飼育観察・栽培などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2015年12月
 
2015/11 2015/12 2016/01
先日の記事に書いたとおり、左踵が痛くて、外に出るのが億劫な日々を送っています。

今年を振り返っても特段良いことも悪いこともない1年だったので、改めて振り返る必要も無いのですが・・・・。

仕事では、勤務地が近くなって良かったのですが、筋悪な仕事ばかりで、うんざりでした。

生き物飼育に関してはホソワラSWとクマワラORGの2種、ムネアカオオアリとクロナガアリの2種、オオハサミムシ、ヤマトシロアリのみとなりました。やはり生き餌しか食べないとか、食草をいつも用意しなければならない生き物を飼育するのには、それなりのエネルギーとお金と気力・体力が必要で、今の私にはそれらの要素がほぼありません。

ワラジムシは何となくキープです。

アリは春から秋までしっかりエサを与えておけば、寒い時期はほとんどすることもありません。今は退屈な時期です。

シロアリは、肉食性アリのためにキープしてみましたが、アリのように様子を観察できる環境を造ることが困難で、残念ながら飼育するおもしろみは少ないです。
DSCF2325.jpg

私にとって、生き物を飼育しているという実感は、オオハサミムシが一番です。今年10月16日に自然採集した1ペアが産卵して、その卵から孵った子供たちが産卵するのに2ヶ月半(70~80日)という期間で新しい世代が誕生するので、累代飼育を体験するにはほどよいと思います。何年もかけて難しい繁殖をさせるというのはうれしさも一入でしょう。そんな人を尊敬しますが、今の私には難しいです。

植物栽培の方はというと、年末にいくつか苔採集して100均のキャニスターボトルに植え付けたくらいで、目新しいこともなくたんたんとしたルーティーンです。

苔というのは基本的に年中緑ですし、あまり光を要求しないので室内での栽培に向いています。ここ何年かで苔テラリウムも一般的になってきました。通常の植物のように花が咲いたとか変化はほぼない(サクができたなどある)ので退屈に思う人もあれば、癒やされるという人も。
DSCF2245.jpg
DSCF2246.jpg
DSCF2247.jpg

とりあえず、一区切りと言うことで何となく書いたけれど、明日になれば何かが変わるということもなく、日々を過ごしている今日この頃でした。

願わくば、早く左踵の痛みが取れてほしいものです。

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。
DSCF2326.jpg
2015/12/31 11:57 未分類 TB(-) CM(0)
私が心配していたとおり、産卵してしまいました。

PC310001.jpg

誰がこんな寒い時期に産卵すんねん! 自然下だったら、寒さで交尾とか産卵とか、そもそも活動すらできない時期なのに、なんでよりによって年末のこの時期に・・・・。

まあ、産んでしまったものは仕方ないとして、今いるおや以外のハサミムシたちをどうするか考えないといけなくなったのが面倒くさい。

生き物を飼っていながら、「面倒くさい」というのは全く持って飼育者の身勝手とは承知していますが、なかなかこちらの思い通りにならないのが、生き物飼育なのかもしれません。

エサは隔日くらいで与えています。
PC310002-2.jpg
2015/12/30 10:53 ハサミムシ TB(-) CM(0)
前回の記事から1ヶ月が経ちました。

セファロタスは株分けとか植え替えとかすると急に調子を崩す場合があって、少々気を遣うタイプの植物です。逆に言えば、放置状態ならほぼ問題ないということです。

小さいものを3つに株分けしましたが、1ヶ月経過しましたが、状態を維持しています。

DSCF2253.jpg

調子が悪いと、株分け後すぐに黒くなってきてダメになるのですが、今回はきれいな緑色のままです。


そのほかの鉢も今のところ問題ありません。

DSCF2252.jpg
2015/12/28 10:30 セファロタス TB(-) CM(0)
12月20日の夜に左踵をコンクリート面に強打して、痛めてしまいました。1週間ほど経過しましたが未だに痛みが続いています。

幸いにして、骨折とかヒビなどは無かったのですが、骨挫傷との診断。安静にしておくのが良いようですが、仕事もあるし、家でもすることはいろいろあるので、じっとしていられません。

当初は松葉杖をついていましたが、今では杖なしで歩けるまでに回復してきましたが、踵周辺の痛みはまだ続いています。少しずつつ和らいでは来ているものの、そう簡単には直らないようです。

基本的には自然治癒を待つしか無いようです。湿布薬ももらいましたが、全く効果はありません。

何とか踵をつけて歩くこともできるようになってきましたが、足が冷えると痛むし、ある程度の距離になると痛みが蓄積されてくるしで、結局左足はつま先で歩くことになってしまいます。

いつもなら、冬でも家の中は裸足なのですが、踵が痛むのでルームブーツでカバー中です。
DSCF2327.jpg

年をとると治りが遅くなってくるものです。今になってそれを痛感する毎日です。
2015/12/27 23:59 未分類 TB(-) CM(0)
今日もオオハサミムシの記事。

昨日、4匹いる写真をアップして、1匹のオスと3匹のメスと書きました。その後、乾燥川エビとミルワームのさなぎをエサ入れに入れておきました。

今日、エサの食べ具合を確認すると、さなぎは全部食べていました。

そのとき、エサ入れのそばにいる2匹のオオハサミムシをふと見ると、なんと2匹ともオスでした。

PC270002.jpg

3匹の内の1匹がオスだったのかなと容器の側面や底面を確認すると、メスらしき個体は3匹確認できました。

ひょっとすると、5匹以外も外から見えない場所で、他にも居住用穴を造っている個体がいるかもしれません。

写真を見てもらえればわかるとおり、2匹目のオス(右上)はやや小さい個体です。大きなオスが優先的にエサを食べることで、このような体格差が生じるのではないかと思われます。

累代繁殖させるのであれば、小さいオスはメスと交尾しないよう別容器に移動させた方がいいのでしょうが、そこまでするのが面倒・・・・。自然に淘汰されるかも・・・。
2015/12/27 12:48 ハサミムシ TB(-) CM(0)
ピグミーモウセンゴケのニチヅラとプルケラですが、ムカゴをつけ始めました。

この冬は、きっちりムカゴを蒔いて発芽させたいと思います。

PC250001-2.jpg
PC250002-2.jpg
2015/12/27 06:05 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
オスは、最初の1匹だけのようです。

残りはメスばかり? 

PC260005.jpg

まあ、オスは1匹いれば十分。複数匹だとケンカして、最悪両方ともケガで死んでしまう恐れもあります。

同じ穴に入っているのは、ペアでしょう。残り2匹のメスも良い体格しているので繁殖するといいんですがね。
PC260004.jpg
2015/12/26 16:13 ハサミムシ TB(-) CM(0)
毎年のことですが、年末年始はどこへ出かけるでもなく、1日中家にいることが普通です。

テレビもくだらない番組が多くて見る気もしません。

仕方ないので、暇つぶしにビデオゲームを少しだけするのが恒例行事みたいなものになっています。

STEAMでクリスマスセールならぬウインターセールをやっているので3つほど買いました。

xcom.jpg

その中の1つ、XCOM Enemy Unknownがわりとおもしろいです。

2012年10月12日にリリースされたので、少々古いのです。
忙しいリアルタイムと違って、ターン制ストラテジーなので、ゆっくりプレイできるのがありがたいです。

これで当分遊べそうです。
2015/12/26 14:49 未分類 TB(-) CM(0)
今年の1月2日以来のフォーカリア”怒濤”

DSCF2243.jpg


根元がうまく撮影できないのですが、大元の茎から枝分かれみたいに3つになって、それぞれに花がつきました。
2015/12/25 19:35 フォーカリア TB(-) CM(0)
メスも成体が現れました。

DSCF2237.jpg
PC230007.jpg
PC230009.jpg

この世代がまた繁殖して、次の世代へ命をつないでいってほしいところですが、冬期なので変なタイミングで交尾・産卵されても困るところです。

万が一産卵してしまったら、保温を考えなければなりません。困った!
2015/12/23 17:27 ハサミムシ TB(-) CM(0)
スギゴケはこんなふうに伸びていくのだというのがわかりました。

PC190003.jpg

スギゴケの庭では、時々、草履(もしくはそこの平らな履き物)で踏むと見聞きしたことがありました。確かにこの調子で伸びると管理が大変なはずです。

2015/12/22 22:21 その他植物 TB(-) CM(0)
先日、採取したカモジゴケの一種。同定はできないのですが、全体はこんな感じです。

PC190006.jpg

全長は約4センチ。

ただそれだけのことです。

シラガゴケってのは間違っていましたかね。
2015/12/21 21:18 その他植物 TB(-) CM(0)
9月末から飼育開始したオオハサミムシですが、すでに子虫が成虫になりました。といっても成虫になって1週間くらい経過しています。

PC140005.jpg

他の個体は亜成体のようですが、まもなく成虫になるでしょう。

2015/12/19 10:26 ハサミムシ TB(-) CM(0)
今日の午後、近くの丘陵地の林へ、苔を見つけに出かけました。

前回の場所と違って、モウセンゴケなどが自生している近くと言うこともあるのか、山自体がやせた土地なのか、苔の種類が少なく感じました。

谷筋なども見て回りましたが、ヒノキゴケなどの大型コケは全く見つかりませんでした。

手ぶらで帰るのもおもしろくないので、とりあえずこんなのを少しだけいただいて帰りました。

 ↓ こんな感じで自生しています。
IMG_0333.jpg

 ↓ アップで・・・
IMG_0334.jpg

帰ってから、いつものビンに入れました。植え付け後に霧吹きしたので、白髪感はやや薄れて緑がきれいですが、少し乾燥気味にすれば、きれいに白っぽくなります。
PC180009.jpg

私は、美的センスがないので、このように1種ずつ植えるのがよろしいかと思います。
DSCF2234-2.jpg

寄せ植えは、作る前からある程度レイアウトを考えて必要な苔を集めないと、どういうコンセプトで作ったのか全くわからないものになってしまいます。
これは、水草水槽をイメージして作りました。私の中ではそれなりにまとまりのあるものになりましたが、さらに石(岩)を配するとなお一層趣のあるものになると思います。
DSCF2225.jpg
2015/12/18 22:26 その他植物 TB(-) CM(0)
コウヤノマンネングサは栽培状態がよければ、どんどん新しい芽が伸びます。

 ↓ 12月4日とは別に11月下旬に導入したコウヤノマンネングサ。小さな新芽がちょこっと出ているだけでしたが・・・
IMG_030127.jpg

 ↓ 1ヶ月弱で、こんなに伸びました。
PC19990002.jpg

2015/12/17 21:05 その他植物 TB(-) CM(0)
富士通の楽勝かなと思っていたのですが・・・・・。

DSCF2230.jpg

4Qになってまさかの逆転。
DSCF2233.jpg

パナソニックの勝利。
DSCF2232.jpg

さあ、1月3日のライスボウルが楽しみになってきた。
2015/12/14 21:53 未分類 TB(-) CM(0)
今日は学生チャンピオンを決める甲子園ボウルの日でした。
いつものことですが、私には自由というものがなく、甲子園で観戦など夢のまた夢です。

今回もテレビ観戦が精一杯でした。

DSCF2229.jpg

今、一時的なブームのラグビーは、西弱東強ですが、アメフトでは西強東弱なので、立命の楽勝だろうと思っていました。事実2Q途中までは21-7で立命が勝っていたのですが、3Qに早大が一気に追い上げ一時逆転されるも、再逆転。その差は1点。

28-27で4Q終了3秒前に早大がフィールドゴールを決めれば、逆転勝ちとなる場面。キックするのは50ヤード越えのゴールを決めたこともある佐藤選手。これは絶体絶命のピンチ。と言うか、負けた・・・と思いましたが、立命側のプレッシャーがよかったのか、単にキックがまずかったのか、早大側からすれば無情にもゴールポスト左側に逸れてしまいました。

かろうじて勝利した立命館。RB西村選手のランプレイが光りましたが、ミスが目立ちました。(関西学院との戦いでもそうでしたが・・・)

明日は、社会人日本一を決めるジャパンXボウル。また、富士通が勝のかな。

1月3日はライスボウルですが、今の立命では、社会人には勝てそうにありませんね。(あくまでも個人的感想です。)
2015/12/13 18:42 未分類 TB(-) CM(0)
レンタルでMemento(ブルーレイ版)を観ました。

10分間しか記憶が保てない前向性健忘の主人公が、妻の敵を討つというもの。

前向性健忘のため、ポラにメモったり、体に刺青でメモする。

そして、特筆すべきは時間をどんどんさかのぼっていくというストーリー展開。

話は変わって、今夜は「掟上今日子の備忘録」の最終回でした。

「掟上今日子の備忘録」はMementoのパクリだと一部で書かれています。

確かに、寝てしまうと前の日の記憶がリセットされるという前向性健忘で、体のあちこちにその日のことをメモするなどアイデアについてはパクリと言われても仕方ないでしょう。

しかし、Mementoの主人公は殺人者であり、掟上今日子は探偵。前向性健忘と体にメモるアイデア以外は全く別物。

推理小説なんかはある程度、アイデアは出尽くしている部分があるので、一部だけとらえてパクリというのもいかがなものかと思います。まあ、元ネタ側のフアンにとっては許せないのかもしれませんが・・・。
2015/12/12 23:59 未分類 TB(-) CM(0)
レンタルでインサイド・ヘッドを観た。

大竹しのぶは好きになれないな。

ヨロコビはしゃべりすぎか。

アイデアとしてはまあまあか。

映画館で1800円払って観るほどではないな。
2015/12/11 22:12 未分類 TB(-) CM(2)
10月26日の記事(http://hidecco.blog.fc2.com/blog-entry-1230.html)で紹介した「進化とはなんだろうか」という本を読み終わりました。

内容はわかりやすくていいのですが、分野にやや偏りがあるのと、若干尻すぼみな感じを受けました。ジュニア向けの新書でページ数も限られているので致し方ないのでしょうが、少し残念でした。
2015/12/08 19:59 未分類 TB(-) CM(0)
今日は図書館や美術館のある文化ゾーンへちょっとだけ行ってきました。

竹林を抜けて・・・
DSCF2108.jpg

池の畔に出ました。
DSCF2105.jpg

金曜日の寒さのためか、色づきがよかったです。
DSCF2100.jpg
DSCF2095.jpg
2015/12/06 21:16 未分類 TB(-) CM(0)
日吉大社は、全国にある日吉・日枝・山王神社の総本宮ということらしいですが、紅葉の名所としてもそこそこ有名です。昨日の寒さもあって、木々の色づきはきれいでしたが、強い風で紅葉などはかなり散っていました。

交通手段としては、京阪電鉄の石坂線の終点坂本駅下車が一番便利です。
DSCF2113.jpg

京都-大阪間を結ぶ幹線と違って石山寺と坂本間のローカル線なので、通常は2両編成で運行されています。
DSCF2216.jpg

こんなラッピングカーも走っています。
DSCF2111.jpg

それはさておき、いざ、日吉大社へ・・・。坂本駅からすぐに石造りの鳥居が出迎えてくれます。
DSCF2214.jpg

この鳥居をくぐって少しいくと西の受付があります。入苑協賛料300円を納めて境内を散策します。
DSCF2205.jpg

さて、この鳥居は前の2つの鳥居(明神鳥居という形)と違って、鳥居の上に山形の装飾があります。これを山王鳥居といいます。
DSCF2191.jpg

日吉大社では猿が神様の使いとされていて、神猿(まさる)くんがいます。これは巨大な絵馬ですが、本物の猿もいます。
DSCF2173.jpg

日吉大社は大きく東本宮と西本宮があり、それ以外にもたくさんの社があります。
↓ 東本宮楼門
DSCF2119.jpg

↓ 東本宮本殿
DSCF2123.jpg

↓ 西本宮楼門 
DSCF2172.jpg

↓ 西本宮本殿 
DSCF2166.jpg

猿にちなんだこんなのもあります。
DSCF2116.jpg

大中小5連続社とか
DSCF2144.jpg
料理人には・・・
DSCF2161.jpg

その他
DSCF2150.jpg
DSCF2148.jpg
DSCF2147.jpg
DSCF2149.jpg

日吉大社のすぐ横には日吉東照宮もあります。こちらでは徳川にちなんだ三つ葉葵の印籠お守りがあります。

日吉大社のある坂本地区には天台眞盛宗総本山の西教寺とか、里坊とか、滋賀院門跡などなど見所満載です。

また、穴太衆積みの石垣も風情があっていいです。
DSCF2208.jpg

また買ってしまいました。
PC040028.jpg
PC040026.jpg
PC040025.jpg
2015/12/05 21:37 未分類 TB(-) CM(0)
予定通り、今日は苔を採集してきました。

場所は県内某所とだけ書いておきます。山持ちの知り合いの私有林ということで、事前に一声かけておけばOKでした。

今日の目標は、大型の苔でヒノキゴケ、ホウオウゴケ、コウヤノマンネングサの3種。それ以外でも目についたものはとりあえず少量を採取して回りました。

とりあえずこんな沢沿いに足を進めます。
DSCF2177.jpg


いろいろな苔が生えていて、あれもこれもとついつい採取しすぎてしまいます。DSCF2137.jpg
DSCF2140.jpg
DSCF2157.jpg

DSCF2124.jpg
DSCF2134.jpg

人にあげたのであらためて苔テラリウムにしようと思っていたヒノキゴケはそこら中に生えていました。
DSCF2186.jpg

それから、苔とは違うのですが、名前に「コケ」がつくコンテリクラマゴケ(紺照鞍馬苔)も生えていたので、少しだけ頂戴しました。下の画像の通りで、通常のクラマゴケと違って青緑な発色で目に鮮やかです。
DSCF2143.jpg

探し続けてようやくホウオウゴケを見つけました。
DSCF2188.jpg

コウヤノマンネングサと思われるものも、最後の最後に見つけることができました。「願えば叶う!」 うれしくて肝心の写真を撮るのを忘れてました。

コケ集めは楽しくてなかなかやめられませんでしたが、今日はこれまでになく寒い日だったので、午後2時過ぎには山は恐ろしく寒くなってきたので帰ることにしました。

あれやこれやでジップロックの中サイズ2袋いっぱいの収穫となりました。
DSCF2217.jpg

いつものように、100均のシルクで蓋付きビンに植え付けましたよ。今回は1つの瓶に1種だけの植え付けにしました。
DSCF2222.jpg
DSCF2218.jpg
DSCF2219.jpg
DSCF2220.jpg

残ったコケは、そのうち寄せ植えにでもします。
2015/12/04 18:54 その他植物 TB(-) CM(2)
百人一首