栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昨日、脱皮をしたようです。

PB080004.jpg

また少し大きくなったようで、スドーの土管 ミニミニでは狭くなってきたのか、あまり入らなくなりました。そろそろサイズアップした方が良さそうです。
IMG_1129.jpg
2017/11/09 23:39  TB(-) CM(0)
メスなのでハサミも小さいし、とにかく体色が地味で、いわゆる鑑賞価値は低く、唯一のセールスポイントである単為生殖も学術的にはおもしろいのでしょうが、ペット飼育としては???が並ぶマーブルクレイフィッシュです。

PB060002.jpg

涼しくなって成長期なのか、もう7センチオーバーとなりました。エサ食いも良好です。

一度は抱卵までしましたが、こちらのミスで食卵したようです。今度の抱卵では同じ轍を踏まないようにしたいものです。
2017/11/06 18:32  TB(-) CM(0)
脱皮しました。

IMG_1116.jpg

脱皮のサイクルは一定じゃないようです。

確実に一回り大きくなりました。

生長するにつれて脱皮のサイクルは長くなるはずです。まだ完全に成長しきっていないのでしょうか?

すでに産卵経験ありですが、全て食卵のようでした。次回は確実に何匹か後継候補を残したいです。
2017/10/19 20:55  TB(-) CM(0)
最近は食欲旺盛です。

PA110012.jpg

体長は6センチくらいになったようです。

週に2回ほど水替えをす程度です。その時エサも与えて終わり。

色柄も名前の通りマーブルなので「地味」のひとこと。多少青みはのっても所詮はマーブル。

ワラジムシは普段見えない場所でキープしているので、ほぼ唯一の生き物と言って良いでしょう。
2017/10/11 20:10  TB(-) CM(0)
久しぶりに脱皮を確認しました。

IMG_1108.jpg

1匹くらい小エビが生存していないかと探索しましたが、やはりダメでした。
2017/10/06 23:54  TB(-) CM(0)
ミステリークレイフィッシュことマーブルクレイフィッシュの抱卵が全て無くなった。

食卵か?!

生き物飼育では繁殖するとうれしいものですが、今の私は生き物飼育に気力がわきませんので、この結果は相応の結果か?
2017/09/30 09:30  TB(-) CM(0)
久々の生き物記事です。

ミステリークレイフィッシュことマーブルクレイフィッシュが抱卵していることを確認しました。

P9200001-2.jpg

共食いもかなりあるらしいので、どれくらい生き残るのだろうか予測も付きません。1匹ずつ小分けして飼育すれば確実に殖やせますが、別に商売するわけでも無く、何か生き物飼育をしたいとの考えだけなので、そのままの状態で飼育を続けることになるでしょう。

単為生殖なので、1匹か2匹生き残れば、それで十分かなと思います。
2017/09/20 18:44  TB(-) CM(2)
クマワラ・オレンジーナの床材を全て交換しました。

P7280001.jpg

個体数はまずまずですが、体長は15ミリには全然届かない小型ばかりになってしまいました。

P7280002.jpg


ホソワラ・スノウホワイトはぼちぼちでしょうか。こちらは腐葉土の継ぎ足しだけにしておきました。

P7280004.jpg

この白さは、いつ見てもすばらしいです。

P7280006.jpg
2017/07/26 18:53  TB(-) CM(0)
百人一首