栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

モウセンゴケの一種。これだけはなぜかいじけずに元気。

DSCF5083.jpg

アントシアニンフリーのように見えますが、あまり日に当たっていないだけか?
2017/09/19 06:22 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
少しずつ枯れかけています。

DSCF5063-2.jpg

イシモチソウ2株の左に小さなモウセンゴケが・・・何なのか? どれかの種が紛れ込んだのかな?
DSCF5063.jpg
2017/09/09 11:04 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
イシモチソウの葉挿しの生長もぼちぼち終わりかなと思う今日この頃です。

DSCF5049.jpg

せっかくここまで育ったのですから、これからどのようにしていくか、調べてみないといけません。


今春先に全て植え替えたのでどうなることかと心配でしたが、トウカイコモウセンゴケ本来の赤い色へと順調に色づいています。

DSCF5057.jpg

植え替えて思わぬ効果がでました。以前より一回り大きく生長しました。

それから、どこからかミミカキグサが侵入してきて花を咲かせ始めたので処分しておきました。
2017/09/02 08:36 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
少しは立ち姿になってきているようです。

DSCF4999.jpg

DSCF4999a.jpg

DSCF4999b.jpg

秋まではこのまま育てるつもりですが、冬季はどうしたモノでしょうか?

このまま腰水栽培で良いのか? 乾燥気味にした方が良いのか?
2017/08/20 18:02 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
トウカイコモウセンゴケの寄せ植え。いつもなら年中赤色なのですが、今年は緑一色でした。 

DSCF4982.jpg

ようやく繊毛部分に赤色が出て来ました。
2017/08/13 09:47 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
アフリカナガバモウセンゴケの葉挿し経過について。
幅広タイプ(写真下側2株)は順調。ナロータイプは1つ枯れてしまいました。
DSCF4976.jpg

イシモチソウ。
順調ですが、立ち上がるまでにはなっていません。(左はモウセンゴケの雑種)
DSCF4975.jpg
2017/08/12 08:24 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
夏至はとっくに過ぎて、立秋も過ぎましたが、気温はまだまだ高い状態が続く今日この頃です。

最近では、猛暑日が当たり前のようになり、モウセンゴケ(D. rotundifolia L.)にとっては厳しい環境に違いありません。

我が家では、直射日光がガンガンあたる場所と、日陰でどれほど生長に差が出るか様子を見ていますが、極端に大きな差は出ていないというのが正直なところです。

 ↓ 直射日光ガンガン (一部にD. tokaiensisが侵入)
DSCF4962.jpg

 ↓ 明るい日陰 (写真の上1/3はD. tokaiensis
DSCF4963.jpg

もともと大きく補虫葉を展開していたD. rotundifoliaでしたが、環境に合わせてD. tokaiensisとほぼ同じ大きさに小さくなってしまいました。
2017/08/09 18:13 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
暦の上では、もう秋なのですね。

現実にはまだまだ暑い日が続き、以前なら「夕立」と呼んでいたものが局所的な豪雨となり、各地に甚大な被害をもたらし困ったものです。

さて、ヨツマタモウセンゴケが花を咲かせました。

DSCF4972.jpg
DSCF4971.jpg
DSCF4970.jpg

2017/08/07 07:57 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
百人一首