栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大した種類を育てているわけでは無く、ニチヅラ、プルケラ、マンニの3種類だけなのですが、全て用土がピートモスなので、今年の冬は凍結が頻繁に起こり、その都度凍結融解をくりかえすため、酷い状態です。例年の冬期はこんなことは滅多に起こらないのですが、今期の寒波は非常に厳しいことがよくわかります。

DSCF5315.jpg
DSCF5316.jpg
DSCF5317.jpg
DSCF5318.jpg
2018/02/12 11:06 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
モウセンゴケは補虫葉は枯れて、真ん中に冬芽状態が残って越冬

PC310014.jpg


トウカイコモウセンゴケは冬芽はつくらないものの真ん中に小さくなって冬越し

PC310015.jpg
2017/12/31 12:50 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
放置プレイのままですが、綺麗に赤く染まっています。

DSCF5290.jpg

うまく2株に分裂したようです。ただ、これを片方別の鉢に移植すると、機嫌が悪くなって最悪枯れてしまいます。もちろん調子良く育つ場合もありますが、今はじっと我慢して、このまま増えるのを待つことにします。
DSCF5295-2.jpg

我が家のセファロタスは移植を嫌う傾向が強いようです。

2017/12/23 15:51 セファロタス TB(-) CM(0)
ニチヅラとプルケラもムカゴ蒔きをしておきました。

↓ ニチズラ ムカゴが大量に付いていますが、蒔いたのはごくわずかです。
DSCF5287.jpg


↓プルケラ 思ったほどムカゴ蒔きできなかった。
DSCF5278.jpg
DSCF5281.jpg
2017/12/23 15:46 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
今では1株のみとなっています。

年中屋外ですが、何の問題もありません。

DSCF5261.jpg
2017/12/03 11:01 セファロタス TB(-) CM(0)
プロリフェラ(D.prolifera)とアフリカナガバモウセンゴケ(D. capensis)とネオカレドニア×アリキアエを簡易温室?に容れてあります。

DSCF5244.jpg
DSCF5245.jpg

寒さにはあまり効果が無いでしょうが、寒風防止にはそこそこ効果ありです。凍らない程度に出来れば、冬越しOKです。
2017/11/26 12:12 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
ニチヅラは前回紹介したとおり、びっしりムカゴを着けているものが増えました。

プルケラもぼちぼちムカゴを着け始めました。

DSCF5249-2.jpg
DSCF5247-2.jpg


マンニもそろそろです。

DSCF5248-2.jpg
2017/11/25 11:50 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
ピク゜ミードロセラのムカゴの付き具合を見てみました。

ニチヅラはこの時期からご覧のとおり、たくさんのムカゴが付いています。外側のムカゴは直ぐに蒔いても大丈夫なくらいに育っています。
PB190011-2.jpg


マンニはご覧のとおり。まだ少し時間がかかりそうです。本体は調子も崩さず状態も良いのでこのまま寒くなるのを待つばかりです。
PB190010-2.jpg


プルチェラ(プルケラ)はマンニよりもさらに時間がかかりそうですね。プルチェラは葉柄が幅広なので、見た目が良いです。
PB190009-2.jpg


いずれも初心者向きで育てやすいですが、我が家の栽培環境ではニチヅラが一番合っているようです。種類によって微妙に日照や風通しなどの要求量が違うのでしょうね。

ピグミードロセラは植物自体が小さいので1株だけでは非常に寂しいものがあります。鉢一面になるとかなり見応えが出ます。
2017/11/19 13:49 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
百人一首