飼育観察・栽培などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

働きアリがどんどん減っていくばかりだったのですが、それもようやく収まったようです。新しい卵の塊が見えます。

P5120k001.jpg

見た目以上に神経質なアリのようで、環境が合わないと幼虫や卵を食べてしまうし、働きアリも次々死んでいきます。しかし、環境さえ安定すれば直ぐに爆殖するという話も聞きます。
2017/05/13 06:46 アリ TB(-) CM(4)
動物性のエサを与えたからか、こちらは絶好調。

ユスリカは思いの外よく食べていた。最近はユスリカを捕まえられないので、乾燥赤虫を時々与えている。ユスリカほどでは無いけれど、嗜好性はかなり良い。

DSCF4308.jpg
DSCF4310.jpg
2017/05/06 09:16 アリ TB(-) CM(2)
ヨコヅナアリは職場に放置状態です。

理由は簡単で、室温が摂氏20度以上キープしやすいということです。

午後になると摂氏25度を超えて、今の時期としては人間には少々暑く感じるのですが、ヨコヅナアリには活動に適した気温ということでしょう。活発に動き回ります。

IMG_0819.jpg


観察の結果、摂氏25度を超えると活動的になりますが、摂氏22度くらいではそれほど活発には活動しません。キープだけなら摂氏20度でも問題ないでしょうが、アリの活動を観察するという観点からすると摂氏25度以上をキープできるのが望ましそうです。
IMG_0815.jpg



[広告 ] VPS



[広告 ] VPS
2017/04/06 23:14 アリ TB(-) CM(0)
動物性タンパク質であるユスリカをたくさん与えたこともあってか、新しい卵を確認できました。

P4010015-2.jpg

石膏巣も使い続けると結構汚れるので、そろそろきれいにしたいところなのですが、卵を産んで間もないので、もうしばらくこのままにしておきます。見た目が良くないだけでアリ飼育自体にはそれほど影響も無いですし・・・・
P4010016.jpg
2017/04/02 11:54 アリ TB(-) CM(0)
最終的に落ち着いた場所は下から2段目のここのようです。

DSCF3296.jpg
2017/03/24 21:53 アリ TB(-) CM(2)
昨日、石膏飼育ケースから蟻マシーン2号ミニに移動させるべくチューブをつないだのですが、働きアリは順調に移動してくれるのですが、女王アリはチューブの前でなにやらまごついていて、石膏飼育ケースから蟻マシーン2号ミニへ移動してくれません。

かなり巨大なので、ひょっとすると8ミリチューブ(内径6ミリ)を通過することが出来ないのではないかと心配になってきました。それでも一晩すればひょっとして蟻マシーン2号ミニに移動しているのではないかと期待していたのですが、期待に反してまだ石膏飼育ケースにいました。

落ち着かせるために布をかぶせて少し暗くしていたのですが、それが逆効果だったようで、石膏飼育ケースの方だけ明るくすると、あっという間に蟻マシーン2号ミニに移動してました。これでほっとしました。

IMG_0801.jpg


あとは、石膏飼育ケースを付属のエサ場に付け替えるだけです。

IMG_0800.jpg

ただ、ここで問題が発生しました。石膏飼育ケースには20匹ほどの働きアリが残っていました。そのアリたちをエサ場に移動させる必要があるのですが、動きが速くて、人間にも結構かみついてきます。エサ場の縁にシッカロールを塗ってから移動させれば良かったのですが、後の祭りでした。10匹ほど蓋の開け閉めでつぶしてしまいました。

[広告 ] VPS

2時間後くらいには、すっかり落ち着いて、エサやりでエサ場の蓋を開けても逃げ出すアリはいなくなりました。もう少しじっくり時間を掛ければ良かったと反省しています。
2017/03/23 21:25 アリ TB(-) CM(0)
クロナガアリは飼育が楽というか、種が主食なので小鳥のエサを与えておけばほぼ放置状態でOK。時々石膏巣に水を補給するだけです。

もちろん、観察は毎日見ていますが、特にこれと言ったことをする必要がありません。

しかし、エサ場には長らく放置している小鳥のエサですが、さすがに古くなったので全部してて新しい小鳥のエサを入れることにしました。そのついでにエサ場を水洗いしました。

DSCF4123.jpg
DSCF4124.jpg
DSCF4126.jpg
DSCF4127.jpg

クロナガアリは他のアリに比べると動きはゆっくりなので脱走などの心配はほとんどありません。とても飼いやすいアリです。
2017/03/23 18:49 アリ TB(-) CM(0)
百人一首