栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2014年03月
 
2014/02 2014/03 2014/04
DSC_0112.jpg

ブログ用にリサイズして減色したら、せっかくのデジイチで撮った写真も意味ないなー


帝玉の開花もあと一息。

13092616.jpg
2014/03/30 19:59 未分類 TB(-) CM(0)
株分けしたものから

こちらは最初に株分けしたもの。元株とは最初から根っこが分離していたので、何の問題も無く大株から簡単に外れましたので、一切傷がついていない状態でした。
13092614.jpg

それと比較して、大株から強制的に取り分けたものです。やはり株分けの時に多少なりとも傷がついたりするので、部分的に腐ってきました。このまま腐っていくのか、持ちこたえてくれるのか・・・
13092610.jpg

株分けした元株もちょっと調子を落としているようです。
13092612.jpg

触っていない株は元気です。
13092611.jpg

ハマーズジャイアントシードリングも元気です。
13092613.jpg

私の栽培環境では、強制的な株分けは、向いていないようです。当然のことながら、葉挿しもだめです。


2014/03/29 09:03 セファロタス TB(-) CM(0)
つぼみがだいぶん大きくなってきました。

13092589.jpg
13092590.jpg
2014/03/29 09:03 プレイオスピロス TB(-) CM(0)
iPhone 3Gをずっと使い続けていましたが、やっとiPhone 5sに変更しました。

13092604.jpg

あと半年待てばiPhone 6が発売され、画面も4.7インチと5.5インチの大型になるそうです。

しかし、あまりデカイのはカッコ悪いですね。ジョブズもあの世で嘆いていることでしょう。

iPhoneもすっかり魅力が無くなってしまいましたが、使い慣れている、他のモノに乗り換えるのも面倒だ、ということでチョイスしているに過ぎません。

私は、電話とメールくらいしか使わないので、極力アプリは入れない主義です。

最近はアプリも豊富で、アホほどアプリを入れてるヒトがいます。ゲームも豊富で、電車の中や、ひどいやつだと自転車に乗りながらやってるのを見かけますが、そういうのを見ると殺意を覚えます。
2014/03/27 21:13 未分類 TB(-) CM(0)
先週に引き続き、株分けを強行してみました。

今回は大小2つの株が採れました。

13092539.jpg
2014/03/23 20:46 セファロタス TB(-) CM(0)
まだまだ先と思っていましたが、もう脱皮の季節になっていたのですね。


不細工ですが、大津絵が分頭していました。

13092537.jpg


こちらは福来玉です。割れたことにばかり気が行ってましたが・・・
NSD02538.jpg

こちらはちらりと脱皮が・・・
NSD02538-2.jpg
2014/03/23 20:45 リトープス TB(-) CM(3)
まずは屋外無加温水槽栽培組です。

モウセンゴケです。良い感じで育っています。

NSD02529.jpg

昨年のうちに播いた種が発芽しました。双葉は普通の葉っぱですがそれ以降は小さいながらも捕虫葉になっています。
NSD02530-2.jpg


お次はトウカイコモウセンゴケです。

去年鉢ごとひっくり返してしまったのですが、問題なくきれいに育っています。赤い色が映えます。

NSD02531.jpg


ピグミーニチヅラ まあ、こんなもんでしょう。

NSD02532.jpg


ヨツマタモウセンゴケ 柄のしっかりした捕虫葉になっています。

NSD02534.jpg


マダカスカリエンシス(白鉢)

NSD02533.jpg
 

ピグミープルケラ これは屋外水槽外での栽培ですが、きれいに育っています。

NSD02536.jpg
2014/03/23 20:42 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
邦題は「それでも夜は明ける」、アカデミー作品賞受賞作ということでご存じだと思います。

スティーブ・マックイーン監督? スティーブ・マックイーンといえば、荒野の7人とかの俳優じゃなかったの? なんと思う人もいたりして・・・

遅ればせながら、本日観てきました。

内容はまあさておき、やはり神様など存在しない厳しい現実を感じ得ずにはいられませんでした。

余談ですが、ブラピはチベットで7年でしたが、キウェテル・イジョフォーは12年・・・・。
2014/03/21 23:53 未分類 TB(-) CM(0)
先月下旬にコノフィツムの破裂について記事を書きましたが、今日はリトープスも破裂しているのが見つかりました。

13092444.jpg

福来玉ですが、ごらんのように真っ二つに避けてしまいました。原因は先日の雨によるモノです。雨よけをしなかったため、水分補給により膨らみすぎで割れてしまったのです。

今更どうにもならないので、このまま放置しますが、水管理をきちんとしないとこうなるという悪い見本として記事にしておきます。
2014/03/16 14:06 リトープス TB(-) CM(0)
土曜日恒例の・・・

ハマーズジャイアントシードリングは普通種の1.5倍くらいの袋になってやっと蓋が開きました。蓋の部分の赤いラインもきれいです。

13092441.jpg

通常種も順調です。
13092442.jpg
13092443.jpg


通常種1枚目の鉢から小さい株を取り分けて見ました。取り分けたときに根もちゃんとついていたのでうまく育ってくれることを祈ります。

13092461.jpg
13092462-2.jpg
2014/03/15 13:57 セファロタス TB(-) CM(0)
ニチヅラです。

13092377.jpg

かなり生長してきたように思っていたのですが、前回の記事と比較すると、それほどでも無いと感じてしまいます。


2014/03/09 03:29 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
着実に生長しています。

ハマーズジャイアントシードリング  ノーマルと比べて口の部分が大きいです。
13092372.jpg
13092375.jpg


こちらはノーマル
13092373.jpg
13092374.jpg
13092376.jpg
2014/03/08 23:25 セファロタス TB(-) CM(0)
私はチーズが好きなので、こんな本を借りてきました。


この本に限らず、誠文堂新光社の書籍には結構誤字誤植があったりするのが欠点ですが、内容的には勉強になります。
13092369.jpg

この本は上の本と下の本の良いとこ取りですかね。
NSD02370.jpg

こちらは素直に図鑑です。
kjsdy89.jpg

自分が購入したモノとしては文春のチーズ図鑑があります。
2014/03/08 02:10 未分類 TB(-) CM(0)
モノアラガイを入れると、こんな感じでガラスについたモノを除去してくれます。

13092301.jpg

残念ながら、思ったように動いてくれないのが玉に瑕です。

2014/03/02 09:25  TB(-) CM(0)
ピュレックスで2つ、オオミジンコを導入して2つと容器がどんどん増えるので、早いうちに手を打っておこうと考えました。

観賞用としてオオミジンコを手元に置いて、ピュレックスたちは、食虫植物の腰水用コンテナに全員移動させました。

13092296.jpg

13092297.jpg

観賞用オオミジンコたちは爆殖中で、小さなこどもがいっぱいです。
それから大きい固体が何匹か寿命を迎えて死んでしまいました。
また、エサにドライイーストを水で溶いたモノを与えているのでそのカスが容器の底にたまります。
これらを放置しておくと、いずれ水質の悪化を招くので、スポイトで除去したりしますが、それよりもモノアラガイなど小型の巻き貝を2、3匹投入しておけば、かなりの部分は食べてくれますので、必ず入れておきます。
また、水質が酸性に大きく傾かないようボレー粉(微細分を洗い流したもの)を入れておくのも有効です。

13092299.jpg

2014/03/01 20:37  TB(-) CM(0)
約1ヶ月ぶりの帝玉さん。

13092298.jpg

やっと花芽がつきました。

春にはオレンジ色の花を咲かせることでしょう。


2014/03/01 20:25 プレイオスピロス TB(-) CM(0)
百人一首