栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コノフィツムがこの時期に開花しました。

DSCF4886.jpg
DSCF4885.jpg

時々あることですが、この夏を乗り切ることが出来るんでしょうかね? ゲリラ豪雨以上に局所豪雨が頻発し、異常な暑さというか熱波で無事秋を迎えられるのは何鉢あるのでしょうか? 少し心配になります。
2017/07/13 06:22 コノフィツム TB(-) CM(0)
恵比寿笑いを植え替えました。

一回り大きい鉢に植え替えしました。
DSCF4726.jpg

太陽光の要求量が多いので、我が家では苦労する植物の一つです。
DSCF4733.jpg
2017/06/17 06:50 パキポディウム TB(-) CM(0)
トリコディアデマ 紫晃星 満開に近づいてきた。

DSCF4467.jpg
DSCF4465.jpg
2017/05/20 10:04 多肉植物 TB(-) CM(0)
5月3日の記事で2つの蕾に色が出ていると書いた、トリコディアデマ 紫晃星ですが、今日咲きました。

DSCF4297.jpg

今朝7時頃はまだ開花していなかったのですが、午前11時頃に様子を見ると、ごらんのように2輪咲いていました。

これから一気に開花するのでしょう。

話は変わって、植木鉢を浅型から深鉢に変えました。
DSCF4072.jpg

DSCF4294.jpg

植え替えた理由は、やはり根のためです。この植物は長い直根を地中深くまで伸ばすタイプなので深鉢の方が本来的な生育が出来るだろうとと考えてのことです。出来れば陶製のものが良いのですが、近くのホームセンターではプラ鉢が主流で、陶製の鉢はなかなか扱っていません。ダオン鉢だと結構ありますが、それでは雰囲気がね。
2017/05/05 11:57 多肉植物 TB(-) CM(2)
パキポディウムは耐寒性が無いので、冬期は室内に取り込み、完全断水するので、葉っぱは全て落ちて丸坊主になる。もちろん強い照明を当ててそれなりの室温にしておけば冬期も葉を茂らせているが、そんな無駄が出来るほど余裕もないし、する必要も無い。

4月から屋外に出しているが、変に肌寒い日があったりでなかなか新葉を展開しないままだったが、ようやく小さな葉が出て来た。

DSCF4285.jpg
DSCF4286.jpg

これからしばらく、カイガラムシなどに気をつけなければならない。
2017/05/05 08:14 パキポディウム TB(-) CM(0)
しろたん.玉が変な所から割れていた。

DSCF4291.jpg

リトープスやコノフィツムでは通常先端が割れて脱皮するけれど、時々こんな脱ぎ方をするときもある。

しろたん.玉は優良品種である。
2017/05/05 08:08 リトープス TB(-) CM(0)
ユーフォルビア バリダ

親株は、虫にやられてかなり前に他界したが、子株が生き残って何とか今日まで続いている。

DSCF4272-2.jpg

毎年花を咲かせるが地味でメデューサのような感じで咲くのできれいでもない。花が終わった部分が枯れ枝のようになるのが特徴で、それが趣というか、おもしろいところです。

結構病気とか虫害で茶色く変色しやすい。これも部分的に茶色くなって、鑑賞価値はかなり低い物になっている。また、風通しが悪かったり、水のやり過ぎなどで徒長する。
2017/05/05 08:05 多肉植物 TB(-) CM(0)
我が家のリトープスやコノフィツムが脱皮し始めています。

種類によって時期が少しずつずれているはずなのに、なんだか今年は一斉に脱皮しています。シンクロしているのでしょうか?

DSCF4235.jpg
DSCF4236.jpg
DSCF4237.jpg
DSCF4238.jpg
DSCF4239.jpg
2017/04/23 10:17 リトープス TB(-) CM(0)
百人一首