栽培・飼育観察などの記録型ブログ
プロフィール

しろたん.

Author:しろたん.
気力の衰えにより、最近は植物中心で、生き物飼育はほとんど無くなりました。
ご用のある方は、メールフォームをご利用ください。
ホソワラジムシ・スノウホワイトは販売・譲渡等一切しておりません。

節季・候と天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ピク゜ミードロセラのムカゴの付き具合を見てみました。

ニチヅラはこの時期からご覧のとおり、たくさんのムカゴが付いています。外側のムカゴは直ぐに蒔いても大丈夫なくらいに育っています。
PB190011-2.jpg


マンニはご覧のとおり。まだ少し時間がかかりそうです。本体は調子も崩さず状態も良いのでこのまま寒くなるのを待つばかりです。
PB190010-2.jpg


プルチェラ(プルケラ)はマンニよりもさらに時間がかかりそうですね。プルチェラは葉柄が幅広なので、見た目が良いです。
PB190009-2.jpg


いずれも初心者向きで育てやすいですが、我が家の栽培環境ではニチヅラが一番合っているようです。種類によって微妙に日照や風通しなどの要求量が違うのでしょうね。

ピグミードロセラは植物自体が小さいので1株だけでは非常に寂しいものがあります。鉢一面になるとかなり見応えが出ます。
2017/11/19 13:49 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
冬至梅

その名のとおり、冬至の頃に咲く梅

ようやく花芽が付いてきました。

PB190015.jpg


余談ですが、我が家には御殿場桜もあるのですが、どうもうまく栽培できません。極力日当たり良くするため、一番良い場所に置くようにしていますが、秋口になって一斉に落葉してまた葉を出すのです。その影響か、花が咲きにくいです。
2017/11/18 13:49 その他植物 TB(-) CM(0)
カリンの盆栽。

DSCF5232.jpg

数枚まだ葉っぱが付いていますが、丸裸になるのも時間の問題です。

今のところ、実がなったことはありません。
2017/11/17 21:54 その他植物 TB(-) CM(0)
Orbea dumeri

シノニム
Stapelia dummeri (basionym), Caralluma dummeri, Pachycymbium dummeri, Angolluma dummeri

PB150002.jpg
2017/11/10 21:20 未分類 TB(-) CM(2)
昨日、脱皮をしたようです。

PB080004.jpg

また少し大きくなったようで、スドーの土管 ミニミニでは狭くなってきたのか、あまり入らなくなりました。そろそろサイズアップした方が良さそうです。
IMG_1129.jpg
2017/11/09 23:39  TB(-) CM(0)
残った茎から、新たに芽が吹いてきました。

PB060007.jpg
PB060008.jpg
2017/11/08 21:37 その他植物 TB(-) CM(0)
香る蘭 Den.レッドスプラッシュに花芽がつき始めたようです。

PB060009.jpg
PB060010.jpg
2017/11/07 19:36 その他植物 TB(-) CM(0)
メスなのでハサミも小さいし、とにかく体色が地味で、いわゆる鑑賞価値は低く、唯一のセールスポイントである単為生殖も学術的にはおもしろいのでしょうが、ペット飼育としては???が並ぶマーブルクレイフィッシュです。

PB060002.jpg

涼しくなって成長期なのか、もう7センチオーバーとなりました。エサ食いも良好です。

一度は抱卵までしましたが、こちらのミスで食卵したようです。今度の抱卵では同じ轍を踏まないようにしたいものです。
2017/11/06 18:32  TB(-) CM(0)
我が家の紅葉。

DSCF3740.jpg

綺麗に赤くなっている葉っぱもあれば、イマイチの葉っぱもあり、これはこれで味があるかなと自分に言い聞かせる。

こんもりとした感じになるのには、まだまだ年数がかかりそうです。
2017/11/05 20:40 その他植物 TB(-) CM(0)
葉挿しから何とかここまで育ちました。

見てのとおり、赤と白(緑か)の2種。
DSCF5214.jpg

ヨツマタモウセンゴケの粘液は触るとヌルヌルで困ったものですが、こちらもたっぷり粘液をつけています。
DSCF5230.jpg

そろそろ防寒対策をしてやらないといけないかも・・・。温室や室内に取り込むつもりはないので、ペットボトルを切ったものをかぶせる程度で何とかなると思います。ヨツマタは全く何も防寒対策しなくても、翌年にはぐんぐん生長してくれるので同様の扱いで大丈夫と高をくくっています。
2017/11/04 12:33 モウセンゴケ TB(-) CM(0)
百人一首