栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

仕事をしていると、年度の区切りとして3月31日が締めくくりの日となります。

当然のことながら、定年退職される方々もいらっしゃるわけです。

最後の挨拶で、定年退職される方は、晴れ晴れとした気持ちであると述べられました。

楽しい内容でしたが、年をとったせいか、涙が出そうになりました。年をとったものだと感じた一瞬でした。

2016/03/31 23:07 未分類 TB(-) CM(0)
ようやく孵化し始めたようです。

P3260002.jpg

一気に卵から幼虫になっていくんでしょう。

早くワーカーとなってもらって、女王アリは繁殖に専念できる環境になることを望みます。

2016/03/26 21:42 アリ TB(-) CM(0)
月曜日の記事でメスは性成熟しているはずと書きましたが、やはりそのとおりでした。


ご覧のとおりで、産卵していました。
P3230005.jpg


オスはもう枯れてしまっているかもと思っていましたが、現役続行中ということで、産卵したメスとは別のメスと合体する元気のありようでした。見慣れた光景ではありますが、器用に交尾するものだと感心します。
P3230004.jpg
P3230002.jpg

これで少しは生き物飼育にやる気が出れば良いのですが、どうも気分が重いです。
2016/03/23 21:00 ハサミムシ TB(-) CM(8)
なかなか孵化しませんね。それでも少し卵が楕円形になってきているので、もう少しすれば幼虫になるかもしれません。

P3230001.jpg
2016/03/22 21:01 アリ TB(-) CM(0)
床材も新しいものに取り替えてさっぱりしたのですが、今のところ全然繁殖する気配はありません。

たぶん、オスはもう「出がらし状態」なのかもしれません。
P3140004.jpg

メスはそれなりに成熟しているようですが・・・
P3140007.jpg
P3140009.jpg
2016/03/21 13:11 ハサミムシ TB(-) CM(0)
コウヤノマンネングサの新しい葉が少しずつ展開していますが、茎部分のように一気に成長するわけではなく、のんびりした成長です。

P3190025.jpg

葉っぱ部分は、まだこれだけしか展開していません。椰子の木のようになるのはいつのことでしょうか?
P3190024.jpg


一方、カサゴケも新しい茎が伸びてきています。

P3190023.jpg

その特徴的な茎の部分はご覧のとおり毛深いのです。

P3190021.jpg

2016/03/21 13:06 その他植物 TB(-) CM(0)
アンプラリアと同じく、放置状態でした。セファロタスはできるだけ触らず放置しておくのが一番言いようです。

少し大きくなって株分けできそうだと思ってついついやってしまうと、かなりの確率でダメになってしまうのです。もちろんうまく株分けできて、その後問題なく育つ場合もあります。その代表例がこちら
cepDSCF2522.jpg

大きめの株の上側と右斜め上に写っている小さな株がうまく株分け後活着したもの。
cepDSCF2517.jpg

それ以外の状態もまずまず。
cepDSCF2520.jpg
cepDSCF2521.jpg

ジャイアントはと言うと・・・・まあこんなもんですかね。
cepDSCF2519.jpg

今は、普通葉がよく出る時期です。

いずれの鉢にも苔が生えてきていたので除去しておきました。それから枯れた袋や葉っぱを取り除いておきました。
2016/03/21 13:00 セファロタス TB(-) CM(0)
ほぼ放置状態ですが、セファロタスと一緒に水草栽培していますので、セファロタスのメンテのついでにこちらも簡単にメンテナンスしておきました。

メンテと言っても枯葉の処理くらいですが・・・

neDSCF2516.jpg

よく見ると脇芽が出てきています。
neDSCF2515.jpg
2016/03/21 12:52 ネペンテス TB(-) CM(0)
リトープスのように脱皮とかまで進んでいません。

40年に一度の寒波でも影響はほとんど無かったですが、昨年の雨と暑さはかなり影響がありました。

今年はどうでしょうか?

conoDSCF2500.jpg
conoDSCF2501.jpg
conoDSCF2502.jpg
conoDSCF2503.jpg
conoDSCF2505.jpg
conoDSCF2507.jpg
conoDSCF2506.jpg
conoDSCF2509.jpg
2016/03/21 12:34 コノフィツム TB(-) CM(0)
リトープスはそろそろ脱皮が始まっているものも出てきました。

rithoDSCF2496.jpg

福来玉は2重脱皮どころか3重脱皮・・・・
rithoDSCF2497.jpg

それ以外はまだの様子。
rithoDSCF2498.jpg
rithoDSCF2499.jpg
rithoDSCF2504.jpg

里帰りしてきた我がしろたん.玉も元気いっぱいです。
rithoDSCF2508.jpg
2016/03/21 12:30 リトープス TB(-) CM(0)
ハエトリグサ3園芸品種ともに40年に一度の寒波ももろともせず元気にしています。まあ、もともとノースカロライナ&サウスカロライナあたりが自生地なので、寒さには強いので当たり前と言えば当たり前。

シャークティース
deDSCF2511.jpg

ブリストルトゥース
deDSCF2513.jpg

レッドピラニア
deDSCF2512.jpg
2016/03/21 12:21 ハエトリグサ TB(-) CM(0)
先週の記事でそろそろ活動を始めたと書きましたが、昨日今日と寒くなり一進一退の状態です。

寒いですが、それなりに活動し始めているので、タンパク質系のエサを与えるのがよろしいかと考えたのですが、手元にあるのは「キャット」、「乾燥イトミミズ」、「乾燥赤虫」、卵黄粉」くらいしかありませんが、いずれも食いはいまいちでで他に何か無いかと考えていました。

部屋を整理していると、以前トカゲ飼育に使用していた「リザードフード」が出てきました。早速水でふやかして与えてみました。

P3120021.jpg

意外に食べているようです。どんなエサでもそうでしょうが、同じものばかり与えていると飽きる傾向があるようです。

少しはタンパク質系のエサが女王アリに届けられて、今年も順調にコロニーが大きくなってくれることを期待しながら観察していました。

2016/03/12 13:27 アリ TB(-) CM(0)
2012年10月12日にリリースされたゲームで、ターン制ストラテジーに分類されています。

「劇的な連続アクションと地上戦が、戦術ターンを用いたゲームプレイ」というセールスコピー。

title01.jpg

初心者なので一番簡単な難易度イージーでプレイしてきました。

最近は、何事にも意欲が湧かず、年末セールで購入してちまちまとプレイ、こまめにセーブ、何度もリロードしてようやくエンディングまでたどり着きました。昔のように元気があれば、上位難易度にチャレンジしたり、第二波(ランダム要素)でプレイするのですが、一番簡単なモードでもヘロヘロになりました。気が向いたら時々プレイしても良いかなと思えた良作だと思います。

このゲームの続編「XCOM 2」が今年2月5日にリリースされましたが、初期値7000円とお高く、そこまでしてプレイする元気もないので、そのうちセールになったらプレイしてみようかなと思っています。

最高難易度の「インポシブル」をアイアンマンモードでクリアできる人なんているんですかね?
DSCF2491.jpg
DSCF2492.jpg
DSCF2493.jpg
DSCF2494.jpg
2016/03/12 13:11 未分類 TB(-) CM(0)
以前、「柱時計の調整やっと終了?」と言う記事で柱時計のことを書いて以来ですが、それ以降、何度か調整してきましたが、どうもうまくいかずに、ご機嫌を取りながら動かしてきました。

しかし、先週、動力側のゼンマイを巻いて、振り子の調整をしてからどうもすぐに止まってしまいます。どうにもこうにもならないので、久しぶりにある程度ばらして再調整をはかることにしました。

DSCF2484.jpg

本体部分の構造としては、至ってシンプルです。販売元のセールスコピーでは「ドイツトップメーカー仕様」と言うことになっています。メンテはしやすい構造です。

不具合の原因は、ガンギ車とアンクルのかみ合いというか、アンクルの左右の動きのバランスが悪かったためです。そのため、時計自体をちょっと斜めにかけないとうまく動かなかったのですが、調整してからは垂直にかけてきちんと時を刻むようになりました。それからガンギ車もちょっと調整が必要かもしれません。

DSCF2490.jpg

それから、ウズボンとハンマーの微妙な位置調整をしました。これにより、音色というか鳴り具合、音の大きさがグッと良くなりました。
2016/03/06 14:20 未分類 TB(-) CM(0)
最近では生き物飼育もアリとハサミムシとワラジムシだけとなりました。

ワラジムシはほぼ放置プレイで時折エサとなるものを入れてあげるだけですし、ハサミムシはまだ寒くて繁殖しませんので、死なない程度にエサをあげるだけです。

アリたちも寒さでまだほとんど活動していなかったのですが、昨日はかなり暖かくなって、ムネアカオオアリも活動を開始しました。

DSCF2486.jpg

アントルームで販売されている「アントサプリメント」と呼ばれる総合栄養食を水に溶いて与えました。合わせて乾燥イトミミズも少量入れておきました。

DSCF2488.jpg

早速、摂取しに3匹がエサ場に出てきました。

液状のものの方が好みなので、乾燥イトミミズは少し食べているだけのようでした。


石膏巣(蟻マシーン2号ミニ)をくまなく観察していると、なにやら白い塊が見えました。

P3040006.jpg

ひょっとして卵かなと思い、よくよく観察してみると幼虫でした。アリ飼いの人にとっては珍しくないのかもしれませんが、地面というか、巣穴の下面で幼虫の世話をするのが普通だと思っていた私には、巣穴の天井側で幼虫の世話をしているのには驚きました。

蟻の幼虫にはたくさんの毛が生えていて、この体毛のおかげで直接地面に触れない(雑菌などがつかない)ようになっています。幼虫自体かなり小さいので、孵化してそれほど時間が経過していないのかもしれません。

P3040008-2.jpg


今シーズンは、どれくらいコロニーが大きくなるか楽しみです。
2016/03/05 09:21 アリ TB(-) CM(4)
先週記事にしたところでそんなに変化はありませんが、記録しておいて損はありませんので・・・。

先週の段階では数個程度だった卵ですが、少しずつ卵の数が増えているようです。

P3030008.jpg


上からではいまいちですが、ちょうどケース側面に卵を集めて世話しているようなので・・・

P3030009.jpg

こうしてみると観るとよくわかります。30個以上あります。働き蟻が誕生するのはいつになるでしょうか。

少しだけ楽しみができました。
2016/03/04 01:13 アリ TB(-) CM(0)
前回の記事から4週間経過。

特に変わったこともありません。

何匹か里帰りしましたが、まだそこそこの数がいるので、春暖かくなってきたら増えていただくことにしよう。

P30100096.jpg

ほとんど放置プレイですが・・・。
2016/03/03 21:13  TB(-) CM(0)
百人一首