栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DSCF3962.jpg
DSCF3961.jpg

全滅!

本日をもちまして「ヒメツメガエル飼育観察日記」は終了します。


2017/02/10 18:50 カエル TB(-) CM(0)
次から次へと死んでいきます。

DSCF3952-22.jpg
DSCF3957.jpg
DSCF3956.jpg

残り5匹となりました。

生き物は死に物だから仕方ないけれど、何も出来ないまま死んでいくのは残念。

そこまでの命だったと思うしかない。
2017/02/08 21:59 カエル TB(-) CM(0)
こいつも危なそう・・・

DSCF3955-2.jpg

単なる脱皮なら良いけど・・・
2017/02/07 21:02 カエル TB(-) CM(0)
やはり・・・・予言は的中。


DSCF3952-22.jpg

依るには硬直していました。
2017/02/06 23:58 カエル TB(-) CM(0)
毎日書くことなど何も無いのですが・・・

「飼育観察・栽培などの記録型ブログ」なので、誰かに見てもらうために書いているわけでは無く、日々記録するのが本来の趣旨。たまたま興味のある内容であれば、読み逃げしていただければそれで良し。

飼育環境についてはおおむね書いたつもりでしたが、水深について書いていなかったので、それについて書いておきます。

我が家での水深は、約19センチ(7.5インチ)です。水槽の深さの4/5くらいまで水を張っています。

DSCF3945.jpg

では何故この水深なのかというと、水量が多いほど、水温・水質の安定が図れること、ヒメツメガエルの活動領域が広く採れること、水草などをたくさん入れられることなどがありますが、実際にはブリラントフィルターでエアリフトで水流を作り出して水槽内の水温を一定にするためで、フィルターで水質浄化は二の次です。エサは「ひかりウーパールーパー」なので、ほとんど水を汚しませんから。

DSCF3947-2.jpg

そもそも、ブリラントフィルターは60センチ規格水槽に合うように設計されているので、30センチ水槽では垂直に設置できません(ビリーフィルターなら設置可能か?)。上の写真のように斜めに設置し水面より少しだけ高くして、エアリフトされた水が、ヒーターの真上に落ちるようにしているのです。


ヒメツメガエルはスネールを食べるとか、スネールの卵を食べるとか言われているようですが、その真偽のほどはわかりません。

DSCF3934.jpg
DSCF3930-2.jpg

そんなことよりも、このすっとぼけた顔、何も考えていないような姿を見ているだけで心が少し和みます。
DSCF3931-2.jpg
DSCF3932-2.jpg
2017/02/05 18:40 カエル TB(-) CM(2)
とりあえず1週間が経過しました。

1匹は早々に水カビにやられて死んでしまいました。

10匹いれば1匹くらい死んでも不思議は無いのでしょうが、やはりショックでした。

残り9匹はエサ食いも良好で、導入初期の危機は一段落したのかもしれません。

DSCF3906-2.jpg

そう思っていると、またポツポツと落ち始めることがよくあるものです。

先週の記事に書いたとおり、メンテナンスというか水替えが楽なようにベアタンクとしています。変に砂やソイルなどは入れない方が良いと思っています。その代わりと言っては何ですが、水草はかなり浮かべています。

水草は、水質浄化と、ヒメツメガエルの隠れ家、呼吸するための中継基地に役立っていると思っています。

DSCF3896-2.jpg
DSCF3899-2.jpg

我が家で一番大きい個体。体型からして、たぶんメス個体。アフリカツメガエルもそうですが、オスメスはお尻の総排出口の突き出た部分でほぼ判別できます。アフツメより体型の違いが明瞭なので、誰でも判別できると思います。

DSCF3915-2.jpg

エサは、「ひかり ウーパールーパー」を細かくして与えています。時々「ひかり クレスト グッピー」も与えています。
2017/02/03 23:00 カエル TB(-) CM(0)
ヒメツメガエルはカエルの中でも繁殖が簡単な種だと思います。ヤドクガエルとか一時期流行ったコケガエルなどはマニアな人たちが繁殖させていますが、基本的には飼育下で産卵させることが非常に難しい生き物です。うまく産卵させられれば、オタマジャクシの飼育そのものは案外簡単なようで、水棲カエル以外は上陸時に水から地上に上がれるようにすれば良いだけのようです。

ヒメツメガエルの情報はネット検索するといくつかヒットしますが、やはり戦うカエラーさんのホームページの情報が一番だと思います。他のページではざっくりしか書いていないですし、まとめ記事だったりで繁殖を目指して飼育しようという人にはあまり参考にならない気がします。ただ、戦うカエラーさんのホームページは最近更新も無く、一部のページが削除されています。具体的には「オタマ観察記」と「続オタマ観察記」と「妙に歩留まりの良いオタマ飼育法」が伏せてあります。それらのページに何が書かれているのか私は全て知っていますが、全てのデータは転載不可とされていますので、ここでもそれらの内容については一切触れないことにします。戦うカエラーさんは○○山のお近くにお住まいのようです。△△水など用意できるはずもありません。それに代わる方法はありますが・・・。

海外でもいくつかヒットしますが、日本語のページとさほど変わらないレベルかと・・・。

よく、ヒメツメガエルは熱帯魚感覚で飼育できると書かれています。確かにエサも熱帯魚などの餌を与えれば問題無く飼育できます。ただ、熱帯魚は少々エサをやり過ぎても死なないですが、ヒメツメガエルは突然死することがあるので、どちらかというと少なめの給餌を心掛けた方が安全というところが大きく違うと感じています。

産卵やオタマジャクシの飼育については未経験ですが、アフリカツメガエルの産卵とオタマジャクシの飼育の経験はありますので、何とかなるのではないかと思っています。

同じ「ツメガエル」ですが、アフリカツメガエルは成熟すると10センチを超え大きくなり、そのキック力はもの凄いもので、アクセサリーなど入れておくと、ちょっとしたことで驚き暴れた時に蹴飛ばして、水槽破損の恐れもあります。ベアタンクが安心です。その点、ヒメツメガエルはせいぜい5センチ程度で、震動などちょっとしたことで驚き暴れても平気です。

体表には顆粒があって、体色は灰色で地味なので、人気のほどはかなり低いと思いますが、一部にはスネールの卵を食べてくれるからとタンクメイトにされている場合もあるようです。私もたくさん増やすことが出来た暁には、グッピー水槽に入れようかと考え中(取らぬ狸の皮算用)。


いずれにしても、繁殖・累代飼育はさほど難しくないようですが、累代飼育するだけのモチベーションがキーポイントとなりそうです。1種入魂といきたいところですが、1種だけだと煮詰まりやすく続かないことがあるし、いくつかの生き物を飼育しているとある程度分散されて良いのですが、ついついあれもこれもと手を出しがちになるのが欠点。でも、今は限られた生き物しか飼えない環境ということもあり、新しい生き物をあれやこれやと思う気持ちが無くなったのは幸いかも知れません。

そういう矢先、1匹が水カビ病で逝きました。一気にモチベーション急降下。やる気が出ない。私は病気になった生体を何とかしてあげようという気持ちがない。確かに薬で治る可能性もあるけれど、そんなことはせずに自然に任せる。自然界ではもっと生き残る数は少ない。だからといって飼育している生き物の命を粗末にして良いのかと宣う人もいるでしょう。生き物を飼う資格が無いという人もいるでしょう。しかし、生き物はいつか死ぬし、元気にしていても翌朝死んでいることもあるのです。
2017/01/30 21:18 カエル TB(-) CM(0)
ドワーフツメガエルとか、コンゴツメガエルとかの名前で流通しているカエル。

DSCF3875.jpg


このカエルのおきまりのポーズ

DSCF3879-2.jpg

生赤虫とかイトミミズを与えると良いけれど、キープするのはイヤ! 乾燥赤虫とか乾燥イトミミズは浮いてしまうので食いは良くない。慣らせば何とかなると思うけれど面倒くさい。そうなると当然沈下性の人工飼料を使うことになる。

これ! 中身は「キャット」と全く一緒。そのように袋の裏面にも書いてあります。
DSCF3887.jpg

粒は小さい。約2.5から3ミリほど。
DSCF3877.jpg

でもこのカエルには大きすぎるので、4つにカットして小さくする。
DSCF3878.jpg

まあそれなりに喜んでくれたようだ。この手のカエルにエサのやり過ぎは禁物です。

[広告 ] VPS


DSCF3876.jpg
DSCF3886-2.jpg

ちなみに水槽は30センチ規格水槽で、フィルターはテトラのブリラントフィルター、ヒーターはジェックスのスタンディ36(26度固定)、水草ウォータースプライトほか各種適量を浮かべています。
DSCF3888.jpg

当然、繁殖・累代飼育を目標にしています。ざっと見たところ、2ペアいるようです。
2017/01/27 23:01 カエル TB(-) CM(2)
百人一首