栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2015年05月
 
2015/04 2015/05 2015/06
本日午前中から晴れていましたので、トウカイコモウセンゴケが開花しました。午後には閉じてしまいます。

DSCF0763.jpg
DSCF0762-2.jpg
DSCF0761.jpg

濃いピンクの花です。わずかな時間しか開いていないのに、よく結実します。こまめに播種してやれば、簡単に増えてくれます。いろいろなモウセンゴケを栽培している人なら、増えすぎて雑草扱いにならないように管理することも必要でしょうが、モウセンゴケとこれだけしか栽培していないのでさほど問題ではありません。

モウセンゴケは白花ですが、開花までにはもう少し時間がかかりそうです。

DSCF0760.jpg


2015/05/31 11:27 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
蓋が開きました。

DSCF0757.jpg
DSCF0756.jpg
DSCF0755.jpg
2015/05/30 06:06 サラセニア TB(-) CM(0)

今日はメープルシロップを与えてみました。給餌間隔がほとんどあいていない状態でしたが、3匹がやってきました。

13094101.jpg


先日、水洗いして綺麗になった方の石膏巣にもアリが入るようになりました。

DSCF0752.jpg


飼育が順調なのでしょう。幼虫も大小様々居ますし、繭もそれなりの数になってきました。早く新しいワーカーが誕生するのを待ちわびています。

P5290041.jpg
P5290042.jpg
P5290043.jpg
2015/05/29 22:05 アリ TB(-) CM(0)
コケテラリウムをいくつか作りましたが、その後の結果です。

DSCF0753.jpg

変な風に苔が伸びてしまい、バランスが崩れて見苦しくなりました。適度にカットするか、あまり縦に伸びない種類のコケで作るのが吉と思われし。

ヒノキゴケ単植は、大きくバランスを崩すこともなく、それなりにまとまったままです。

13094102.jpg
2015/05/28 21:52 その他植物 TB(-) CM(0)
久々にtoritoでこんな物を買いました。

DSCF0745.jpg

7本の同型のバーを組み合わせる単純な木製パズルです。

6本で組上げるとこんな感じです。
DSCF0748.jpg



6本を積み上げただけだとこんな感じですが・・・
DSCF0750.jpg

その中央に残りの1本を入れるとうまく組み上がります。
DSCF0746.jpg

2015/05/27 21:45 未分類 TB(-) CM(0)
1月12日の記事で富士山小紋のがま口を買ったことを書きました。

それなりに使い勝手は良かったのですが、やはり自分のイメージとは「違う」という思いがあり、それからも機会があるたびにチェックしていました。

ネットで買えば早いのですが、やはり実物主義というのか、こういった普段使いのモノは実際に手にとって、使い心地をチェックしないと失敗します。

それで見つけたのがこれ。フォルカーのコインケース。色はもちろん赤!

P5060050.jpg
P5060051.jpg

若干マチもあって、かなり入ります。膨らみすぎないようにしないと・・・。
P5060054-2.jpg
2015/05/25 21:35 未分類 TB(-) CM(0)

特に変わりもなく・・・・

DSCF0736-2.jpg
DSCF0737-2.jpg
DSCF0738-2.jpg
2015/05/24 17:18  TB(-) CM(0)
私の生活圏内では、最近、スーパーでバジルが入手しづらい状況が続いています。

仕方ないので、苗を買って植えました。

DSCF0729.jpg

2015/05/24 13:48 その他植物 TB(-) CM(0)
バリダ

DSCF0730.jpg

やや日照不足か?


2015/05/24 13:45 ユーフォルビア TB(-) CM(0)
ナツメが開花

DSCF0731.jpg
2015/05/24 13:42 その他植物 TB(-) CM(0)
我が家では、午前中を中心に陽が当たり、一日中ガンガン直射日光が長時間当たることはないので、一般的な植物栽培には向いている方だと思いますが、サラセニアには物足りないのかもしれません。

ですから、成長はそれほど芳しくないです。

DSCF0727.jpg
DSCF0728.jpg


2015/05/24 12:23 サラセニア TB(-) CM(0)
「うつぼ錦」という和名を持つアルストニーは、その名のとおりウツボのような葉っぱが特徴です。

DSCF0714.jpg

銀色に輝くウロコのようなものに覆われた葉はとても不思議な感じです。「ウツボ」と言うよりも「メドゥーサ」とか「チンアナゴ」のよう。

非常に成長が遅く、ある程度の大きさにまで育つと、年に数mm程度しか成長しないそうです。この株はまだ直径5センチほどなのでそれなりに成長しているようです。

DSCF0715.jpg

こんなふうに成長しているところは、大きくなった分だけ外皮がさけています。

2015/05/24 12:17 コーデックス TB(-) CM(0)
恵比寿笑い(Pachypodium brevicaule)です。

4月2日に屋外栽培に切り替えてからあまり成長していません。

DSCF0725.jpg

というのも、室内栽培(直近での照明照射)での葉っぱと、屋外直射日光での葉っぱは別物なのです。ですから室内栽培での葉っぱは、屋外栽培に切り替えるといったん落として、屋外用の葉っぱを改めて出すので、成長というか葉っぱの出具合が遅く感じられます。春先の気候不順も影響しているようです。

これからどんどん葉っぱが展開されていくはずです。水やりは極力控えめにしています。

2015/05/24 12:02 パキポディウム TB(-) CM(0)
昨年11月の導入時は、女王アリ1匹と働きアリ20匹の小さなコロニーでした。

この春には産卵、幼虫も順調に成長し、繭の確認もできました。働きアリが増えることを楽しみにしていましたが、一向に増える気配はありません。食べられてしまったのでしょうか? しっかり給餌しているつもりなんですが・・・。

DSCF0733-2.jpg
DSCF0734-2.jpg


(追記)

2つの石膏巣のうち、ほとんど使われていない右側を分解水洗いしました。

13094057.jpg
DSCF0740.jpg
2015/05/24 08:51 アリ TB(-) CM(0)
セファロタスとネペンテス・アンプラリアを水槽栽培しています。

長期になると、水の部分にコケ(正確には藻類)がいっぱい発生して見苦しくなります。

そこで、年に4回くらいリセットし直します。

DSCF0719.jpg



DSCF0720.jpg
DSCF0721.jpg
DSCF0722.jpg
DSCF0723.jpg
DSCF0724.jpg
2015/05/23 14:49 セファロタス TB(-) CM(0)
コノフィツムの旧葉がやっと萎れてきました。

DSCF0688.jpg
DSCF0691.jpg
DSCF0694.jpg
DSCF0697.jpg

でも、かなり早い時期から水を絶っていても、いまだにがんばっているのもあります。困りものです。
DSCF0700.jpg
DSCF0703.jpg
DSCF0706.jpg


2015/05/23 11:46 コノフィツム TB(-) CM(0)
冬場と違い、活発に活動しているのを見ていると、アリ飼育もそれなりに楽しいモノだと感じている今日この頃です。

さて、飼育設備としては、アントルームの「蟻マシーン2号ミニ 2台連結 特大餌場付き」というものを使用しています。
この蟻マシーン2号ミニは石膏で形成されているのでそれなりに重量があります。また、特大餌場との連結はビニールパイプで連結されているだけで、特大餌場を持ち上げても蟻マシーン2号ミニは付いてきません。重みでビニールパイプが外れてしまうのです。これでは非常にメンテナンスがしづらいので、こんな風に非常に雑に連結しました。これで全体を持ち上げることができるようになりました。現在はビニタイで留めているだけですが、そのうちしっかりした金具で固定しようと思います。

13094097.jpg


いつもはあまり嗜好性が高くないアントサプリ総合栄養食ですが、今日はどうしたわけか、非常に嗜好性が高く思える様子が観察できました。

DSCF0680-2.jpg


[広告 ] VPS


お腹がはち切れんばかりにため込んでいる様子がうかがえます。

2015/05/17 16:39 アリ TB(-) CM(2)
モウセンゴケ、トウカイコモウセンゴケともに、花芽が立ってきました。

DSCF0672.jpg
DSCF0673.jpg
DSCF0674.jpg
DSCF0675.jpg
2015/05/17 15:40 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
今年もナツメの花が咲く頃になってきました。

DSCF0667.jpg

つぼみが膨らんできました。
DSCF0666.jpg


去年は受粉作業をサボったので、全く実を付けずに終わりました。

今年はしっかり受粉作業を使用と思っています。

2015/05/17 12:58 その他植物 TB(-) CM(0)
最近は、生き物と言えば、この「ムネアカオオアリ」ばかりの今日この頃です。

先日、セミの幼虫を与えましたが、やはり今のコロニー規模からすると大きすぎたようです。

そこで、本日はミルワームを購入しました。

頭をカットして与えました。

13094092-2.jpg
13094093-2.jpg

セミの幼虫よりも人気があります。ちょうど良い大きさなのでしょう。


女王アリは産卵を続けているようです。

P5150044.jpg


繭ももうすぐ成虫が出てきそうです。

P5150045.jpg

2015/05/15 22:09 アリ TB(-) CM(0)

花はシンプルというか、あまり大きく開かず、おとなしめの花です。

13094084.jpg


2015/05/13 22:02 コーデックス TB(-) CM(0)
小規模コロニーに、セミの幼虫を丸々1匹与えるのは多すぎるかなと思いつつも、大型餌場に放り込んでしまいました。
しばらくは生きていたので手出しできなかったのでしょうが、今朝はすでに食べ始めていました。
糖分も大事ですが、この時期はタンパク質もしっかり摂ってもらおうとの考えです。

13094083.jpg



[広告 ] VPS



みんなにエサが行き渡ったようで、5月8日の記事に掲載されている写真と見比べるとよくわかりますが、お腹がかなり膨らんでいるというか、伸びているのがよくわかります。

13094077-2.jpg



2015/05/10 08:07 アリ TB(-) CM(0)
こんなん つかまえました。

P5090042.jpg

白いですが、黒目のようです。


[広告 ] VPS


いまどき、白いオカダンゴムシなど珍しくもないですが、増殖にチャレンジしてみようかと思案中。

2015/05/09 11:09  TB(-) CM(0)

きちんと世話ができていないムネアカオオアリの小規模コロニーでもさなぎの繭が確認できるようになりました。

13094068.jpg

少しだけ、蟻の飼育が楽しくなってきました。

爆発的に増えることはないので、のんびり様子を観察しながら、長期計画で飼育していけるのが良いです。

2015/05/08 23:54 アリ TB(-) CM(0)
セミの幼虫を偶然見つけました。

そっと元居た場所に返してやれば良いのでしょうが、ムネアカオオアリのエサにしました。

P5080059.jpg


セミの幼虫の呼び名ですが、各地でいろいろのようです。私の生まれた地域では、「ガト」と呼んでいました。


2015/05/08 23:45  TB(-) CM(0)
リトープスは順調に脱皮し、分頭しています。

13094047.jpg
13094046.jpg
13094045.jpg
13094044.jpg


一方、コノフィツムはと言うと・・・

13094030.jpg
13094031.jpg
13094032.jpg
13094048.jpg
13094049.jpg

こんなふうに割れて横から新しいのが出てるものまで。

13094042.jpg
13094043.jpg


完全に私の思い違いでこんなへまをやらかしてしまいました。コノフィツムはリトープスのような脱皮と違って、今の表面が萎れて枯れてしまい、ピーナッツが渋皮をかぶったようになるのが本来の姿なのですが、いつの間にかリトープスと同じ脱皮だと勘違いしていました。

2015/05/08 23:38 コノフィツム TB(-) CM(0)
百人一首