栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クマワラ・オレンジーナの床材を全て交換しました。

P7280001.jpg

個体数はまずまずですが、体長は15ミリには全然届かない小型ばかりになってしまいました。

P7280002.jpg


ホソワラ・スノウホワイトはぼちぼちでしょうか。こちらは腐葉土の継ぎ足しだけにしておきました。

P7280004.jpg

この白さは、いつ見てもすばらしいです。

P7280006.jpg
2017/07/26 18:53  TB(-) CM(0)
また脱皮しました。

前回は7月6日だったので12日後の脱皮です。

IMG_0999.jpg


現在の体長は触覚を除いて4.5センチ程度です。

P7200009.jpg


順調に成長しているようです。

ハサミは少しブルーな色合いになりましたが、名前のとおりマーブルな感じで、とにかく地味の一言でしょう。メスだからハサミもそれほど大きくならないし・・・。
2017/07/18 20:41  TB(-) CM(0)
予想外の脱皮。1週間で脱皮した。

IMG_0949.jpg


当然ではあるが、一回り大きくなった。

P6290009-2.jpg

ホームセンターでは、ほとんどエサも与えられていなかったのだろうか?


閑話休題

現在、ザリガニとグッピーはこんな感じで、職場で飼っています。

P6290019.jpg
2017/06/26 20:54  TB(-) CM(2)
カテゴリーが「蟲」となっていますが、その昔はザリガニなども「蟲」と呼ばれる存在だったのでそうしています。実際には「ザリガニ」のカテゴリーを増やすのが面倒なだけだったりします。

直ぐに死んでしまうのでは無いかと思っていたのですが、思いの外、飼育できているので飼育観察日記に昇格しました。

IMG_0928.jpg

そうはいっても、日々記事の更新をするつもりは無いし、そんなに頻繁に記事にすることもありません。あるとすれば繁殖の記事くらいでしょうが、まだ小さいので滅多に記事をアップできないと思います。

餌は3種類をローテーションで使っています。

IMG_0927.jpg

左から「ザリガニのエサ」、「ウーパールーパー」、「プレコ」です。いずれもキョーリンのひかりシリーズです。

現在の体長は3センチ程度ですので、与えるのは1日1粒か2粒で十分です。
2017/06/22 18:22  TB(-) CM(0)
ミステリークレイフィッシュが脱皮した。

IMG_0913.jpg

脱皮後はしばらく土管に隠れたままである。
IMG_0922.jpg
2017/06/19 19:37  TB(-) CM(2)
学名はProcambarus fallaxと言うらしい。

日本では「ミステリークレイフィッシュ」という名前で売られていることが多い。

こんな感じで、パソコン台の下に収納。懐かしいお犬様が・・・
DSCF9994723.jpg

単為生殖すること以外は非常に地味なザリガニです。
DSCF4720.jpg

気まぐれですが、増えるかどうか確認してみることにします。
DSCF4713.jpg

12、3年前は、かなり高額だったような記憶がしますが、今は地方のホームセンターでも500円程度で購入できる時代となりました。
2017/06/13 18:28  TB(-) CM(0)
こちらも変わらずキープのみ。

DSCF4305.jpg
DSCF4306.jpg
2017/05/06 09:14  TB(-) CM(0)
百人一首