栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

少しは立ち姿になってきているようです。

DSCF4999.jpg

DSCF4999a.jpg

DSCF4999b.jpg

秋まではこのまま育てるつもりですが、冬季はどうしたモノでしょうか?

このまま腰水栽培で良いのか? 乾燥気味にした方が良いのか?
2017/08/20 18:02 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
ネジバナは花もすっかり終わってしまい、同時に幅の細い夏葉もほとんど枯れてしまいました。

DSCF4995.jpg

それと入れ替わるように幅の広い少し丸みのある冬葉が出そろい始めました。

DSCF4996.jpg

サギソウの葉っぱもネジバナの夏葉に似てシュッとした細長い葉ですが、サギソウには冬葉はありません。秋になれば地中の球根を残して、地上部は全て枯れてしまいます。
それに比べてネジバナは夏は花を、それ以外の季節は緑の葉を楽しめるので、年中目を楽しませてくれる植物です。
DSCF4997.jpg
2017/08/19 17:50 その他植物 TB(-) CM(0)
東京へ出かけているときに、FUJIFILMのX Series X100Fシルバーを同行させていました。

img_main01.jpg

植物などの普段取りには被写体まで1センチに寄れるスーパーマクロがあるX30を常用しているため、X100Fは購入(販売)から6ヶ月ほど経過しましたが、風景やスナップ撮りがメインで出番は少ないです。さらに今年はあいにくの天気で写真を撮るチャンスは少なかったです。

DSCF5005.jpg

京都駅でも数枚撮影したのですが、何となく違和感が??? 合焦音がしないのです。ピントが合えばピピッ!と鳴るあの音がしません。それにAFも何だが不安定で迷っているようにな動作をします。8月8日にファームウェアもバージョン1.02にあげたところなのに?

DSCF3677.jpg

DSCF3679.jpg

最近は、ちょっとしたことで気分が落ち込むことも多いのですが、旅行初日にこんな事態ですし、天気も雨続きでどうにもなりません。そうはいってもせっかくの気分転換の旅行です。カメラについてはとりあえず合焦音はしないモノの何となく撮れてはいるのでこの状態で使い続けることにしました。

DSCF3678.jpg

DSCF3691.jpg

DSCF3693.jpg

DSCF3696.jpg

帰ったら富士フイルムサービスステーションへ修理依頼を掛けないといけないなと考えると何となく気分も沈みがち(たぶん天気のせいだったのでしょうが・・・)でした。

さて、旅行も終わって家に帰って修理依頼書を書こうといろいろチェックしていると、何のことは無いちょっとした原因であることが判りました。フォーカスモード切換スイッチがC(コンティニュアスAF)になっていたのです。ダイヤル類がバッグの中で動いてしまっていたというのは良く聞く話ですが、このスライドスイッチが動いていたとは想像もしませんでした。

DSCF5006.jpg

極々初歩的な勘違いというか、どんくさい話でした。
2017/08/18 17:00 未分類 TB(-) CM(0)
今年も山の上ホテルの「てんぷらと和食 山の上」へ天ぷらを食べに行ってきました。

DSCF3097-1.jpg

天ぷら定食(No.2) (活巻海老(2)、魚(4)、野菜(7)、かき揚げ(天丼又は天茶又は天バラ)、赤出し又は澄し椀、御飯、香の物、果物又は抹茶アイスクリーム)に数種類のお好み天ぷらを追加で食べました。

値段は高いけれど、おいしいです。
2017/08/17 20:30 未分類 TB(-) CM(0)
GINZA SIXへ出かけてみましたが、単なる大型商業施設にすぎませんでした。

DSCF3702.jpg
2017/08/17 20:24 未分類 TB(-) CM(0)
あいにくの天気の中、ジャコメッティ展へ出かけてきました。

DSCF3681.jpg

DSCF3684.jpg

DSCF3689.jpg
2017/08/16 20:21 未分類 TB(-) CM(0)
トウカイコモウセンゴケの寄せ植え。いつもなら年中赤色なのですが、今年は緑一色でした。 

DSCF4982.jpg

ようやく繊毛部分に赤色が出て来ました。
2017/08/13 09:47 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
アフリカナガバモウセンゴケの葉挿し経過について。
幅広タイプ(写真下側2株)は順調。ナロータイプは1つ枯れてしまいました。
DSCF4976.jpg

イシモチソウ。
順調ですが、立ち上がるまでにはなっていません。(左はモウセンゴケの雑種)
DSCF4975.jpg
2017/08/12 08:24 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
夏至はとっくに過ぎて、立秋も過ぎましたが、気温はまだまだ高い状態が続く今日この頃です。

最近では、猛暑日が当たり前のようになり、モウセンゴケ(D. rotundifolia L.)にとっては厳しい環境に違いありません。

我が家では、直射日光がガンガンあたる場所と、日陰でどれほど生長に差が出るか様子を見ていますが、極端に大きな差は出ていないというのが正直なところです。

 ↓ 直射日光ガンガン (一部にD. tokaiensisが侵入)
DSCF4962.jpg

 ↓ 明るい日陰 (写真の上1/3はD. tokaiensis
DSCF4963.jpg

もともと大きく補虫葉を展開していたD. rotundifoliaでしたが、環境に合わせてD. tokaiensisとほぼ同じ大きさに小さくなってしまいました。
2017/08/09 18:13 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
暦の上では、もう秋なのですね。

現実にはまだまだ暑い日が続き、以前なら「夕立」と呼んでいたものが局所的な豪雨となり、各地に甚大な被害をもたらし困ったものです。

さて、ヨツマタモウセンゴケが花を咲かせました。

DSCF4972.jpg
DSCF4971.jpg
DSCF4970.jpg

2017/08/07 07:57 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
百人一首