飼育観察・栽培などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらも変わらずキープのみ。

DSCF4305.jpg
DSCF4306.jpg
2017/05/06 09:14  TB(-) CM(0)
前略、変わりありません。

DSCF4302.jpg
DSCF4303.jpg
DSCF4304.jpg
2017/05/06 09:13  TB(-) CM(0)
前回の記事の時よりは増えているようです。

DSCF4031-2.jpg

一時期の外国産ワラジムシとかダンゴムシのブームも終わったんでしょうかね。ヤフオク!でnosa_0410という人がたくさん出品されていたのですが、最近はその人以外も全く出品が無くなりました。

ぶりくらとかとんぶりとかブラックアウトなどの即売会に移行しつつあるんでしょうか? 私のように即売会に行けない人にとっては残念な傾向ですね。
2017/02/18 13:58  TB(-) CM(0)
床材交換して40日ほど経過しました。

蓋を開けるとその振動や空気の動きを察知して隠れてしまうので、ほとんど写っていないですが、ぼちぼちいます。(石膏ボード片の分の量を見れば何となくわかる人にはわかる)
DSCF3857.jpg

若干乾いた場所の方がお好きなようです。しっとり湿っているのは苦手か?
DSCF3858.jpg
2017/01/22 14:34  TB(-) CM(0)
夏くらいから徐々に数を減らしているようで、何とかせねばと思いながらも、自分自身の調子も上がらずで、放置状態になっていました。

最近は一時期に比べてマシなので、思い切って全床材交換をしました。

DSCF3713.jpg
PC110018.jpg
PC110021.jpg

交換後は少し持ち直しているようです。少しノーマル個体を入れた方が良いのかもしれませんが、寒くなってしまい、野外採集しようと探しても見つかりません(涙)。

まあ、すでに里帰りした個体もそれなりにいるし、別の所へ分家した個体もいるので、私の役目は果たせたのかなと思います。それでもここで絶やすわけにはいかないので何とか踏ん張らなければ・・・。
2016/12/11 11:20  TB(-) CM(0)
もともと2ペアで始めたのですが、元の親から生まれたF1は極端に性比がメスに偏っていたため、オスは2匹しか採れませんでした。それらのオスはゴールデンじゃなかったので別水槽で同じF1メス3匹と暮らしています。

残りのF1メス4匹と元からのメス2匹でメス6匹、それに元親のゴールデンイエローキングコブラ2匹で45センチ水槽に入れてあるのですが、どんどん子供を産むのでうんざりしてきました。

DSCF3645.jpg

メスももう少ししっかり選別して、残すものとそうでないものにしないと大変なことになりそうです。

今はF2たちを別水槽に隔離していますが、もう少しして雄雌の区別が付く頃には天国と地獄行きに分けなければなりません。
2016/11/25 17:43  TB(-) CM(0)
職場に置いてあるスノウホワイトたちです。

くずの葉を乾燥させたものを入れておきました。個体数が少ないのでぼちぼち食べているようです。

sw1P6220001.jpg
sw2P6220002.jpg

ベビーもいるのでまずまずの環境なのでしょう。
sw3P6220003.jpg
sw4P6220004.jpg
2016/06/21 22:32  TB(-) CM(0)
今日は少し晴れ間も出たので、ワラジムシのエサ取りをしました。

IMG_0450.jpg

しばらく放置すれば、乾燥していいエサになります。

ワラジムシに動物質のエサはあまり与えなくて良いと思います。ごく少量で十分だと思いますね。野外ではそれほど動物質のエサにはありつけないはずです。ほとんど腐植物質、というか腐葉土とか落ち葉をやってればそれで十分。
2016/06/08 23:06  TB(-) CM(0)
百人一首