飼育観察・栽培などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2013年06月
 
2013/05 2013/06 2013/07
コノフィツムは、稚児桜を除いて、もう休眠期なので大きな変化はありません。枯れた旧葉を若干取り除いて、新葉にある程度日が当たるようにしてあります。
NSD00519.jpg
NSD00514.jpg




2013/06/30 12:41 コノフィツム TB(-) CM(-)
リトープスの花紋玉系を6月16日に一部別鉢に植え替えたのですが、問題なく根付いたようです。

 ↓ 元鉢
NSD00515.jpg


元鉢とは若干種類が違うようなので、あえて分けてみました。
 ↓ 分鉢 その1
NSD00516.jpg


 ↓ 分鉢 その2
NSD00517.jpg


その他のリトープスは休眠期ということで、特に変わりはありません。休眠期といっても水が全くいらないというわけではありません。小さな鉢で水はけのよう用土を使っていますので、用土がからからに乾いたら、時々少量の水やりをしています。
NSD00520.jpg
NSD00513.jpg
NSD00518.jpg
NSD00512.jpg



2013/06/30 12:38 リトープス TB(-) CM(-)
6月2日(日)に調整が完了しました。

本当にうまく調整が出来たか、止まることなく動くかどうかの確認を今月いっぱいしていましたが、4週間全く止まることもなく動き続けてくれました。

以前なら途中で何度も止まり、その都度振り子を振って動かしていましたが、28日間時を刻み続けてくれました。
NSD00537.jpg
2013/06/30 02:43 未分類 TB(-) CM(-)
ナツメです。昨年は、筆を使った受粉作業をしなかったので、全く結実しないままに終わりましたが、今年は受粉作業をしたおかげもあって、かなり実をつけています。

NSD00398.jpg
NSD00399.jpg


特別美味しいと言うほどのものではありませんが、「収穫」というちょっとした楽しみがあるのはうれしいものです。




2013/06/22 14:08 その他植物 TB(-) CM(-)
ネジバナですが、開花しはじめました。

NSD00402.jpg
NSD00401.jpg

ネジバナは蘭の仲間で、田んぼの畦とか、公園や庭園の芝生などに自生しているのを見かけると思います。
花自体は小さいものがたくさんねじれてつき、1本だけだと見栄えしませんが、群生している姿はなかなかキレイです。腰水栽培が手間いらずで楽です。花茎はかなり長いので、風で倒れやすくなります。1日中日の当たる場所でない場合、こまめに鉢を回して全体に日が当たるようにすると、花茎がまっすぐ伸びます。私はそんなことをする余裕がないので、たまにしか鉢を回しません。ですから写真のように曲がって伸びてしまいます。これはこれで趣が・・・あまりないですね。

ネジバナ単独栽培だとやや気むずかしいという記述を見かけますが、それはネジバナと共生関係にある特定の菌類が関係しているとのこと。ですから、自生地から採集する場合は、ある程度周囲の土と一緒に採集する必要があるようです。私の所では安定して栽培出来ています。



2013/06/22 14:07 その他植物 TB(-) CM(-)
稚児桜がとうとう脱皮開始のようです。

NSD00392.jpg
NSD00393.jpg

稚児桜の場合、リトープスに近い脱皮で、この後古い葉は急速に茶色くなっていくはずです。


右大臣ですが、先週は枯れた古い葉に包まれていましたが、今日は古い葉を少し破って新しい葉が少し見えるようになってきました。

NSD00394.jpg

あとは無事に夏越しして、秋の開花を待つのみです。




2013/06/22 07:04 コノフィツム TB(-) CM(-)
いつもの定期撮影です。

NSD00386.jpg
NSD00387.jpg
NSD00389.jpg
NSD00388.jpg

まあ、ぼちぼち成長してます。




2013/06/22 06:55 セファロタス TB(-) CM(-)
チェス販売専門店 Checkmate Japan(http://checkmate-japan.com/)Drawer Travel Setというトラベルチェスセット(http://checkmate-japan.com/?pid=49741349)を購入しました。

以前にもボードとピースとボックスを買っています。本格的に使用するのであればそれを使うのですが、ちょっと差し手など勉強する時には、今回購入したものくらいが大きさ的にちょうど良い感じです。

およそ25センチとほどよい大きさです。
IMG_0464.jpg

盤の中に駒を収納できるようになっています。
IMG_0465.jpg

通常、トラベルセットはボードが半分に折りたためて、折りたたんだ内側(すなわち広げた時にボードの裏側になる部分)に駒を収納するようになっています。

個人的に折りたたみ式のボードがどうしても好きになれません。

チェスセットは将棋と違って駒が立体的で、それぞれに形が異なったデザインであるため、それ自体が一種のインテリアとして成立してしまうところが好きです。

NSD00337.jpg
NSD00338.jpg
NSD00339.jpg
NSD00340.jpg

参考までに以前買ったものも比較のために出してみました。当たり前ですが、駒や盤の質感は格段に上です。
NSD00366-2.jpg
NSD00368.jpg

今回のものと前回のものと並べて比較してみると、こんなにも違います。

NSD00370.jpg

 ↓ 左のキングは8.5センチ、右のは5.3センチです。

NSD00373.jpg


あっ! 最後に一つだけ!(と、杉山右京のまねで) 私は対人でチェスをすることはありません。パソコンでちょっとプレイするだけです。もっぱら飾っておく派です。




2013/06/17 22:25 未分類 TB(-) CM(-)
リトープス花紋玉系の一部を植え替えました。

 ↓ 植え替え前 ちょっと粗めの赤玉土などです。
NSD00296.jpg

 ↓ 植え替え後
NSD00297.jpg

 ↓ 用土は硬質鹿沼土微粒タイプをメインに使用しています。
NSD00295.jpg

 ↓ 種類が少し違うものも別にしました。
NSD00311.jpg



2013/06/15 18:42 リトープス TB(-) CM(-)
花がどんどん開いてきました。

うまく種が取れると良いのですが・・・。

NSD00294.jpg



2013/06/15 11:07 ハエトリグサ TB(-) CM(-)
毎度のセファロタスです。


いずれの株も、中心の新しい葉(普通葉・捕虫袋)が、少しずつではありますが生長しているのがわかります。
この時期、もっと生長が早くなるのかと思っていましたが、それほど早くならないのが以外でした。

NSD00287.jpg
NSD00289.jpg
NSD00290.jpg
NSD00288.jpg

やはり、功を急がない事が大事なようです。じっくり生長を見守るのが一番ですね。




2013/06/15 11:06 セファロタス TB(-) CM(-)
花が咲き始めました。

過去記事(http://sirotanmura2.blog97.fc2.com/blog-entry-1564.html)にも書いていますが、モウセンゴケ(D.rotundifolia)は白い花を午前中だけ咲かせます。

NSD00286.jpg
NSD00292.jpg



一方、トウカイコモウセンゴケ(D.tokaiensis)はピンクの花を咲かせます。

NSD00285.jpg
NSD00291.jpg

これで、モウセンゴケ(D.rotundifolia)とトウカイコモウセンゴケ(D.tokaiensis)であることが確定しました。



2013/06/15 11:04 モウセンゴケ TB(-) CM(-)
ハエトリソウも開花しはじめました。

NSD00259-2.jpg


実際には、こんなふうににょきにょきっと花茎が伸びて、その先端にいくつかのつぼみをつけています。

NSD00260.jpg
2013/06/11 22:00 ハエトリグサ TB(-) CM(-)
キキョウがどんどん咲き始めました。

NSD00261.jpg
2013/06/11 21:58 その他植物 TB(-) CM(-)
つぼみだったキキョウが今朝開花していました。

NSD00255.jpg
2013/06/10 21:53 その他植物 TB(-) CM(-)
昨日記事にしたばかりのキキョウですが、1日経つとこんなにも色づきました。

NSD00251.jpg



おまけで、ハエトリソウも開花間近になりました。

NSD00254.jpg
2013/06/09 20:51 その他植物 TB(-) CM(-)
キキョウがもうすぐ咲きそうです。中央部分がほのかに紫色です。

NSD00221.jpg


趣味の果実。恒例のナツメです。今、小さな花が咲き始めています。花自体は薄黄緑で小さく地味なので鑑賞には向きません。もっぱら果実の収穫用です。筆を使って受粉させています。

NSD00220.jpg





2013/06/08 08:31 その他植物 TB(-) CM(-)
桐壺と右大臣は完全に古い葉が枯れた状態となりました。当然中には新しい葉が控えております。

 ↓ 桐壺 確実に分頭しているのが確認できます。これでほぼ倍々に増えるはずです。

NSD00239.jpg


 ↓ 右大臣 わかりにくいですが、緑がほんの少し見えています。こちらも順調そうです。

NSD00241.jpg
NSD00242.jpg


稚児桜はいまだピチピチですが、少しずつ色が変わっているようです。


2013/06/08 08:26 コノフィツム TB(-) CM(-)
ユーフォルビア バリダ(Euphorbia meloformis v. valida)です。

NSD00222.jpg

メデューサの頭のようにも・・・

日当たりの関係で花の向きが偏ってしまいました。鉢を回して向きを変えておきました。



2013/06/08 08:20 ユーフォルビア TB(-) CM(-)
一時期はもうダメかと思ったトウカイコモウセンゴケですが、すっかり元気になったようです。

IMG_0438.jpg
↓ 花茎も順調に伸びています。
NSD00223.jpg



モウセンゴケの方は最初から調子よく、何の問題もありません。

↓ こちらも花茎をどんどん伸ばしています。
NSD00224.jpg
↓ アブラムシを捕らえています。
NSD00225.jpg


2013/06/08 08:14 モウセンゴケ TB(-) CM(-)
1週間のご無沙汰です。

いずれの株も、少しずつではありますが、順調に生育しているようです。
NSD00227.jpg
NSD00228.jpg
NSD00230.jpg
NSD00229.jpg


2枚目の画像を見て、ふと思ったのですが、セファロタスの小さな白い捕虫袋が何となくクリオネに似ているよう思ったのは私だけでしょう。

NSD00228-2.jpg
fytrhk58iu4.jpg


2013/06/08 08:08 セファロタス TB(-) CM(-)
ハサミムシではなく、「ハサミコムシ」です。

IMG_0426-2.jpg
IMG_0427-2.jpg

湿ったところの落ち葉や朽ち木、石の下などを探せば意外に簡単に見つかります。昼休みに1匹だけ捕まえました。何匹か採集して飼育観察しようかと思っていますが、オオハサミムシに集中しないといけないので、しばらくはお預けでしょうか。

体長は1センチほどでしょうか。おしりの部分がハサミ状になっているので、ハサミムシの子供と思う人もいるようですが、全くの別モノです。六脚類というとおり脚が6本で昆虫に近い仲間の一種で、より原始的なグループになります。

ハサミムシと似て、卵を守るみたいです。

ハサミコムシは肉食で、ハサミのないナガコムシは草食系です。


2013/06/06 21:24  TB(-) CM(-)
今日、本を買ったついでにブックカバーも買いました。

NSD00204.jpg


模様も何もないシンプルな布製ブックカバーです。色はオフホワイトやカーキーなどもありましたが、赤が好きなのでこれにしました。

この赤いブックカバーですが、何となく昔のアマゾンのブックカバーに似ていますが・・・

NSD00206.jpg


ユナイテッドビーズ株式会社(http://www.united-bees.jp/index.html)のもので、10号帆布を利用した「Jour&Etoff」シリーズです。帆布は丈夫なのが良いところですね。

NSD00207.jpg


サイズはA5サイズです。以前、四六判(しろくばん)のブックカバーを買ったのですが、最近買う本のサイズは四六判ではなくA5サイズであることが多く、ほんの少し小さく使えないのです。
 ↓ 鳥獣人物戯画のブックカバーが四六判で、下の赤いのがA5サイズ

NSD00205.jpg

ジュンク堂オリジナル(キャンペーンでしか入手できないやつ)とか、ミーノン(http://mignon.cc/)の西陣織のブックカバーも結構好きです。

NSD00208.jpg




2013/06/05 21:33 未分類 TB(-) CM(-)
2011年12月13日の「時計」という記事(http://sirotanmura2.blog97.fc2.com/blog-entry-863.html)のゼンマイ式掛け時計です。

NSD00189.jpg

ショップの説明では28日巻きのはずですが、時々止まってしまうことがありました。どうも微妙に調整がずれているのだろうと、あれこれ調整してきましたが、1年半ほどかかってやっと順調な動きになりました。

修理専門の店へ出せば、迅速確実に修理調整してくれるでしょうが、元々安時計なのでそこまで掛けるのも・・・ということで、こつこつ自分で調整してきました。

自分であれこれやると愛着も一入です。時を刻む音が軽やかになりました。これで止まる心配もなくなりました。




2013/06/03 22:27 未分類 TB(-) CM(-)
いつもの週末定期更新です。これをやっていると記事に困らないですね。最低でも週一で記事が書けるのですから。

まあ、このブログは、自分の記録用に書いているだけですから、毎度同じような記事ばかりで何のおもしろみもないことでしょうが、自由にのびのび出来て気楽で良いです。

 ↓ 捕虫袋が少し大きくなりました。

NSD00176.jpg

 ↓ 僅かながら捕虫袋が色づき、新芽も生長しています。

NSD00177.jpg

 ↓ ???イマイチ生長がわからない?

NSD00178.jpg

 ↓ ハマーズジャイアント 中央の普通葉の間から出ている新芽が少し大きくなっています。しかし、思いの外生長は遅いようですね。

NSD00179.jpg


2013/06/01 07:30 セファロタス TB(-) CM(-)
モウセンゴケと書くとモウセンゴケ類全体を指し示すのか、それとも種名のD.rotundifoliaを指しているのかイマイチわかりにくいのが難点です。もちろんここでは種名のD.rotundifoliaの事です。

さて、モウセンゴケはというと、とても順調です。

NSD00173.jpg

捕虫葉も斜めに立ち上がって来ました。ゼンマイのようにくるくるっと巻いた花芽も伸びてきました。

セファロタスの水槽に入れてあるモウセンゴケも問題なく順調のようです。

NSD00180.jpg


一方、トウカイコモウセンゴケはというと・・・採取時の捕虫葉はダメになってきたようです。しかし、新しい葉も育ってきているようですし、花芽も伸びてきましたので生きているようです。

NSD00174.jpg



2013/06/01 07:27 モウセンゴケ TB(-) CM(-)
コノフィツム”右大臣”です。

NSD00175.jpg

すっかり萎びてきました。

中では新しい葉が育っていることでしょう。

ちなみに、稚児桜はまだまだプックリです。


2013/06/01 07:25 コノフィツム TB(-) CM(-)
貧乏性なので、果物の種とか蒔いてみたりします。

ルッコラも少しだけ根の部分が付いたものが売られていたりします。

そんなのをプランターに挿しておけばこのとおり。

NSD00171.jpg

この季節は簡単に根付く時期です。

たいていは、水耕栽培モノで葉っぱの切れ込みがほとんどないものが多いのですが、きちんと土で育てるとこんな感じで深い切れ込みのある葉っぱに育ちます。

NSD00172.jpg

こちらの方が、ルッコラ特有の味や香りが強いので好きです。
2013/06/01 07:24 その他植物 TB(-) CM(-)
百人一首