栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

figment20171123.jpg

Figmentというゲームをとりあえずクリア。

デンマーク生まれの「すこし、不思議」なインディーズ作品で、潜在意識のなかで悪夢やトラウマと戦うアクションアドベンチャー。

難易度は高くないので物足りないという人もいるでしょうが、本作は独特の雰囲気の絵と音楽にあるのでしょう。

悪夢やトラウマと少々陰気な感じなので、プレイヤーを選ぶかも・・・。定価1980円もちょっと・・・。エンディングの曲はそれなりに良かったです。

steamで購入しても、ハードディスクの肥やしになっているものが多いのですが、全ての実績解除とはいかないものの、とりあえずエンディングまでたどり着けたので良とします。
2017/11/22 16:35 未分類 TB(-) CM(0)
Orbea dumeri

シノニム
Stapelia dummeri (basionym), Caralluma dummeri, Pachycymbium dummeri, Angolluma dummeri

PB150002.jpg
2017/11/10 21:20 未分類 TB(-) CM(2)
カクレキリシタンの記事を書いたついでと言っては何ですが、私は「うん十年前」にもらった新約聖書をいまだに捨てないでいる。

DSCF5184.jpg

表紙下に書かれているように、国際ギデオン協会(教会ではありませんよ、協会です)が贈呈してくれたものです。

私はキリスト教徒ではありませんし、キリスト教で言うところの神というものを信仰していませんし、存在していないとも思っています。

それでも今まで捨てずにいると言うことは神の思し召しか?

「カクレキリシタンの実像   日本人のキリスト教理解と受容」にも書かれていましたが、日本におけるキリスト教徒の占める割合はわずかに1パーセントしかいないのです。神道や仏教の割合が40数パーセントずつですが、これはとりあえず先祖代々とりあえずお寺の檀家や神社の氏子というだけで、真に信仰者であると言える人は、今の日本にはほとんどいないのでは無いでしょうかね。私もその一人です。
2017/11/01 23:12 未分類 TB(-) CM(0)
過日、遠藤周作の「沈黙」を読み終えた記事を書きました。

「沈黙」を読んだならば、「カクレキリシタン」についてもきちんと知っておくべきかと思い、「カクレキリシタンの実像   日本人のキリスト教理解と受容」を図書館で借りてきて読了しました。

DSCF5180.jpg

私は、映画「沈黙 サイレンス」の記事で、「なぜあれほどまで頑なにキリスト教を信仰したのでしょうか?」と書いていたのですが、この本を読んでその謎が解けました。

宣教師が布教活動していた頃は多少なりともキリスト教の教義なるものを学んだ人もいるのでしょうが、やはり言葉の壁が高く、「デウス」を「出臼」などと書いたり「大日」と意訳してみたりして、どうもうまくいかなかったようです。日本ではもともと多信仰の国であり、キリスト教で言うところの神様だけを信じて、これまで信仰してきた諸々の神様仏様を捨てるようなことなど無理だったのです。だから日本では一神教は根付かないということ、「現世御利益」優先で死後の世界や教義には関心が薄く、宣教師がいなくなれば当然のごとく土着信仰との混ざり合い、キリスト教とは全く別物になっていたのです。何故やめなかったかについては先祖代々続けてきたからということだけで今日までカクレを続けてきたなどなど事細かく書かれています。

「沈黙」の中でフェレイラが言った「この国は沼地だ。やがてお前にもわかるだろうな。この国は考えていたより、もっと怖ろしい沼地だった。どんな苗もその沼地に植えられれば、根が腐りはじめる。葉が黄ばみ枯れていく。我々はこの沼地に基督教という苗を植えてしまった」、「私にはだから、布教の意味はなくなっていった。たずさえてきた苗はこの日本とよぶ沼地でいつの間にか根も腐っていった。私はながい間、それに気づきもせず知りもしなかった」という台詞が頭をよぎりました。

長年実際にカクレの人々に取材をしてきただけあり、なるほどと感心しました。久々に民俗学的本を読んで良かったです。


閑話休題
今日はハロウィンというとで、日本では仮装した馬鹿者たちが街に繰り出しているようですが、カクレと同じく、本来のもの(意味)から大きく変容した、ただのバカ騒ぎになってしまうのが「沼地」日本なのでしょう。


2017/10/31 20:06 未分類 TB(-) CM(0)
第48回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票を済ませました。

期日前投票は「きじつぜんとうひょう」と読むらしい。

明日は台風が直撃するかもという心理が働いたのか、私の住んでいる投票所は古い支所で駐車場も狭く大混雑でした。

幸いすっと駐車できて、さっさと投票して帰りました。

私の清き一票は、小選挙区において死票となってしまうのかと思うと残念ですが、かと言って投票しないのは回り回って自分で自分の首を絞めているようなことになるんですが、そんなことを考える人は少ないのでしょうね。投票率が気になります。


2017/10/21 20:18 未分類 TB(-) CM(0)
普段、職場では BODUMのフレンチプレスコーヒーメーカーCHAMBORD350mlを使用しています。また、違う豆の時は同社のBRAZIL(赤)を使用しています。

私としてはこれで十分おいしいコーヒーが淹れられて満足ですが、何を思ったかサイフォンでコーヒーを淹れてみたくなり、あれこれ情報収集しました。職場でサイフォンって・・・・(笑)
TCA-2.jpg

ハリオのテクニカTCA-2がちょうど良さそうだと注文直前まで行ったのですが、フィルターの濾過布(ネル)は、「その都度よく水洗いしてから、水をはった容器に入れて冷蔵庫で保管」というのがネックでやめました。(ネルドリップのネルも同様に保管しなければならないらしい。)

そこで、récolte (レコルト)のコーヒーメーカー ソロカフェ レッド SLK-1Rを買ってみました。値段的にもTCA-2とさほど変わらない。

pd_f2_slk-1.jpg


確かにコンパクト。スタバのSサイズマグを置くと本体がかなり隠れてしまうほど。フィルターはペーパーではなく、今はやりと言うか、エコを売りにしたメタルメッシュフィルターです。だから、豆は中挽きくらいにしておかないと微粉が・・・と思いましたが、フレンチプレスに比べて少ないです。

IMG_1117.jpg

IMG_1118.jpg

淹れたコーヒーのお味は・・・ごく普通です。お湯の中に4分間浸っているフレンチプレスほどでは無いですが、メタルメッシュフィルターで油分などもある程度抽出されます。油分や微粉が気になる人はペーパーを使うことの可能ですが・・・。

私が現在主に飲んでいるのはサンエバーコーヒーのマスターズブレンド。味は良いのですが、香りは弱いのが少し残念なところ。

récolte (レコルト)のブランドコンセプトは以下のとおり。

フランス語で「収集」「収穫」を意味する「récolteレコルト」はコンパクトでカラフル、そしてシンプルでスタイリッシュな調理家電シリーズです。1人から2人での使用に適したパーソナルサイズのコレクションはカップルや少人数のご家庭に「ちょうどいい」サイズ感。
快適な使い心地とインテリア性の高いデザインは、今までにないライフスタイルを提案し、ギフト用としてもおすすめです。一度使うと手放せなくなるレコルト。あなたのコレクション心を刺激しつつ、毎日に「実り」をもたらします。
2017/10/20 21:51 未分類 TB(-) CM(2)
遠藤周作の「沈黙」をようやく読み終わりました。

chinmoku.jpg

いつものOCR読書です。

今年1月に公開となった映画についての記事(http://hidecco.blog.fc2.com/blog-entry-1574.html)で、原作との違いについて、「最後の出棺のシーンは、原作に無い」と書きましたが、フェレイラが火葬されたことは「切支丹屋敷役人日記」の一番最後304ページに書かれています。映画での納棺時にそっと妻が・・・というのは、スコセッシ監督の演出なんでしょうね。

余談ですが、スコセッシ監督と言えば、マイケルジャクソンの「BAD」のショートムービーのディレクターとしても知られてますね。
BAD03.jpg

DSCF5177-2.jpg

2017/10/08 17:03 未分類 TB(-) CM(0)
『Cuphead』はシングル/協力プレイ型で、ボスバトルを中心とするシューティングアクション。1930年代のカートゥーンにインスピレーションを得た本作のビジュアルと音楽は、当時のアニメーション制作過程をを緻密に再現。セル画ですべて手描き、背景は水彩画、音楽も録り下ろしのジャズ楽曲を使用しています。

デビルとの賭けに負けたCupheadとMugman。自分たちの命を賭けて奇妙な世界を冒険しながら、新たな武器や強力な必殺技を手に入れて様々なボスとの戦いを繰り広げよう!

CUPHEAD.jpg

個人的に好きなタイプのゲームです。Steamで販売中。もちろんGOGでも買えますよ。
2017/10/07 19:26 未分類 TB(-) CM(0)
百人一首