飼育観察・栽培などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

花が開花せずに駄目になりましたが、枯れた花びらを取り除くと・・・

DSCF4143.jpg
DSCF4142.jpg
2017/03/26 20:35 その他植物 TB(-) CM(0)
昨年、改めて栽培を始めたイシモチソウですが、休眠期間が長いのが玉に瑕ですね。

7月頃になると、そろそろ地上部分は黒く枯れてしまい、あとはひたすら土を乾かさず、かといって過湿にもせずの微妙な加減をキープするのみです。

マニアな人には楽しいのかもしれませんが、私のように気が短くて飽きっぽい人にはあまり向かない植物かもしれません。

それでもひたすら世話をし続けました。

本日、モウセンゴケなどコンテナで腰水栽培している鉢の整理と合わせて、イシモチソウの鉢の場所を微妙に移動させました。

DSCF4130.jpg

その時じっくり観察すると球根が少し地上に顔を出しているのがあり、ちょこんと芽を出しているのが観察できました。

DSCF4129.jpg

もう少しアップで・・・。
DSCF4129-3.jpg
2017/03/25 17:21 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
春分の日も過ぎて太陽高度がどんどん高くなる季節となってきました。

モウセンゴケなどの食虫植物はコンテナで腰水栽培しているので、年に一度ごっそり洗ってきれいにします。


DSCF3312.jpg
DSCF3313.jpg


何鉢か整理して若干出来たスペースにうまく詰め込み直します。といっても下の通りです。上の画像と見比べてもほとんど代わり映えしませんが、これ以上増やすなと言われているので頑張りました。

DSCF3316.jpg
2017/03/25 17:09 食虫植物 TB(-) CM(0)
3月19日の記事で、FUJIFILM X100Fの10cmオートマクロはイマイチかなと書きましたが、絞りをF8くらいまで絞って撮影すればそこそこ使えるようです。

10cmオートマクロを使うときは絞り優先モードでぐっと絞って撮影が基本のようですね。

職場のデスクに置いてある万象と臥牛を撮影してみました。室内なのでPモードだと絞り解放になりやすいのでAモードを使用すればこのとおり。

DSCF3297.jpg
DSCF3299.jpg
2017/03/24 23:55 未分類 TB(-) CM(0)
最終的に落ち着いた場所は下から2段目のここのようです。

DSCF3296.jpg
2017/03/24 21:53 アリ TB(-) CM(0)
昨日、石膏飼育ケースから蟻マシーン2号ミニに移動させるべくチューブをつないだのですが、働きアリは順調に移動してくれるのですが、女王アリはチューブの前でなにやらまごついていて、石膏飼育ケースから蟻マシーン2号ミニへ移動してくれません。

かなり巨大なので、ひょっとすると8ミリチューブ(内径6ミリ)を通過することが出来ないのではないかと心配になってきました。それでも一晩すればひょっとして蟻マシーン2号ミニに移動しているのではないかと期待していたのですが、期待に反してまだ石膏飼育ケースにいました。

落ち着かせるために布をかぶせて少し暗くしていたのですが、それが逆効果だったようで、石膏飼育ケースの方だけ明るくすると、あっという間に蟻マシーン2号ミニに移動してました。これでほっとしました。

IMG_0801.jpg


あとは、石膏飼育ケースを付属のエサ場に付け替えるだけです。

IMG_0800.jpg

ただ、ここで問題が発生しました。石膏飼育ケースには20匹ほどの働きアリが残っていました。そのアリたちをエサ場に移動させる必要があるのですが、動きが速くて、人間にも結構かみついてきます。エサ場の縁にシッカロールを塗ってから移動させれば良かったのですが、後の祭りでした。10匹ほど蓋の開け閉めでつぶしてしまいました。

[広告 ] VPS

2時間後くらいには、すっかり落ち着いて、エサやりでエサ場の蓋を開けても逃げ出すアリはいなくなりました。もう少しじっくり時間を掛ければ良かったと反省しています。
2017/03/23 21:25 アリ TB(-) CM(0)
クロナガアリは飼育が楽というか、種が主食なので小鳥のエサを与えておけばほぼ放置状態でOK。時々石膏巣に水を補給するだけです。

もちろん、観察は毎日見ていますが、特にこれと言ったことをする必要がありません。

しかし、エサ場には長らく放置している小鳥のエサですが、さすがに古くなったので全部してて新しい小鳥のエサを入れることにしました。そのついでにエサ場を水洗いしました。

DSCF4123.jpg
DSCF4124.jpg
DSCF4126.jpg
DSCF4127.jpg

クロナガアリは他のアリに比べると動きはゆっくりなので脱走などの心配はほとんどありません。とても飼いやすいアリです。
2017/03/23 18:49 アリ TB(-) CM(0)
かなり前からtさんの「キモ部通信」は、パスワード認証で閉じたままですが、

「管理人からのメッセージ」がいつもは「しばらくおまちください」なのに、

ついこのあいだは「いひひひひ」だった。

でもすぐに「しばらくおまちください」にもどった。

わたしは閲覧パスワードを知らない。
2017/03/23 00:57 未分類 TB(-) CM(2)
Ant Room Web Shopで「クロヨコヅナアリ女王+働きアリ30~50匹」&「蟻マシーン2号ミニ+アリのご購入で」を購入しました。

昨年の5月29日の記事で「買いそうになった」と書きましたが、結局なんだかんだと言いながらヨコヅナアリを導入してしまいました。(理由は爬虫類とかは飼育設備が大きくなりがちだったり、生き餌が必要など諸条件がクリアできないということでしょうか)

「クロヨコヅナアリ女王+働きアリ30~50匹」でしたが、実際には働きアリ100匹近くと幼虫多数が届きました。
P3220005.jpg

P3220002.jpg

このアリの最大の特徴は、女王アリと働きアリの大きさの違いです。女王アリは20ミリほどもある巨大なアリですが、働き蟻は3ミリほどと小さいのです。
P3220019.jpg

コロニーが大きくなると大きな働きアリも出現するようですが、現在は小さいのばかりです。
P3220007.jpg
P3220010.jpg

最後に動画2つもアップ

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



自分はいつから「アリ飼い」になってしまったんだろうと考える今日この頃である。

アリ飼育は楽しいのか? アリ飼育はおもしろいのか? どうなんだろう? 何となく興味はある・・・かな。
2017/03/22 22:27 アリ TB(-) CM(0)
昨年の秋に某所でアケビの盆栽を見て、是非自分も育ててみたいと思い、種を分けていただきました。

盆栽になっていた実を一ついただき、種を取り出してよく洗い、それを蒔いたのでした。

乾燥しないように常に湿らせるとともに過湿にならないように気をつけてきました。

ようやく発芽が始まりました。

アケビを食べたことのある人ならご存じだと思いますが、一つの実にはかなりの種が入っています。それを全部蒔いたのでそのうち植木鉢一面に発芽することでしょう。

DSCF4120-2.jpg


双葉になっているものも・・・

DSCF4119-2.jpg

ここから盆栽に仕上げるのには何年かかることやら。そのうち飽きてしまうかもしれません。

2017/03/21 21:24 その他植物 TB(-) CM(0)
百人一首