栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

予想外の脱皮。1週間で脱皮した。

IMG_0949.jpg


当然ではあるが、一回り大きくなった。

P6290009-2.jpg

ホームセンターでは、ほとんどエサも与えられていなかったのだろうか?


閑話休題

現在、ザリガニとグッピーはこんな感じで、職場で飼っています。

P6290019.jpg
2017/06/26 20:54  TB(-) CM(2)
カテゴリーが「蟲」となっていますが、その昔はザリガニなども「蟲」と呼ばれる存在だったのでそうしています。実際には「ザリガニ」のカテゴリーを増やすのが面倒なだけだったりします。

直ぐに死んでしまうのでは無いかと思っていたのですが、思いの外、飼育できているので飼育観察日記に昇格しました。

IMG_0928.jpg

そうはいっても、日々記事の更新をするつもりは無いし、そんなに頻繁に記事にすることもありません。あるとすれば繁殖の記事くらいでしょうが、まだ小さいので滅多に記事をアップできないと思います。

餌は3種類をローテーションで使っています。

IMG_0927.jpg

左から「ザリガニのエサ」、「ウーパールーパー」、「プレコ」です。いずれもキョーリンのひかりシリーズです。

現在の体長は3センチ程度ですので、与えるのは1日1粒か2粒で十分です。
2017/06/22 18:22  TB(-) CM(0)
ミステリークレイフィッシュが脱皮した。

IMG_0913.jpg

脱皮後はしばらく土管に隠れたままである。
IMG_0922.jpg
2017/06/19 19:37  TB(-) CM(2)
学名はProcambarus fallaxと言うらしい。

日本では「ミステリークレイフィッシュ」という名前で売られていることが多い。

こんな感じで、パソコン台の下に収納。懐かしいお犬様が・・・
DSCF9994723.jpg

単為生殖すること以外は非常に地味なザリガニです。
DSCF4720.jpg

気まぐれですが、増えるかどうか確認してみることにします。
DSCF4713.jpg

12、3年前は、かなり高額だったような記憶がしますが、今は地方のホームセンターでも500円程度で購入できる時代となりました。
2017/06/13 18:28  TB(-) CM(0)
こちらも変わらずキープのみ。

DSCF4305.jpg
DSCF4306.jpg
2017/05/06 09:14  TB(-) CM(0)
前略、変わりありません。

DSCF4302.jpg
DSCF4303.jpg
DSCF4304.jpg
2017/05/06 09:13  TB(-) CM(0)
前回の記事の時よりは増えているようです。

DSCF4031-2.jpg

一時期の外国産ワラジムシとかダンゴムシのブームも終わったんでしょうかね。ヤフオク!でnosa_0410という人がたくさん出品されていたのですが、最近はその人以外も全く出品が無くなりました。

ぶりくらとかとんぶりとかブラックアウトなどの即売会に移行しつつあるんでしょうか? 私のように即売会に行けない人にとっては残念な傾向ですね。
2017/02/18 13:58  TB(-) CM(0)
百人一首