシの飼育の経験はありますので、何とかなるのではないかと思っています。

同じ「ツメガエル」ですが、アフリカツメガエルは成熟すると10センチを超え大きくなり、そのキック力はもの凄いもので、アクセサリーなど入れておくと、ちょっとしたことで驚き暴れた時に蹴飛ばして、水槽破損の恐れもあります。ベアタンクが安心です。その点、ヒメツメガエルはせいぜい5センチ程度で、震動などちょっとしたことで驚き暴れても平気です。

体表には顆粒があって、体色は灰色で地味なので、人気のほどはかなり低いと思いますが、一部にはスネールの卵を食べてくれるからとタンクメイトにされている場合もあるようです。私もたくさん増やすことが出来た暁には、グッピー水槽に入れようかと考え中(取らぬ狸の皮算用)。


いずれにしても、繁殖・累代飼育はさほど難しくないようですが、累代飼育するだけのモチベーションがキーポイントとなりそうです。1種入魂といきたいところですが、1種だけだと煮詰まりやすく続かないことがあるし、いくつかの生き物を飼育しているとある程度分散されて良いのですが、ついついあれもこれもと手を出しがちになるのが欠点。でも、今は限られた生き物しか飼えない環境ということもあり、新しい生き物をあれやこれやと思う気持ちが無くなったのは幸いかも知れません。

そういう矢先、1匹が水カビ病で逝きました。一気にモチベーション急降下。やる気が出ない。私は病気になった生体を何とかしてあげようという気持ちがない。確かに薬で治る可能性もあるけれど、そんなことはせずに自然に任せる。自然界ではもっと生き残る数は少ない。だからといって飼育している生き物の命を粗末にして良いのかと宣う人もいるでしょう。生き物を飼う資格が無いという人もいるでしょう。しかし、生き物はいつか死ぬし、元気にしていても翌朝死んでいることもあるのです。
2017/01/30 21:18 カエル TB(-) CM(0)
遠藤周作原作、スコセッシ監督が映画化したものを観ました。

残念ながら原作は読んでいないので、原作と映画でどう違うのか、同じなのかわかりませんが・・・なかなか見応えがあったのではないでしょうか。(最後の出棺のシーンは、原作に無いそうな。)


ここからは個人的な意見・感想です。
イエズス会の宣教師達がわざわざ日本まで来て、キリスト教を布教したわけですが、一部の日本人はなぜあれほどまで頑なにキリスト教を信仰したのでしょうか? 仏教では救われなかったのでしょうか。信仰の自由はあって当然なのですが、自分の命を犠牲にしてまで守り抜かなければならないものとは何なのでしょうか? キチジローの様に踏み絵を踏んだり、十字架につばを吐きかけても、主イエスキリストは許してくれるのではないのでしょうか? 信仰というのは心の内なる所に存していて、誰にも侵されないものであると思うのですが・・・。もちろん日々のお祈りなどもするに越したことはありませんが、行き過ぎると極端な方向・考えに陥るおそれがあるのではないでしょうか。

キリスト教徒からすると仏教は宗教でないのかも知れませんが、日本には仏様以外に八百万の神がいらして、それぞれ都合良く崇めているのです。私個人としては天皇をありがたく崇める気持ちはまったくありません。さっさと天皇制を廃止して共和制にでもすれば良いのではないかと考えています。日本国憲法から天皇に関する条文を削除してしまえば良いとさえ思っています。もちろん第1条の内、国民主権については残す必要がありますが・・・。そうすれば生前退位だの皇室の公務とか宮内庁さえ必要なくなります。その費用で年金などの国民の福利厚生に充てれば良いのではないでしょうか。天皇を崇めたい人たちは、個人的に奉れば良いんじゃないかと。

話は大きく逸れましたが、ダンテの神曲でも書かれていますが、キリスト教は一神教で神が絶対的なわけで、キリスト教以外は邪教で、それらを信仰する人は地獄に落ちるというなんとも自己中心的な考えの宗教でしょう。それに人間は生まれながらに罪深い存在であるなんて、どういうこと? こんな宗教では、誰も救われないですね。

まあ、日本も大多数は仏教に関わっているのですが、実際に仏教徒と呼べる人はごくごく一部でしかないのだと思います。仏壇があるので朝夕のおつとめ(ご飯を供えて線香と蝋燭をともす)くらいのことはする家もあるでしょうが、わたしも仏教徒ではありません。家が○○宗のお寺の檀家であるというだけです。

日本は沼だ、キリスト教が根付かない文化の国・・・深い底なし沼だ! だからクリスマスハロウィンもイースターも消化せず何でも飲み込んでしまう。あな、おそろしや。
2017/01/29 21:08 未分類 TB(-) CM(0)
ドワーフツメガエルとか、コンゴツメガエルとかの名前で流通しているカエル。

DSCF3875.jpg


このカエルのおきまりのポーズ

DSCF3879-2.jpg

生赤虫とかイトミミズを与えると良いけれど、キープするのはイヤ! 乾燥赤虫とか乾燥イトミミズは浮いてしまうので食いは良くない。慣らせば何とかなると思うけれど面倒くさい。そうなると当然沈下性の人工飼料を使うことになる。

これ! 中身は「キャット」と全く一緒。そのように袋の裏面にも書いてあります。
DSCF3887.jpg

粒は小さい。約2.5から3ミリほど。
DSCF3877.jpg

でもこのカエルには大きすぎるので、4つにカットして小さくする。
DSCF3878.jpg

まあそれなりに喜んでくれたようだ。この手のカエルにエサのやり過ぎは禁物です。

[広告 ] VPS


DSCF3876.jpg
DSCF3886-2.jpg

ちなみに水槽は30センチ規格水槽で、フィルターはテトラのブリラントフィルター、ヒーターはジェックスのスタンディ36(26度固定)、水草ウォータースプライトほか各種適量を浮かべています。
DSCF3888.jpg

当然、繁殖・累代飼育を目標にしています。ざっと見たところ、2ペアいるようです。
2017/01/27 23:01 カエル TB(-) CM(2)
ガステリア

品種名は忘れました。10年ほど経ってもこんな感じで、新しい葉が大きくなると古い葉が枯れるので、あまり代わり映えはしないです。そこそこの値段だったように記憶していますが、人によってはこんなの二束三文の種類だと思われるかも。ショップで勝手にいろいろな名前をつけて売られていたりします。何か小難しい名前が付いているだけで数千円から1万円以上するものまであります。これは名無し(失念した)なので・・・値段なんてあってないようなもの。欲しい人ならいくらでも出すし、興味の無い人には100円でもいらないでしょうね。

臥牛のはずですが、ざらざらタイプではなく、ほとんどつるんとしていますが、実際には白斑が入っているところが少し盛り上がるのです。割れが生じているのはご愛敬。

DSCF3868.jpg

牛が寝転んでいるように見えるから臥牛というネーミングらしいですが、そんなふうには見えないのですが・・・・どこからどういうふうに見れば牛に見えるのでしょうか?

DSCF3867.jpg


これに限らず、万像とか玉扇とか、根が太長いので、深鉢がいいですね。

DSCF3869.jpg
2017/01/26 22:13 多肉植物 TB(-) CM(0)
床材交換して40日ほど経過しました。

蓋を開けるとその振動や空気の動きを察知して隠れてしまうので、ほとんど写っていないですが、ぼちぼちいます。(石膏ボード片の分の量を見れば何となくわかる人にはわかる)
DSCF3857.jpg

若干乾いた場所の方がお好きなようです。しっとり湿っているのは苦手か?
DSCF3858.jpg
2017/01/22 14:34  TB(-) CM(0)
寒い時期のムネアカオオアリは、ほとんどじっとしていて給餌の必要もありません。

DSCF3856.jpg

昨年いろいろ石膏巣を試してみましたがあまりうまくいかなかったというのが正直なところです。


クロナガアリは寒い時期でも少しは活動しています。シングル石膏巣とダブル石膏巣があります。元々は2女王アリ1コロニーだったものを分割しました。広ければそれなりに増えるのも早い気がします。たまたまダブルの女王アリがよく産卵するだけだったのかもしれませんが・・・。

DSCF3853.jpg
DSCF3854.jpg


キイロシリアゲアリはほぼ放置状態です。今日、メイプルシロップを入れておきました。うまく育てている人なら爆発的増殖も可能なのでしょうが、うちではこんなものです。暖かくなったらエサに工夫をしてみますかね。

DSCF3865-3.jpg
DSCF3866-2.jpg
2017/01/22 14:13 アリ TB(-) CM(0)
古い話題で恐縮です。

昨年2016年11月19日(土) 20時からNHKのBSプレミアムで横溝正史の「獄門島」の放送がありました。

その少し前に私は獄門島を読了したばかりだったので、どのような仕上がりになっているのだろうと関心を持ってみました。

大部分かなり原作に忠実に描かれていました。

しかし、最後の最後になって長谷川博己演じる金田一耕助が、気が狂ったごとくに笑いながら獄門島の事件の全貌を語ったのでした。

これにはがっくりしました。

199999130403.jpg

横溝正史の最高傑作といわれている「獄門島」ですが・・・。

2017/01/21 14:59 未分類 TB(-) CM(2)
我が家のハエトリグサ。

すっかり枯れてしまいました。

DSCF3836.jpg

枯れたのが防寒材の役目を果たしているようにも思えます。黒く枯れた葉の下で小さな葉が元気に緑色をしています。
DSCF3837-2.jpg
2017/01/21 14:45 ハエトリグサ TB(-) CM(0)
ムカゴを蒔いて3週間ほど経過しました。

プルケラ
DSCF3838.jpg
DSCF3838-2.jpg

ニチヅラ
DSCF3839.jpg
DSCF3839-2.jpg

不定芽が出てきていますが、これからうまく育つのか、失敗に終わるのか?
2017/01/21 14:04 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
すっかり花も終わり・・・

リトープスたち
DSCF3841.jpg
DSCF3842.jpg
DSCF3845.jpg
DSCF3846.jpg
DSCF3850.jpg

コノフィツムたち
DSCF3843.jpg
DSCF3847.jpg
DSCF3848.jpg
DSCF3849.jpg

それぞれの名前は省略。

幾鉢か撮り忘れているけど、どうでもいいや!
2017/01/20 19:57 リトープス TB(-) CM(0)
昨日朝にピクッとやらかしたのですが、その日は「少し痛いな」くらいで仕事に行きました。

しかし、帰宅する頃には歩くのも困難なくらい痛みがひどくなり、何とか気力で家までたどり着きました。

今朝はトイレに行くのも壁伝いという状況。

仕事を休み、痛みが少し落ち着いたタイミングを見計らって医者に診てもらいました。

まあ、よくある椎間板ヘルニアだろうとの診断。しかし、痛みが続くようなら内臓の病気も・・・

DSCF3851.jpg

コルセットと痛み止めの飲み薬を処方してもらいしばらく様子見。
2017/01/19 23:48 未分類 TB(-) CM(0)
ボケが咲くには後一月ほど必要でしょうか?

それでも蕾にはしっかり色が乗ってきています。

DSCF3840.jpg

開花すれば覆輪の桃色一重が咲くはずです。

ウメの後はロウバイが咲いてくれると1月から4月まで連続して花が楽しめるのですが、残念ながら我が家のロウバイはまだ1年生。あと2年くらい経過しないと花が咲くまでにはならない見込みです。
2017/01/19 21:44 その他植物 TB(-) CM(0)
紅冬至もおおむね満開か?

DSCF3830.jpg


花を近づければ結構香りがします。

DSCF3831.jpg
2017/01/18 23:41 その他植物 TB(-) CM(0)
いつもベランダから見える景色。

若干ズーム倍率が違うけれど、おおむね同じような景色。

でも、天気によって気分というか気持ちが大きく違う。
DSCF3818.jpg
DSCF3828.jpg

先週末から全国的に大雪で、私の住む町も雪景色となりました。金曜の夜から本日午前中の4日ほど降雪はあったものの、幸いにして積雪はそれほどでなかった。

しかし、降雪によって徹夜の仕事にかり出されることとなり、ぐったりである。
2017/01/17 20:46 未分類 TB(-) CM(0)
梅と桜の間の花が無いのが寂しいと思っていたので、こんなのを買いました。

DSCF3807.jpg

夕暮れ時にスピードライトをたいて撮影したので陰がばっちり写っているのはご愛敬。

ボケです。品種は「富士の嶺」。某HPでは「安田錦の枝変わり。桃色地に白覆輪紅絞り、一重中輪。早咲き性。昭和55年加藤悦郎作出、日本ボケ協会登録品種01。」だとか。

これもピンク系です。2月末から3月頃開花するそうです。

2017/01/10 22:13 その他植物 TB(-) CM(0)
元旦に開花したその後。

DSCF3804.jpg
DSCF3801-2.jpg
DSCF3806.jpg

サクラのように一気に満開なんてことはなく、幹から梢へと徐々に開花する。個人的嗜好として紅梅は色がどぎつすぎるのでピンクくらいがちょうど良い。

寒い時期なので当分咲いているのだろうが、御殿場桜が咲くまでの間の繋ぎの花がないのが寂しいところ。以前は桃が一鉢あったが今はない。

東風吹かば思いおこせよ梅の花 主無しとて春な忘れそ  菅原道真
2017/01/09 15:59 その他植物 TB(-) CM(0)
昨日は近江神宮で競技かるた名人位・クイーン位決定戦が開催されました。

個人的には競技かるたにはそれほど興味はありませんが、百人一首は結構好きです。

DSCF3759.jpg

今日買ったわけではなく、年末に買ったのですが、小学生でも読めるようにすべての漢字にルビが振ってあります。

「事典」とあるように、歌の解説や作者はもちろん、部立てやどの勅撰和歌集からの作品なのかなどもりだくさんでわかりやすい本です。

2017/01/08 01:21 未分類 TB(-) CM(0)
12月23日に量販店で掃除機とともに購入したブツが年明け7日目の本日ようやく取り付けてもらえました。

DSCF3802.jpg

ガラストップのごく普通のビルトインコンロです。最近では天板操作パネルとかも流行っているようですが、そんなのは必要ないです。グレードが高くなるといろいろな機能や装備などが増えますが、そんなのほとんど必要ないです。オート機能というのが付いていますが、どうもあまり信用できない気がします。使いこなせばそれなりに便利なのかもしれませんが・・・。

我が家にもスチームオーブンレンジがありますが、ほとんど温める電子レンジ機能だけでほかの機能は年に1回使うかどうかくらいです。

多機能な方が良い物もありますが、結局使いこなさずに宝の持ち腐れ状態になることが多いような気がします。

2017/01/07 20:29 未分類 TB(-) CM(0)
2日の日没後、月と金星が接近。

DSCF3797.jpg

明日3日は火星と接近するそうです。


2017/01/02 19:21 未分類 TB(-) CM(0)
お正月に限らず、年々季節感というか情緒が失われつつある一方で、ハローウインだのイースターだの外国のお祭りを意味もわからずどんちゃん騒ぎする日だと勘違いする嘆かわしいこの国はもうおしまいなんでしょうかね?

さて、そういう私はというと2017年元旦だからといって何にも変わらない日常を今日も過ごしています。

今日は日本海側を除いてかなりのところで初日の出が拝めるのではないかとの天気予報でしたが、私の住むところではちょうど日の出時刻前後で雲がかかりあいにくの気象条件でした。しかしながら、雲の合間からわずかながら初日の出が見られました。
DSCF3789-2.jpg

時間にして1分ほどでしょうか。あっという間に雲に覆われてしまいました。
DSCF3790.jpg

午前10時頃には穏やかな晴れとなりました。この時期、太陽高度が低いので、バルコニーの奥まで日差しが届き、私のささやかなベランダ園芸スペースを明るく照らしてくれます。年末にもうすぐ開花するだろうと記事にしていた紅冬至が元旦に咲きました。
紅冬至ならぬ紅元旦と言ったところでしょうか。
DSCF3791.jpg
DSCF3792.jpg
DSCF3793.jpg
DSCF3794.jpg
DSCF3795.jpg

梅一輪一輪ほどの暖かさ (服部嵐雪)


2017/01/01 11:56 未分類 TB(-) CM(2)
百人一首